チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Bot Administration
  5. User Management
  6. ロール管理

ロール管理

ロールおよび許可は、作業範囲に基づき開発者コミュニティを整理する上で役立ちます。

  • デフォルトで、マスター管理者ボット オーナーボット 開発者および ボット テスターのロールは、システムが作成します。
  • 各ロールには許容された許可セットがあります。
  • ボット 開発者と ボット テスターの許可設定は編集できますが、マスター管理者と ボット オーナーのロールは編集できません。
  • ユーザーが ボット を作成すると割り当てられる ボット オーナーを除き、ユーザーはこれらのロールに割り当てできます。

これらは別として、 プライマリ マスター管理者のロールが作成され、アカウントの作成者に割り当てられます。これらのロールは、以下に分類できます。

管理者ロール

管理者ロールは、ユーザー コミュニティの管理用にあらかじめ定義された許可のセットです。このセクションでは、管理者ロール、それに関連付けられた許可、これらの管理者ロールの作成方法およびユーザーに割り当てる方法を説明します。

ビルトイン管理者ロール

デフォルトで、マスター管理者ロールが作成され、このロールは管理者アクセスのためにユーザーに割り当てできます。マスター管理者ロールに付与されたさまざまな許可を、以下にリストします。

許可 マスター管理者
招待 あり
ユーザー/Sync のインポート あり
ディレクトリ Sync 編集
ユーザーの管理 編集
ユーザー設定の管理 編集
グループの管理 編集
カスタム管理者ロールの管理 あり
ビルトイン管理者ロールの管理 あり
ボット ロールの管理 あり
デプロイの管理 あり
エンタープライズ Bot あり
コンシューマー Bot あり
スマート Bot あり
設定 あり
シングル サインオン あり
Kore.ai コネクタ あり
エンタープライズ キー あり
API スコープ あり
監査報告書の表示および実行 あり
ボット チャット履歴の表示および実行 あり

注意: アカウントの作成者にはプライマリ マスター管理者のロールが割り当てられます。このロールは削除できず、他のユーザーに割り当てできません。プライマリ マスター管理者の[プロフィール] タブからのみ表示できます。

カスタム管理者ロール

マスター管理者はカスタム管理者ロールを作成でき、ユーザーに割り当てできます。以下の許可は管理者ロールに付与できます。

許可 アクセス レベル 説明
招待 あり、なし メールでユーザーを招待する、すでにインポートされたユーザーを招待する
ユーザー/Sync のインポート あり、なし ファイルでユーザーを一括インポート
ディレクトリ Sync あり、なし ディレクトリ Sync でユーザーを登録
ユーザーの管理 あり、なし ユーザー プロフィール、ユーザー ステータス、ロール割り当てを管理
グループの管理 あり、なし ローカル グループを作成、ユーザー メンバーシップを管理、配布リストを表示(DL)
カスタム管理者ロールの管理 あり、なし カスタム管理者ロールのセットアップおよび管理。ユーザーの割り当て/取り消し
ビルトイン管理者ロールの管理 あり、なし ビルトイン管理者ロールからユーザーを割り当て/ユーザーを取り消し
ボット ロールの管理 あり、なし ボット ロールのセットアップおよび管理; ユーザーの割り当て/取り消し
デプロイの管理 あり、なし Bot(タスク)デプロイ リクエストの承認および公開
エンタープライズ Bot あり、なし 管理対象ユーザーへの承認済みエンタープライス ボット タスクの割り当て
コンシューマー Bot あり、なし コンシューマー Bot、タスク、チャネルの管理
スマート Bot あり、なし スマート Bot、タスク、チャネルの管理
設定 あり、なし 自動デプロイおよび割り当ての管理
シングル サインオン あり、なし シングル サインオンの設定および管理
Kore.ai コネクタ あり、なし Kore.ai コネクタの開始、有効化および無効化
エンタープライズ キー あり、なし エンタープライズ データの暗号化に使用するキーの表示
API スコープ あり、なし アカウントのすべてのユーザー、ロール、ボット を管理する API スコープのセットアップ
監査報告書の表示および実行 あり、なし 監査報告書へのアクセス、報告書、フィルター基準などを実行する能力
ボット チャット履歴の表示および実行 あり、なし アカウントのすべての ボット からのチャット履歴の表示

管理者ロールの作成

  1. ボット 管理者コンソールを開きます。
  2. [管理者] メニューで、[ユーザー管理 > ロール管理]を選択します。
  3. [ロール管理] ウィンドウの右上隅の、[新規ロール]をクリックします。
  4. [ロール名]および[ロールの説明]を入力します。
  5. [ロール タイプの選択]で、 管理者ロールおよびロールに必要な許可を選択します。
  6. デフォルトの許可設定を保持したり、要件に従ってその設定を変更したりできます。
  7. [保存]をクリックします。

作成すると、ロールを個別ユーザーまたはユーザー グループに割り当てできます。ボット 管理者コンソールからロールを編集できます。

管理者ロールの割り当て

  1. ボット 管理者コンソールを開きます。
  2. [管理者] メニューで、[ユーザー管理 > ユーザー]を選択します。
  3. ボット ロールを追加するユーザーのレコードをクリックします。ユーザーのプロフィール スライドが開きます。
  4. [プロフィール] タブで、 管理者ロールを編集します。
    1. 利用可能なロールが表示されたドロップダウンから適切な管理者ロールを選択します。
    2. 選択したユーザーに複数の管理者ロールを割り当てできます。

ユーザー グループへの管理者ロールの割り当て

  1. ボット 管理者コンソールを開きます。
  2. [管理者] メニューで、[ユーザー管理 > ロール管理]を選択します。
  3. リストからロール レコードにカーソルを合わせ、[編集] アイコンをクリックします。[ロールの管理] ウィンドウのスライドが開きます。
  4. [割り当て > ロールを割り当て]をクリックします。
  5. [グループの選択] ドロップダウン リストを開き、ボット ロールを順次割り当てるすべてのグループを選択します。
  6. ユーザーは、[ユーザーの選択]タイプアヘッド インプット ボックスからのこのダイアログから割り当てることもできます。
  7. [保存]をクリックします。

なお、デフォルトのマスター管理者ロールは、プライマリ マスター管理者が(グループではなく)ユーザーに割り当てられます。

ボット ロール

このセクションでは、さまざまな ボット ロール、その許可、カスタム ボット ロールの作成およびユーザーへの割り当ての手順を説明します。ボット ロールは、ボット のさまざまなコンポーネントにアクセスするための許可の定義に使用できます。 これらの許可には、タスクの作成、ボット のトレーニング、チャネルの有効化、SDK で機能拡張の有効化、ボット の公開、および使用分析の表示に使用される機能が含まれます。ボット オーナーボット 開発者ボット テスターは、すべてのアカウントで使用できる 3 つの内蔵された ボット ロールです。ボット 作成者は自動的にボット オーナーロールに割り当てられます。特定の要件を満たす追加カスタム ボット ロールを作成できます。ボット ロールは、ボット ビルダーまたは ボット 管理者コンソールのいずれかから ボット 開発者に割り当てできます。以下は、ボット ロールに割り当てできる許可のリストです。

許可 アクセス レベル 説明
タスク フル、表示、なし ダイアログ、アクション、アラートおよび情報タスクを追加、変更、更新および削除する機能。
自然言語 フル、表示、なし 発話、同義語、 パターン、標準の応答を追加、変更、削除できる能力。デフォルトのダイアログ、 除外ワード、フィールド メモリ、詳細設定を管理する機能。

注意: ダイアログ タスクおよび ボット 分析ページ内から変更できる自然言語設定も、これらの許可に従います。
ナレッジ グラフ フル、表示、なし 知識収集を追加および変更する機能
バッチ テスト フル、表示、なし テスト スイートを追加および管理する機能「ビュー」モードでは、ユーザーは結果をレビューできるだけで、テスト スイートは実行できません
ボット 開発者 フル、表示、なし ユーザーを ボット へ招待し、ロールを割り当てる機能
ボット 設定 フル、表示、なし 一般設定、言語管理、認証プロファイル、PII 設定、IVR 設定、ボット 変数、ボット のエクスポート、詳細設定、変更ログ、ボット の削除を管理する機能
ボット のインポート あり、なし 新しい ボット 定義ファイルをインポートして ボット をアップグレードする機能
拡張機能 あり、なし アプリを BotKit、WebSDK、エージェントへの転送およびイベントに関連付ける機能

注意: アプリの作成および管理はすべての ボット 開発者に許可されています。ただし、拡張機能に対するアプリの関連性はこの許可で管理されます。
API スコープ あり、なし API スコープを管理する機能
ボット 公開 あり、なし ボット を公開する機能
チャネル あり、なし チャネル設定を有効化および管理する機能
ダッシュボード あり、なし ダッシュボード データの表示
ボット 分析 あり、なし ボット 分析の表示

ビルトイン ボット ロール 

以下の ボット ロールは、デフォルトで作成されます。これらのロールは、標準 Bot、サンプルおよびスマート ボット に適用されます。ユニバーサル ボット の場合、タスク アクセス コントロールがリンク済み ボット に適用されます。

許可 ボット オーナー ボット 開発者 ボット テスター
タスク 編集 編集 表示
自然言語 編集 編集 表示
ナレッジ グラフ 編集 編集 表示
バッチ テスト 編集 編集 表示
ボット 開発者 編集 表示 表示
ボット 設定 編集 編集 アクセスなし
ボット のインポート あり あり なし
拡張機能 あり あり なし
API スコープ あり あり なし
ボット 公開 あり あり なし
チャネル あり あり なし
ダッシュボード あり あり あり
ボット 分析 あり あり あり

カスタム ボット ロール

管理者はカスタム ボット ロールを作成し、これらのロールに ボット 許可を設定できます。

カスタム ボット ロールの作成

  1. ボット 管理者コンソールを開きます。
  2. [管理者] メニューで、[ユーザー管理 > ロール管理]を選択します。
  3. [ロール管理] ウィンドウの右上隅の、[新規ロール]をクリックします。
  4. ロール名ロールの説明を入力します。
  5. [ロール タイプの選択]で、[ボット ロール]を選択し、ロールに必要な許可を選択します。
  6. デフォルトの[許可]設定を保持したり、要件に従ってその設定を変更したりできます。
  7. [保存]をクリックします。

カスタムロールを作成したら、そのロール、その名前と説明の変更、許可の追加、または特定のユーザーへのこのロールの割り当てについての詳細情報にアクセスできます。

ボット ロールの割り当て

ロールは個人ユーザーまたはユーザー グループに割り当てできます。ボット 管理者コンソールからロールを追加および編集できます。また、ボット ロールは、ボット プラットフォームから ボット を共有中にユーザーに割り当てできます。

ボット 管理者コンソールからユーザーへの ボット ロールの割り当て
  1. ボット 管理者コンソールを開きます。
  2. [管理者] メニューで、[ユーザー管理 > ユーザー]を選択します。
  3. ボット ロールを追加するユーザーのレコードをクリックします。ユーザーのプロフィール スライドが開きます。
  4. [ボット の管理]をクリックし、以下を実行します。
    1. 最初のドロップダウン リストから、[ ボット ]を選択します。
    2. 2 番目のドロップダウン リストから、選択した ボット に対してユーザーを割り当てる [ボット ロール]を選択します。
  5. [追加]をクリックします。ボット 名と ボット ロールが行としてドロップダウンの下に表示されます。ボット 割り当ては後でいつでも、レコードにカーソルを合わせ、[編集] アイコンをクリックして編集できます。
ユーザー グループへの ボット ロールの割り当て
  1. ボット 管理者コンソールを開きます。
  2. [管理者] メニューで、[ユーザー管理 > ロール管理]を選択します。
  3. リストからロール レコードにカーソルを合わせ、[編集] アイコンをクリックします。[ロールの管理] ウィンドウのスライドが開きます。
  4. [割り当て > ロールを割り当て]をクリックします。
  5. [グループの選択] ドロップダウン リストを開き、ボット ロールを順次割り当てるすべてのグループを選択します。
  6. [ユーザーの選択] タイプアヘッド ボックスからユーザーを追加することもできます。
  7. [保存]をクリックします。
ボット ビルダーからの ボット ロールの割り当て
  1. [ボット ビルダー] メニューで、[設定 > 開発者を招待]を選択します。
  2. 開発者の招待ページの右上隅の、[招待]をクリックします。
  3. 以下のいずれかを実行します。
    • ロールをユーザーに割り当てるには、[ユーザーの選択] ボックスにユーザー名を入力し、ユーザーの名前を選択します。または
    • グループにロールを割り当てるには、[グループの選択]ドロップダウン リストからグループの名前を選択してから、[ロール]ドロップダウン リストからロールを選択します。
  4. [保存]をクリックします。
メニュー