チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Bot Building
  5. Dialog Task
  6. ダイアログノードでの作業

ダイアログノードでの作業

ダイアログノードは、ユーザーインテントが変わった場合に、既存のダイアログタスクの中から新しいダイアログタスクを開始させることができます。

たとえば、以下の3つのダイアログタスクを持つ旅行ボットを考えてみましょう。フライトの利用可能状況フライトの予約ホテルの予約です。フライトの利用可能状況 ダイアログタスクから フライトの予約 ダイアログタスクを呼び出すことができます。

主な機能

ダイアログノードの主な機能は次のとおりです。

  • 後のセクションで説明するエンティティの事前割り当てとして、現在のダイアログタスクからターゲットダイアログタスクにデータを送る機能。
  • ターゲットダイアログタスクが呼び出されると、現在のダイアログフローは新しいダイアログタスクのルートインテントから開始されます。ダイアログノードに移行を書く場合、ターゲットを完了した後、フローは元のダイアログタスクに戻ります。移行図を書かない場合は、ターゲットダイアログタスクを実行した後にダイアログタスクは終了します。これは、オプションのユーザーインテントノードとは異なり、ダイアログフローは関連するユーザーインテントを処理し、その後も同じダイアログタスクで継続します。

ダイアログノードの設定

新しいダイアログタスクを呼び出すためにダイアログノードを設定するには、以下の手順に従います。

ダイアログタスクにダイアログノードを追加する

  1. ダイアログノードを追加したいダイアログタスクを開きます。
  2. 追加したいノードの隣にカーソルを合わせて、[ diydialogtaskplusicon]アイコンをクリックします。
  3. ダイアログタスクに移動し、利用可能なリストからダイアログタスクを選択します(他のノードのようにダイアログ内から新しいダイアログタスクを作成することはできないことにご注意ください)。
  4. コンポーネントプロパティのパネルが開きます。

コンポーネント、トランジション、NLPプロパティを定義する

  1. 名前や説明のような一般的なコンポーネントプロパティを変更します。
  2. 接続タブから移行プロパティを設定して、ダイアログテキストのどのノードを次に実行するかを決定します。条件文は、ダイアログタスク内のエンティティやコンテキストオブジェクトの値に基づいて記述することもできますし、移行にインテントを使用することもできます。移行プロパティを現在のタスクの終了」と定義している場合、これらの設定は無視されます。
    1. 接続タブを選択します。
    2. IFを追加をクリックします。
    3. 次のいずれかの基準に基づいて条件式を設定します。
      • エンティティ:ダイアログ内のエンティティノードと特定の値を比較します:
        • エンティティを選択します。
        • ドロップダウンリストを使用して演算子を選択します。 存在する等しいより大きいか等しいより小さいか等しい等しくないより大きいより小さい
        • ボックスに数値を入力します。例:PassengerCount(エンティティ)が5(指定された値)より大きい(演算子)
      • コンテキスト:これらの演算子のいずれかを使用して、ダイアログ内のコンテキストオブジェクトを特定の値と比較します:存在する等しいより大きいか等しいより小さいか等しい等しくないより大きいより小さい。Context.entity.PassengerCount (エンティティ)が5(指定された値)より大きい(演算子)
      • インテント:次のユーザー 発言に一致するインテントを選択します。
    4. Then go toドロップダウンリストから、条件式が成功した場合にダイアログフローで実行する次のノードを選択します。たとえば、PassengerCount(エンティティ)が5(指定された値)よりも大きい(演算子)場合、次はOffers(サブダイアログ) へ移動します。
    5. Elseのドロップダウンリストから、条件失敗の場合に実行するノードを選択します。
      注意: 複数のIF条件を書きたい場合は、最後のIF条件式の下にあるElse IFを追加するをクリックしてください。
  3. NLPプロパティタブから
    • このインテントの検出を改善するために、ユーザーの発言を提供するための、機械学習の設定。
    • ボットの同義語またはこのノードに関連するフレーズ。
    • ユーザの発言にこれらの特定のパターンが含まれている場合に、このノードをキャプチャするためのパターン

インスタンスプロパティを定義する

インスタンスプロパティには、ダイアログのこのインスタンスの設定が含まれます。

  1. ダイアログノードのインスタンスプロパティアイコンをクリックします。
  2. これらのオプションを設定するには、高度なコントロールをクリックします。
    • 保留と再開
      • タスクレベル『保留し再開』設定を使用する:ボットは設定を保留し再開するによりダイアログタスクレベルを設置します。
      • このノードオプションのカスタマイズ:このオプションを選択して同じように設定することで、このノードの保留と再開設定をカスタマイズできます。詳細情報は中断処理とコンテキスト変換の記事を参照してください。
    • カスタムタグでは、ボットの会話のカスタムプロファイルを構築するためのタグを定義します。詳細情報はこちらをご確認ください
  3. エンティティの事前割り当ては、このセッションやノードデータの値をダイアログタスクが必要とするエンティティに事前に割り当てるために使用できます。残りの必要な値は、サブエンティティによって処理されます。(詳細は下記を参照してください。)
  4. 移行オプションは、タスクが完了した後に従うべきフローを定義します。2つのオプションから選択可能です。
    • タスク完了時に現在のノードに戻る
    • 現在のタスクを終了し、このタスクを開始する
  5. エンティティの事後割り当ては、カスタム変数を追加するオプションとともに現在のタスクで利用可能なエンティティのリストを表示します。これらのエンティティは、リンクされたダイアログのセッションデータからの値で割り当てることができます。たとえば、context.entities.は、選択用にリンクされたサブダイアログのエンティティをリストアップします。値は、リンクされたダイアログの実行が完了すると割り当てられます。
    注意:このオプションは、タスク完了時に現在のノードに戻るように移行オプションが設定されている場合にのみ使用できます。この機能は、プラットフォームのver 7.1で導入されました。
    現在のところ、URLのエンティティタイプを使用する際には制限があります。httpsとは対照的に httpから始まるURLの値や wwwのサフィックスを持たないURLの値は動作しません。

エンティティの事前割当について

以下の方法で、宛先ダイアログタスクのデータを事前に入力することができます。

  • エンティティキーに値を追加します。
  • 必要に応じて、現在のダイアログタスク Contextオブジェクトから出力先のダイアログタスクにデータを渡すためのカスタムキーと値を追加します。

デフォルトでは、ターゲットダイアログタスクで定義されたエンティティノードは、キーと値のペアとして表示されます。その後、関連するエンティティの値を定義したり、セッション変数やコンテキスト変数を使用して必要に応じてカスタムキーや値を追加したりすることができます。

元のダイアログタスクから移行先ダイアログタスクへの移行は、ユーザーの入力がリンクされたダイアログタスクのいずれかと一致したときに実行時に発生します。複数のダイアログタスクをマッピングする必要がある場合、条件付き移行を使用して、どのダイアログタスクをエンドユーザーに表示するかを定義することができます。

別のダイアログタスクを呼び出す際に、最初のダイアログタスクの情報を次のダイアログタスクに渡す場合があります。たとえば、フライトの予約ダイアログタスクで収集した顧客情報をホテルの予約ダイアログタスクに渡すことができます。

ボットプラットフォームでは、次のJSON構文に示すように、コンテキストオブジェクトのmappedIntents変数を使用することで、インテントノードの参照およびソースダイアログタスクのコンテキストの保持が可能になります。
{ 'title': 'title of the link', 'link':' url for the link' ,'postbackpayload': 'system generated payload'}
たとえば、コンテキストオブジェクト内のGetEmailへのリンクは、次のようになります。

{
   "title":"GetEmail",
   "link":"https://app.collab.ai/wf/1.1/market/users/bots/st-bb1eb3da-cfa7-5244-b241-b5042d333e76/dialogue/dg-15fd2927-219c-5795-b038-5b830718bea7/execute?nodeId=message2&;contextId=dcx-f9bae173-4d69-53e4-9aa7-21e89aae776d&intent=GetEmail",
   "postbackpayload":"MappedDialog_dc-f7b42932-dc06-53ac-92c0-1db706794f91_dg-15fd2927-219c-5795-b038-5b830718bea7_dcx-f9bae173-4d69-53e4-9aa7-21e89aae776d"
}

リンクでマップされたダイアログタスクのリストを表示したり、選択肢のリストとして表示したりするために、これらの変数にアクセスしてユーザへのプロンプトメッセージ内で提示することができます。コンテキストオブジェクトを使えば、ソースダイアログタスクがアクティブでなくなっても、ソースダイアログのコンテキストをターゲットダイアログタスクに渡すことができます。

postbackpayloadキーの値はボットプラットフォームによって生成され、FacebookSlackなどの一部のチャンネルで使用することができます。

詳細については、タスクでのセッション変数とコンテキスト変数の使用およびコンテキストオブジェクトを参照してください。

メニュー