チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Analyzing Your Bot
  5. カスタム ダッシュボード

カスタム ダッシュボード

カスタムダッシュボードでは、組み込みのメトリクスや、ユーザーの属性またはコンテクストの情報に基づいたカスタムKPIを組み合わせて、ビジネスニーズに応じた独自のレポートやダッシュボードを設計することができます。

カスタムダッシュボードは、搭載されているダッシュボードのレポートに加えてボットビルダーで利用することができます。デフォルトダッシュボードについては、こちらをご覧ください。

カスタムダッシュボードは、次の簡単な手順で構築できます。

  1. メトリクスを得るために必要なデータポイントを特定します。これは、お客様のビジネス要件とニーズに基づいています。
  2. これらのデータポイントをボット定義で発信するために、適切なカスタムメタタグを定義します。ボットにカスタムメタタグを追加する方法については、こちらをご覧ください
  3. ウィジェットを設計、プレビューし、ウィジェットでダッシュボードを更新します。このドキュメントの残りの部分では、以下の手順を説明しています。

なお、バージョン8.0のプラットフォームでは、会話セッションには、ユーザーからのメッセージがない非対話型のセッションも含まれています。この変更に伴い、同リリース以降、セッション数が増加する可能性があります。

左ナビゲーションメニューのダッシュボードにあるカスタムダッシュボードを利用すると、ボット用に複数のカスタムダッシュボードを追加できます。

  • ダッシュボードには、1つ以上のウィジェットを設定できます。
  • それぞれのウィジェットは、事前に定義されたデータセットに関連付けることができます。
  • データセットは、ウィジェットに表示する必要なデータを抽出するためのクエリ (SQLに似たもの) を定義するために使用できます。
  • データの生成には、メッセージ、セッション、アナリティクス、およびメタタグに関する情報を使用できます。

ここでは、上記の各コンポーネントを使用してカスタム ダッシュボードを構築する方法を説明します。

ダッシュボード

ダッシュボードの基本情報を入力すると、1つ以上のダッシュボードを追加できます。

  • ダッシュボードの名前はいつでも編集・変更することができます。
  • すべてのダッシュボードには、24時間7日間、またはカスタム範囲に設定できるフィルターである日付範囲が付属しており、これはダッシュボードのすべてのウィジェットに適用されます。
  • ダッシュボードのカラーテーマを選択することができます。
  • ダッシュボードにウィジェットを追加することができます (詳しくはこちらをご覧ください)。
  • ウィジェットの上にマウスを置くと表示される移動カーソルを使って、ダッシュボード上の任意の場所にウィジェットをドラッグして並べ替えることができます。
  • [その他] (垂直の省略記号) アイコンを使用して、ダッシュボードの新規作成ダッシュボードの複製ダッシュボードのエクスポートダッシュボードの削除のいずれかを行うことができます。
  • ダッシュボードのデータは、JSON形式でエクスポートできます。

ウィジェット

ダッシュボードには、1つ以上のウィジェットを追加できます。ダッシュボードにウィジェットを追加するには、ウィジェット追加オプションを使用します。ウィジェットの設定には 2つの手順があります。

  1. データの定義
  2. データの表示

データの定義

すべてのウィジェットは、どのような情報を取得してウィジェット上で表示するかを指定するクエリ定義と関連付けられている必要があります。以下は、クエリ定義を生成するための設定です。

  • データのソースを定義するデータセットです。以下のようになります。
    • 分析:分析で、ボットの成功インテント、失敗インテント、成功タスク、失敗タスクに関するデータにアクセスできます。MetrixType、Channel、UserIdなどの キーフィールドや、メトリクスレコードに追加されたカスタムフィールドを選んで表示することができます。
    • メッセージ: このデータセットは、ボットのボットメッセージとユーザーメッセージを提供します。UserId、チャネルなどの キーフィールドや、メッセージに対して追加されたカスタムフィールドの表示を選択できます。
    • セッション: このデータセットを使用して、ボットに関連する会話セッションのリストを提供します。UserIdやChannelなどの キーフィールドや、セッションに追加されたカスタムフィールドを選んで表示することができます。
  • 日付範囲はデフォルトで提供されていますが、プレビュー用に値を設定することができます。デフォルトでは過去7日間に設定されていますが、90日から365日までの範囲でカスタマイズできます。
  • ウィジェットで表示するフィールドを選択します。
    • 選択したデータセットに応じて、フィールドが異なります。詳細なリストについては、こちらをご覧ください。たとえば、成功・失敗インテントをリストアップするには、metricTypeを使用します。
    • これらのフィールドには、「min」、「max」、「sum」、「count」、「avg」などの集計関数を適用することができます。
      たとえば、トリガーされたインテントの合計を数えるには、count(metricType)を使用します。
    • 表示名をエイリアスとして設定することができます。たとえば、count(metricType)をtotalとします
    • これらとは別に、ボットにカスタム/メタタグを定義している場合は、以下の記述で適切な見出しの下にそれらを使用することができます。
      userTag.tagname = value。メッセージレベルのカスタムタグを宣言している場合は、メッセージデータセットを選択し、messageTag.TagNameを入力します。バージョン8.1以降では、まだ定義されていないカスタムタグを使用することもできますが、この場合はデータセットが空になり、その結果、表示もされなくなることに注意してください。
  • 絞り込みフィールド (選択した句のエイリアスではなく、実際のフィールド名) は、結果をフィルタリングするための基準を定義するのに使用します。これらのフィールドには、以下の演算子を適用できます。「=」、「>=」、「<=」、「>」、「<」、「in」, 「not in」。たとえば、成功したダイアログの両方のインテントとタスクをリストアップするには、metricType = successintentsまたはmetricType = successtasks、tasktype = dialogとします。複数の条件を結合している間は、左から右へと判断され、この順序は括弧 () を使用して変更できないことに注意してください。
  • グループ化フィールド (選択した句のエイリアスではなく、実際のフィールド名) は、集約関数を適用するのに使用します。たとえば上記の例では、メトリクスタイプであるmetricTypeに基づいて集計を行います。
  • 結果を昇順または降順に並べる並べ替えフィールドには、(選択した句のエイリアスではなく、実際のフィールド名) は、「asc」または 「desc」を使用します。たとえば、メトリクスタイプの降順で整理するには、metricType descとします。

このクエリを実行すると、結果が表形式で表示されます。

データの表示

次の手順では、データを視覚的に魅力的な方法で表示します。データ表示には以下のオプションがあります。

  • テーブルは、シンプルな行と列の形式でデータを表示します。表は、シンプルな行と列の形式でデータを表示します。列とその順序は、ディメンションオプションで指定できます。
  • ピボット・チャートは、データの要約に役立ちますディメンション – 表示する列、メトリクス – 列に対する値、オーバーレイ – データシリーズの表示が必要な場合に考慮される列を指定できます。たとえば、ディメンションを「日付」、メトリクスを「チャット数」、オーバーレイを「顧客タイプ」と設定した場合、顧客タイプごとのチャット数が表示されます。
  • 棒グラフは、X軸Y軸でデータを描写するのに使用されます。結果は、オーバーレイフィールドに基づいてデータシリーズに分割され、複数のラインがプロットされます。
  • 横棒グラフは棒グラフを反転させたもので、X軸Y軸でデータを描写します。結果は、オーバーレイフィールドに基づいてデータシリーズに分割され、複数のラインがプロットされます。
  • 折れ線グラフは、X軸Y軸でデータを描写するのに使用されます。結果は、オーバーレイフィールドに基づいてデータシリーズに分割され、複数のラインがプロットされます。
  • 円グラフは、全体の中の一部を表示するための集計データに使用できます。ディメンションで表示するフィールドを設定し、メトリクスで表示する集計機能を設定します。
  • ドーナツグラフは、円グラフと同様に、より見やすくするために使用できます。
  • ラベルグラフは、値やメトリクスを独自のスペースで強調するのに使用できます。

プレビューボタンを使用して、ウィジェットを確認します。目的に合っていれば、ウィジェットをダッシュボードに追加して変更を保存します。
注意:プレビューするには、クエリを実行する必要があります。

ウィジェットの操作

各ウィジェットの詳細アイコン (垂直の省略記号) を使用して、以下のようなことができます。

  • 編集オプションは、既に定義されたウィジェットに変更を加えることができるウィジェット定義ページを開きます。
  • 複製オプションは、ウィジェットの定義を複製し、変更を加えるのに使用されます。
  • エクスポートオプションは、ウィジェットのデータをJSON形式でエクスポートするために使用します。
  • 削除オプションは、ダッシュボードからウィジェットを削除するのに使用します。

制限事項

  • カスタム ダッシュボードは、最大100個まで定義できます。
  • 各ダッシュボードには、最大100個のウィジェットを含めることができます。
  • チャートに追加できるメトリクスは最大3つです。
  • 各チャートは 1つのディメンションをレンダリングできます。
  • カスタムの日付範囲は、90日から365日までの過去の範囲に設定できます。

データセットとフィールド

フィールド名は大文字と小文字を区別し、以下の表のように使用してください。

分析

フィールド名 データタイプ 可能な値
metricType テキスト
  • successtasks
  • successintents
  • failedtasks
  • failedintents
taskName テキスト 実行中のタスク名
taskType テキスト
  • ダイアログ
  • アクション (情報タスクも含む)
  • 通知
  • よくあるご質問
  • スモールトーク
isDeveloper テキスト
  • 除外
  • 含む
failurereason テキスト
failurepoint テキスト
言語 テキスト
  • en (英語用)
  • de (ドイツ語用)
  • es (スペイン語用)
  • fr (フランス語用)
  • pt (ポルトガル語 (ブラジル) 用)
  • it (イタリア語用)
  • zh_cn (中国語簡体字用)
  • zh_tw (中国語繁体字用)
  • id (インドネシア語用)
  • ko (韓国語用)
  • nl (オランダ語用)
  • ja (日本語用)
  • ar (アラビア語用)
  • fi (フィンランド語用)
  • ru (ロシア語用)
  • pl (ポーランド語用)
  • uk (ウクライナ語用)
  • sv (スウェーデン語用)
チャネル テキスト
  • skypeforbusiness (Skype for Business用)
  • msteams (Microsoft Teams用)
  • twitter (Twitter用)
  • spark (Cisco Spark用)
  • rtm (Web/Mobile Client用)
  • Facebook (Facebook Messenger用)
  • slack (Slack用)
  • skype (Skype用)
  • kore (Kore Messenger用)
  • email (Email用)
  • sms (SMS用)
  • wfacebook (Workplace by Facebook用)
  • ringcentral (RingCentral Glip用)
  • jabber (Cisco Jabber用)
  • yammer (Microsoft Yammer用)
  • alexa (Amazon Alexa用)
  • twiliovoice (Twilio Voice用)
  • telegram (Telegram用)
  • ivr (Webhook用)
  • ivrVoice (IVR用)
  • line (LINE Messenger用)
  • liveperson (Liveperson 用)
  • googleactions (Google Assistant用)
  • wechat (WeChat用)
  • hangoutchat (Hangout Chat用)
  • mattermost (Mattermost用)
sessionId (ウィジェット表示ではディメンションとして認められません) テキスト 形式は:

5d8361063b790ae15727d75f

trainingStatus テキスト
  • true、または
  • false
pinStatus テキスト
  • true、または
  • false
matchType テキスト
  • true、または
  • false
userId テキスト メールIDまたはエンタープライズにより割り当てたられたユーザーID
’channeluserid (ウィジェット表示ではディメンションとして認められません) テキスト
timestampvalue 番号
日付 日付

メッセージ

フィールド名 データタイプ 可能な値
メッセージタイプ 文字列
  • 受信 – ユーザーメッセージ用
  • 送信 – ボット応答用
isDeveloper 番号
  • 除外
  • 含む
messageId (ウィジェット表示ではディメンションとして認められません) 文字列 形式は:

ms-35bb7391-edc9-5a7a-859c-5682f787a684

チャネル 文字列
  • skypeforbusiness (Skype for Business用)
  • msteams (Microsoft Teams用)
  • twitter (Twitter用)
  • spark (Cisco Spark用)
  • rtm (Web/Mobile Client用)
  • Facebook (Facebook Messenger用)
  • slack (Slack用)
  • skype (Skype用)
  • kore (Kore Messenger用)
  • email (Email用)
  • sms (SMS用)
  • wfacebook (Workplace by Facebook用)
  • ringcentral (RingCentral Glip用)
  • jabber (Cisco Jabber用)
  • yammer (Microsoft Yammer用)
  • alexa (Amazon Alexa用)
  • twiliovoice (Twilio Voice用)
  • telegram (Telegram用)
  • ivr (Webhook用)
  • ivrVoice (IVR用)
  • line (LINE Messenger用)
  • liveperson (Liveperson 用)
  • googleactions (Google Assistant用)
  • wechat (WeChat用)
  • hangoutchat (Hangout Chat用)
  • mattermost (Mattermost用)
sessionId (ウィジェット表示ではディメンションとして認められません) 文字列 形式は:

5daecb96e79dbaabb87fd4c4

言語 テキスト
  • en (英語用)
  • de (ドイツ語用)
  • es (スペイン語用)
  • fr (フランス語用)
  • pt (ポルトガル語 (ブラジル) 用)
  • it (イタリア語用)
  • zh_cn (中国語簡体字用)
  • zh_tw (中国語繁体字用)
  • id (インドネシア語用)
  • ko (韓国語用)
  • nl (オランダ語用)
  • ja (日本語用)
  • ar (アラビア語用)
  • fi (フィンランド語用)
  • ru (ロシア語用)
  • pl (ポーランド語用)
  • uk (ウクライナ語用)
  • sv (スウェーデン語用)
userId テキスト メールIDまたはエンタープライズにより割り当てたられたユーザーID
timestampvalue 番号 メッセージのタイムスタンプ
date 日付 メッセージの作成日
username 文字列 ユーザー名

セッション

フィールド名 データタイプ 可能な値
streamid (ウィジェット表示ではディメンションとして認められません) 文字列 ボット ID
sessionid 文字列 形式は:

5daecb96e79dbaabb87fd4c4

userId 文字列 メールIDまたはエンタープライズにより割り当てられたユーザーID
username 文字列 ユーザー名
sessiontype 文字列 会話のセッションタイプ

  • 対話型;
  • 非対話型
チャネル 文字列
  • skypeforbusiness (Skype for Business用)
  • msteams (Microsoft Teams用)
  • twitter (Twitter用)
  • spark (Cisco Spark用)
  • rtm (Web/Mobile Client用)
  • Facebook (Facebook Messenger用)
  • slack (Slack用)
  • skype (Skype用)
  • kore (Kore Messenger用)
  • email (Email用)
  • sms (SMS用)
  • wfacebook (Workplace by Facebook用)
  • ringcentral (RingCentral Glip用)
  • jabber (Cisco Jabber用)
  • yammer (Microsoft Yammer用)
  • alexa (Amazon Alexa用)
  • twiliovoice (Twilio Voice用)
  • telegram (Telegram用)
  • ivr (Webhook用)
  • ivrVoice (IVR用)
  • line (LINE Messenger用)
  • liveperson (Liveperson 用)
  • googleactions (Google Assistant用)
  • wechat (WeChat用)
  • hangoutchat (Hangout Chat用)
  • mattermost (Mattermost用)
言語 テキスト
  • en (英語用)
  • de (ドイツ語用)
  • es (スペイン語用)
  • fr (フランス語用)
  • pt (ポルトガル語 (ブラジル) 用)
  • it (イタリア語用)
  • zh_cn (中国語簡体字用)
  • zh_tw (中国語繁体字用)
  • id (インドネシア語用)
  • ko (韓国語用)
  • nl (オランダ語用)
  • ja (日本語用)
  • ar (アラビア語用)
  • fi (フィンランド語用)
  • ru (ロシア語用)
  • pl (ポーランド語用)
  • uk (ウクライナ語用)
  • sv (スウェーデン語用)
タイムスタンプの値 番号 タイムスタンプ値
date 日付 mm-dd-yyyy
メニュー