チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Bot Building
  5. Knowledge Graph
  6. ナレッジグラフの分析

ナレッジグラフの分析

ナレッジグラフによる慎重な分析は、ユーザー体験を妨げる可能性のある、お客様の質問のエラーおよびそれに関連するパスを検出するのに役立ちます。

ナレッジグラフ診断ツールは、ナレッジグラフの非効率性を識別し、可能な是正措置を提案するのに役立ちます。これらは単なるガイドラインであり、変更を行う前には推奨事項を分析する必要があることにご注意ください。

注:この機能はプラットフォームのバージョン7.1で導入されました。

ナレッジグラフには、グラフの調査を開始するためのオプションが用意されています。

  • このオプションは、グラフに1つ以上のFAQが追加されている、開発中のナレッジグラフでのみ使用できます。
  • 分析では、ナレッジグラフのしきい値やその他の設定を考慮します。
  • ノードに25以上の質問が含まれる場合、分析は警告を発し、ノードに100以上の質問が含まれる場合は、トレーニングが失敗する可能性があるという警告を発します。この機能は応答時間を改善するためにバージョン7.3で追加されました。
  • ナレッジグラフ画面の調査ボタンをクリックすることで、分析結果を呼び出すことができます。
  • プラットフォームは、ナレッジグラフを分析したり分析結果のレポートを提供したりします。
  • 分析を再実行する、またはレポートをエクスポートするオプションがあります。エクスポートオプションは、JSON形式でレポートをダウンロードします。
  • 調査レポートには、さまざまなカテゴリで検出された問題の数の概要が表示されます(詳細は以下を参照)。
  • 以下のような様々なカテゴリに分類されています。
    • エラー – 不正確なグラフの定義であり、直ちに修正が必要です。
    • 警告 – 修正された場合は、インテント検出の向上に役立ちます。最大50個の警告が表示されます。
    • 提案 – 実装されている場合は、KGの統合に役立ちます。最大10の提案が表示されます。
  • 各カテゴリをクリックすると詳細なレポートが表示されます。
  • 50以上の警告や10以上の提案が発生する可能性がありますが、問題の最初の50個/10個の警告および提案のみがリストアップされます。次のまとまりを表示するには、修正および分析を再度実行する必要があります。

レポートフィールド

レポートに表示されるフィールドは以下のとおりです。

問題のタイプ カテゴリ 詳細 提案
不正確なパスに追加された質問 エラー
  • 質問
  • パス
問題の用語を含むようにパスを修正します。
チェーンの最後の用語にのみ存在する質問を含む用語の長鎖 提案
  • 質問
  • パス
重要でない用語を避けたり、関連する用語を統合したりしてパスを減らします。
共通祖語をもつ同一用語 提案
  • 共通の親
  • 子パス(繰り返される最大の子ツリーのみ)
重複を避けるために子項を親項の上に移動させます
質問を含まないパス 提案
  • パス
このパスに質問を追加しない場合は、パスを削除します
余剰の代替質問 提案
  • 質問
  • 代替質問(複数)
  • パス
代替質問を言い換えて、より広い範囲を含むようにします
元の用語に追加された多数の質問 提案
  • 質問
  • パス
質問を適切なパスに移動させる
異常に長いパス 警告
  • パス
不要な用語を避けたり、関連する用語を統合したりしてパスを減らします。
より良いパスに移動させることができるルートノードでの質問 警告
  • 質問
  • 現在のパス
  • 推奨されるパス
推奨されたパスに質問を移動する
用語として使用されていない一般的な単語を使った質問 警告
  • 質問(複数)
  • パス
  • 推奨される拡張機能
推奨される拡張機能を使用して現在のパスを拡張します
複数のパスと一致する質問 警告
  • 質問
  • 現在のパス
  • その他のパス(複数)
可能性のあるあいまいなシナリオを避けるためにパスを見直します
同一の兄弟ノード 警告
  • パス
  • 同一の用語
同一の用語を統合します

このページの内容

メニュー