チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク (英語)
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック (英語)
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者 (英語)
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. How Tos
  5. バンキングBot-残高確認

バンキングBot-残高確認

これからサンプルのバンキングBotを作成するステップを詳しく説明しています。このBotは開発者向けドキュメントのハウツーセクションで紹介されているさまざまな使用事例のシナリオで使用されます。前提条件

Botの概要

構築するBotは基本的な銀行取引を実行します。このBotは次のことを行います。

  • ユーザーが入力した口座番号と口座タイプに基づいて口座残高を取得します(こちらをご覧ください)。
  • 残高から口座を更新します。
  • 指定した金額を支払人の口座から受取人口座に送金します。

残高確認タスクを追加しましょう。

残高インテントの確認

  • 残高確認タスクでは、口座番号と口座タイプ(普通預金/当座預金)を入力するようにユーザーに促します。
  • 次に、更新のタイプ(クレジットまたはデビット)、および更新する金額の入力を求められます。
  • 詳細を取得し、残高を計算するためにサービスコールが行われ、次に別のサービスコールを行って残高を更新します。
  • 成功/失敗を示すメッセージが表示されます。

ステップ1:ダイアログタスク

  • 残高取得タスクがすでに設定されているバンキングBotを開きます。詳細はこちらをご覧ください
  • 左側のナビゲーションパネルにカーソルを合わせてBotタスクを選択すると、Botタスクページに移動します。
  • ダイアログタスクセクションの+をクリックしてください。
  • 新しいBotタスク画面が開きます。
  • 次の詳細事項を入力します。
    • インテント名-インテント名を入力します。これはダイアログをトリガーするフレーズとなります。インテント名は3〜4語以内のシンプルなものにしてください(残高確認など)。
    • 詳細オプションで、説明およびその他のダイアログ関連の詳細を追加することができます。ここでは、デフォルト設定を変更せずに保持しておきましょう。
  • 作成して続行をクリックします。
  • ユーザーインテントのプロパティパネルが表示されます。デフォルトのプロパティを保持しておきます。
  • ユーザーインテントのプロパティパネルを閉じます。

ステップ2:エンティティノード

エンティティノードは通常、ユーザーから情報を収集するために使用されます。ここでは、口座番号、口座タイプ、取引タイプおよび金額のユーザー入力を取得するために使用します。

  • ユーザーインテントノードの横にある+をクリックします。
  • エンティティオプションを選択します
    • 残高取得タスクの設定時に作成した口座番号エンティティを選択します。
    • AccountNumberエンティティのプロパティパネルを閉じます。
  • 口座番号ノードの横の+をクリックします。
  • エンティティオプションを選択します
    • 残高取得タスクの設定時に作成した口座タイプエンティティを選択します。
    • AccountTypeエンティティのプロパティパネルを閉じます。
  • 口座タイプノードの横の+をクリックします。
  • エンティティオプションを選択します
    • 新しいエンティティノード+をクリックします。
    • エンティティノードのプロパティパネルが表示されます。
      • 次の詳細事項を入力します。
        • 名前TransactionType
        • 表示名Transaction Type 
        • タイプ:ドロップダウンから項目リスト(列挙)を選択します。ユーザーが選択可能な値のリストを用意する必要があります。
          • フィールドの横に表示される設定アイコンをクリックします。
          • 静的なリストを選択します。
          • 表示名クレジットおよびデビットのオプションを別々の行へ入力します。値列と同義語列は自動入力されますので、そのままにします。
          • 保存をクリックします
        • エンティティのプロパティパネルに戻ります。
        • ユーザープロンプト:次のテキストを入力し、Enterキーを押して保存します。 Select the transaction type.
        • 値のリストの表示はい、デフォルトのメッセージにチャネル固有の標準フォーマットを使用し、利用可能な値のリストをエンドユーザーに表示しますをマークします。これにより、サポートされているチャネルのボタンテンプレートに値のリストが表示されます。

      • TransactionTypeエンティティのプロパティパネルを閉じます。
  • 取引タイプノードの横の+をクリックします。
  • エンティティオプションを選択します
    • 新しいエンティティノード+をクリックします。
    • エンティティノードのプロパティパネルが表示されます。
    • 次の詳細事項を入力します。
      • 名前金額
      • 表示名金額 
      • タイプ
      • ユーザープロンプト:次のテキストを入力し、Enterキーを押して保存します。 Enter the amount to transfer
    • 金額エンティティのプロパティパネルを閉じます。

ステップ3:サービスノード-残高取得

サービスノードを使用することで、バックエンドのAPIコールを行うことができます。ここでは、サービスノードを使用してAPIを呼び出し、ユーザーが入力した口座番号の口座残高を取得します。このチュートリアルでは、仮のAPIセットアップを使用します。この目的のために特別に作成された模擬APIを、FirstName、LastName、Address、City、Country、ZipCode、AccountNumber、AccountType、Balance、のフィールドで使用します。

  • 金額エンティティノードの横の+をクリックします
  • サービスを選択します。サービスノードは、バックエンドAPIコールで口座残高情報を取得するために使用されます。
  • 新しいサービスノード+をクリックします。
  • サービスノードのプロパティパネルが表示されます。
  • 次の詳細事項を入力します。
    • 名前GetAccountBalance
    • 表示名口座の残高取得
    • サービスの種類カスタムサービス
    • タイプWebサービス
    • サブタイプREST
    • リクエストの定義をクリックします。
      • リクエストページの定義では、次の詳細を入力します。
        • リクエストのタイプ取得
        • リクエストURLhttps://5c3c633d29429300143fe4d2.mockapi.io/AccountDetails?filter={{context.entities.AccountNumber}} 仮のAPIサービスの制限により、指定された口座番号の記録を取得する代わりに、必要な口座番号の応答をフィルタリングしています。
        • このAPIでは、認証またはヘッダーパラメータは必要ありません。
        • テストリクエストタブを選択します。
        • サンプルコンテキスト値セクションに口座番号を入力します。これはAPIに必要なフィルターパラメータであり、02929664の口座番号を使用できます。
        • テストボタンをクリックします。
        • テストが完了するのを待ち、ステータスを取得します。200
        • APIコールによってレコードの配列が返されるのが分かりますので、次のステップではJavaScriptを使用して値を解析します。
        • サンプル応答として保存をクリックします。
        • 保存をクリックします
    • サービスプロパティパネルを閉じます。

ステップ4:スクリプトノード

スクリプトノードを使用することで、プログラミングロジックをBotに組み込むことができます。ここでは、スクリプトノードを使用して、ユーザーが指定した金額を口座にクレジット/デビット入力します。

  • GetAccountBalanceノードの横の+をクリックします。
  • スクリプトを選択します(スクリプトノードは更新する残高を計算するために使用されます)。
  • 新しいスクリプトノード+をクリックします。
  • スクリプトノードのプロパティパネルが表示されます
  • 次の詳細事項を入力します。
    • 名前BalanceCalculation
    • 表示名残高計算
    • スクリプトを定義セクションからスクリプト定義リンクをクリックします。
    • スクリプトを追加ウィンドウに次のスクリプトを入力します。このスクリプトは、最初に口座タイプを確認してユーザーエントリと一致させ、次にそのレコードの残高を抽出します。
      var balance, i; for (i=0; i < context.GetAccountBalance.response.body.length; i++ ) { if (context.GetAccountBalance.response.body[i].AccountType == context.entities.AccountType) { balance = parseFloat(context.GetAccountBalance.response.body[i].Balance); } }

    • 保存をクリックします
  • スクリプトプロパティパネルを閉じます。

ステップ4:サービスノード-残高確認

ここでは、サービスノードを使用してAPIを呼び出し、ユーザーが入力した口座番号の口座残高を更新します。このチュートリアルでは、仮のAPIセットアップを使用します。

  • BalanceCalculationスクリプトノードの横の+をクリックします。
  • サービスを選択します。サービスノードは、バックエンドAPIコールで口座残高情報を更新するために使用されます。
  • 新しいサービスノード+をクリックします。
  • サービスノードのプロパティパネルが表示されます。
  • 次の詳細事項を入力します。
    • 名前UpdateBalance
    • 表示名確認更新
    • サービスの種類カスタムサービス
    • タイプWebサービス
    • サブタイプREST
    • リクエストの定義をクリックします。
      • リクエストページの定義では、次の詳細を入力します。
        • リクエストのタイプPUT
        • リクエストURLhttps://5c3c633d29429300143fe4d2.mockapi.io/AccountDetails/{{context.entities.AccountNumber}}
        • このAPIでは、認証パラメータは必要ありません。
        • Bodyタブで、タイプをアプリケーション/jsonとして選択します。
        • テストリクエストタブを選択します。
        • サンプルコンテキスト値セクションに口座番号および残高を入力します。
        • テストボタンをクリックします。
        • テストが完了するのを待ち、ステータスを取得します。200
        • サンプル応答として保存をクリックします。
        • 保存をクリックします
    • サービスプロパティパネルを閉じます。

ステップ5:メッセージノード

メッセージノードは、Botからユーザーへメッセージを表示するために使用されます。ここでは、メッセージノードを使用して成功メッセージを表示します。

  • GetAccountBalanceサービスノードの横の+をクリックします。
  • メッセージを選択し、新しいメッセージノード+をクリックします。
  • メッセージノードのプロパティパネルが表示されます。
  • 次の詳細事項を入力します。
    • 名前UpdateMessage
    • 表示名メッセージの更新
    • Botの応答:Your account balance has been updatedと入力し、Enterを押して保存します。
  • Botの応答プロパティパネルで、接続アイコンをクリックして接続タブを開きます。
    • デフォルトの接続を接続なしからダイアログの終了に変更します。
    • 保存をクリックします
  • プロパティパネルを閉じます。

テスト

ダイアログタスクをテストするには、右下隅にある「Botとの会話」を使用できます。次の発話(インテント名)を入力してください-「残高取得」次のBotの指示に従ってください。

  • 口座番号を入力してください-29565731
  • 口座種類を選択してください-普通預金または当座預金
  • 取引タイプを選択します(クレジットまたはデビット)
  • 金額を入力します-100
  • 成功メッセージを参照してください。

次のステップ

バンキングBot完成まであと少しです。Botに「残高取得」および「残高確認」ダイアログタスクが正常に追加されました。次のステップは、資金移動タスクの追加です。こちらをクリックして先に進みます

メニュー