チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク (英語)
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック (英語)
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者 (英語)
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. How Tos
  5. ナレッジグラフを作成する

ナレッジグラフを作成する

この記事では、Botのナレッジグラフの動作をすばやく構築して理解するのに役立ちます。 FAQをオントロジーに変換する方法、タグを追加する方法、用語を使用する方法、代替の質問、同義語、タグ、特性を追加する方法を示します。導入の詳細については、こちらを参照してください。この例では、バンキングBotに関連する次のFAQを取り扱います。

  • デビットカードを申請するにはどうすればよいですか?
  • 小切手帳を申請するにはどうすればよいですか?
  • 共同口座を開設するにはどうすればよいですか?
  • 共同口座名義人を追加できますか?

静的なFAQ

オントロジーなしでの静的なFAQを作成することから始めましょう。静的なFAQを追加するには、次のステップに従います。

  1. Botを開き、左側のペインからBotタスク > ナレッジグラフをクリックします
  2. 作成をクリックして、ナレッジグラフを作成します。
  3. Bot名に名前が作成されたナレッジグラフが作成されます。
  4. Q&Aを追加をクリックして、FAQの入力を開始します。
  5. 質問を追加およびBotの応答を行い、次に保存をクリックします。
  6. 右上のインテントを追加をクリックして、さらにQ&Aを追加します。
  7. すべてのQ&Aを入力したら、トレーニングをクリックして、ナレッジグラフをトレーニングします。
  8. 右下のBotと話すをクリックして、追加されたQ&Aに対するBotの応答を確認します。

タグ

  • 問題:発話を試してくださいクレジットカードを申請するにはどうすればいいですか?「デビットカードに関する質問を参照するダイアログをご希望ですか」というメッセージが表示されますが、このメッセージはシナリオとしては適切ではありません。理想的には、天候に関するまったく関係のないクエリに対する応答としてわかりませんと表示されるべきです。

解決策 上記の状況について対応するため、次のように各質問にタグを追加することができます。タグは、ユーザーの発話に含まれるいくつかのキーフレーズに基づいてFAQをフィルタリングするのに役立ちます。タグを追加するステップ:

  1. 質問にカーソルを合わせて、編集アイコンを見つけます。
  2. 編集アイコンをクリックして、質問にタグを追加します。
  3. タグを追加するテキストボックスでは、質問に含まれるフレーズに基づいて、プラットフォームからいくつかの提案を見つけることができます。リストから1つを選択するか、独自のカスタムタグを入力することができます。
  4. このユースケースでは、プラットフォームによって提案されたデビットカードタグを選択し、変更を保存します。
  5. 同様に、小切手帳の申請方法の質問に小切手帳を追加します。
  6. Botをトレーニングします。
  7. Botに話しかけクレジットカードを申請するにはどうすればいいですかと同じ発話を使用します。

オントロジー

Botの応答を改善するには、それぞれの質問にタグを追加する必要があります。ただし、FAQのリストが多い場合ではこのソリューションは実行できません。また、複数の質問に共通のタグを付けることができます。ソリューション:オントロジーでは、重要な単語や頻繁に発生する単語/フレーズに基づいて、FAQがグループとサブグループに整理されます。オントロジーの例:バンキングBotのFAQの例に引き続き、次のように質問を整理することができます。

  • 申請する
    • デビットカード
      • デビットカードを申請するにはどうすればよいですか?
    • 小切手帳
      • クレジットカードを申請するにはどうすればいいですか?
  • 共同口座
    • 共同口座を開設するにはどうすればよいですか?
    • 共同口座名義人を追加できますか?

各グループは、オントロジー内のノードになることができます。階層構造を形成する複数のレベルのノードを持つことができます。関連するFAQ(インテント)をノードに移動すると、そのFAQと対応するノード名がタグとして設定され、関連付けられます。オントロジーを作成するには、以下のステップに従ってください。

  1. 左側のペインのナレッジグラフ名にカーソルを合わせて、+アイコンをクリックして子ノードを追加します
  2. 申請および共同口座としてノードを追加します。
  3. サブグループを追加するには、ノードにカーソルを合わせ、対応する+アイコンを使用して子ノードを追加します。
  4. 共同口座に関連する質問を選択し、共同口座ノードにドラッグアンドドロップします。
  5. 「申請」、「デビットカード」、「小切手帳」の各ノードに関連する質問に対して、このプロセスを繰り返します。
  6. それに応じてパスが更新されていることに気付くでしょう。
  7. 質問を編集して、ノード名がタグとして追加されていることを確認します。
  8. これにより、その質問が用語/ノード名を含むユーザーの発話に適格であることが保証されます。以前に追加したタグは保持され、削除できますが、ノード名は削除できないことに注意してください。
  9. ナレッジグラフをトレーニングして、Botに話しかけます。
  10. Botの応答に変更はありません。

用語の使用方法

デフォルトでは、ノード名や用語はパスを評価し、一連の適格な質問を考え出す際に使用されます。発話の中で用語を必須にするか、用語/ノードをオーガナイザーとしてマークすることで、このルールを厳密にしたり緩和したりできます。先に進む前に、ナレッジ収集にノードに関する質問をいくつか追加してみましょう。

  • 口座
    • 口座を開設するにはどうすればよいですか?
    • 口座にアクセスするにはどうすればよいですか?
    • 口座の残高を確認するにはどうすればよいですか?
    • オンラインから口座にアクセスするにはどうすればよいですか?
  • 連絡先
    • 問題が発生した場合、どこに連絡すればよいですか?
    • 緊急ダイヤル番号はありますか?
  • 苦情
    • 問い合わせ/苦情はどこから登録できますか?
  • 問題
    • カードが盗まれたことを報告するにはどうすればよいですか?

ユースケース1:ユーザーが共同口座に関して直接の質問をした場合にのみ、共同口座に関するインテントを考慮するようにしたいと考えています。あいまいな場合では、共同口座ノードではなく口座ノードを考慮する必要があります。このケースに対処するために、共同口座という用語を必須としてマークします。これは、Botの実行を向上させるのに役立ちます。ステップ:

  1. ノード(この場合は共同口座)にカーソルを合わせ、設定アイコンをクリックします
  2. 設定ページの用語の使用方法セクションの下にある必須ラジオボタンを選択します。
  3. ナレッジ収集を保存してトレーニングを行います。
  4. これで、このノードの下の質問は、ユーザーの発話にノード名(この場合は共同口座)がある場合にのみ考慮されます。

ユースケース2:次のFAQを検討してみます。

  • 連絡先
    • 問題が発生した場合、どこに連絡すればよいですか?
    • 緊急ダイヤル番号はありますか?
  • 苦情
    • 問い合わせ/苦情はどこから登録できますか?
  • 問題
    • カードが盗まれたことを報告するにはどうすればよいですか?

これらは共通のフレーズや用語を持っていませんが、カスタマーケアに関連しています。理解しやすいように、同じ名前のノードの下にこれらを配置して、オーガナイザーノードとしてマークすることで、ユーザーの発話に用語のフレーズを含める必要なしにインテントが修飾されるようにします。ステップ:

  1. カスタマーケアのノードを作成します。
  2. 上記3つのノードをこちらの新しいノードにドラッグアンドドロップします。
  3. ノード(この場合はカスタマーケア)にカーソルを合わせ、設定アイコンをクリックします
  4. 設定ページから、オーガナイザーラジオボタンを選択します。
  5. ナレッジ収集を保存してトレーニングを行います。
  6. これで、ユーザーの発話にノード名が含まれていない場合でも、このノードの下にある質問が考慮されるようになります。

同義語

ユースケースデビットカードを入手するにはどうすればよいですか?と試してみてください。決定的なものではありませんが、示唆に富む一致が得られます。その理由は、Botは取得申請と同じであると理解していないからです。ソリューション:同義語 同義語を追加するには、次のステップに従ってください。

  1. 申請ノードにカーソルを合わせ、設定アイコンをクリックします。
  2. パスレベルの同義語取得を追加します。
  3. 保存して、Botのトレーニングを行います。
  4. Botと話しデビットカードを入手するにはどうすればよいですか?という同じクエリを使用します。
  5. 小切手帳を入手するにはどうすればよいですかを試していただくと、同義語がここでも機能することがわかります。これは、パスレベルで同義語を追加したので、そのパス/ノードの下にあるすべてのノードと質問に適用されるからです。
  6. 同様に、ナレッジグラフ全体に適用できる場合、ナレッジグラフの同義語を定義できます。

代替的な質問

一部の質問には、ユーザーがアプローチできる複数の方法があります。

  • ノートパソコンから口座の詳細を確認する方法はありますか?
  • 口座へアクセスできるモバイルアプリはありますか?
  • 銀行はインターネットバンキングをサポートしており、口座の詳細を表示することができますか?

これらの質問はすべて1つのインテントに関係しています。それは、オンラインから口座にアクセスするにはどうすればよいですか?ということです。ただし、これらすべてのQ&Aをインテントとして追加し、応答と設定を繰り返す代わりに、これらの質問を代替的な質問として追加することができます。代替の質問を追加するには、次のステップに従います。

  1. この場合、質問であるオンラインから口座にアクセスするにはどうすればよいですか?にカーソルを合わせ、アイコンを編集をクリックします。
  2. 代替的な質問を追加の中で、質問を入力してください。
  3. 上記3つの質問をすべて追加します。
  4. 保存をかけ、トレーニングを行い、Botに話しかけます
  5. 上記3つの質問のいずれかを入力すると、オンラインから口座にアクセスするにはどうすればよいですか?の質問と同じ回答が得られます。

タスクの実行

口座の残高を確認するにはどうすればよいですか?の質問について検討してください。Botが残高を示すことができるタスクがある場合、タスクをトリガーするために発話を使用するようにユーザーに求める代わりに、ユーザーに同じタスクを指示することができます。タスクをトリガーするには次のステップに従ってください。

  1. 先に進む前に、残高確認にタスクが定義されていることを確認してください。メッセージを表示する仮のダイアログを考えてみましょう。
  2. 口座の残高を確認するにはどうすればよいですか?インテント追加を追加します。
  3. インテントタスクに設定します。
  4. ドロップダウンリストから、ダイアログのタスク名である残高確認を選択します。
  5. ナレッジグラフを保存してトレーニングを行います。
  6. 口座の残高を確認するにはどうすればよいですか?という発話でBotに話しかけると残高確認タスクがトリガーします。

オントロジーのタグ

ユースケース:銀行は通帳を発行しており、口座の詳細を表示することができますか?オンラインから口座にアクセスするにはどうすればよいですか?の意味ですか、ととらえます。その理由は、オンライン口座アクセスの代替的な質問として、銀行はインターネットバンキングをサポートしており、口座の詳細を表示することができますか?は、上記のクエリに非常によく一致しているからです。このような状況を回避するには、タグにインターネットバンキングを追加して、代替的な質問である銀行はインターネットバンキングをサポートしており、口座の詳細を表示することができますか?に、必須としてマークを付けることができます。ソリューション:カスタムタグ タグを追加するには次のステップに従ってください。

  1. オンラインから口座にアクセスするにはどうすればよいですか?の質問を編集します
  2. 代替的な質問である銀行はインターネットバンキングをサポートしており、口座の詳細を表示することができますか?について
    1. インターネットバンキングのタグを追加します。
    2. タグをクリックして「タグ設定」ダイアログを開き、必須フラグを設定します。
    3. 完了をクリックします。
  3. 代替的な質問であるモバイルアプリタグの付いた口座へアクセスできるモバイルアプリはありますか?を繰り返します。
  4. 保存して、Botのトレーニングを行います。
  5. 次に、Botに話しかけると応答が表示されます。

特性

ユースケースカードを紛失してしまったのですが、別のデビットカードを申請するにはどうすればよいですか?あなたはデビットカードを申請するにはどうすればよいですか?の応答を得ることができるでしょう。 これは有効な応答ではありますが、正しい応答ではありません。理想的には、ユーザーがカードを紛失しましたと言ったので、Botは盗まれたカードを報告するようにユーザーに指示する必要があります。ソリューション:特性。特性は、ユーザーの発話から付加的な情報を取得し、ユーザーにより良いソリューションを指示するために使用されます。特性を追加するには、以下のステップに従ってください。

  1. まず、この質問をカードが盗まれたことを報告するにはどうすればよいですか?の代替的な質問として追加します 。
  2. 保存して、Botのトレーニングを行います。
  3. Botに話しかけて同じ質問をします。同じ応答が返されます。
  4. 次に、特性を追加する方法を見てみましょう。
  5. 特性の定義:
    1. トレーニングボタンの横の詳細オプションから、特性を管理オプションを選択します。
    2. 新しい特性をクリックして、新しい特性を作成します。
    3. 特性タイプを付与して、特性を追加します。ここで、問題点を特性タイプとして、カードを紛失を特性として考えてみましょう。
    4. カードを紛失を、この特性を引き起こす発話として追加します(発話を追加した後、Enterキーを押すことを忘れないようにしてください)。
    5. 保存して、特性のトレーニングを行います。
  6. 特性の適用
    1. オントロジーから、問題点ノードの設定ページに移動します。
    2. カードを紛失特性(ドロップダウンリストから選択)として追加します。
    3. ナレッジグラフを保存してトレーニングを行います。
    4. Botに話しかけて同じ質問をしてみてください。これで期待通りの応答が得られるでしょう。

このドキュメントでは、ナレッジグラフを構築および管理するためのさまざまな設定について説明させていただきました。ナレッジグラフの導入と動作の詳細については、こちらのドキュメントを参照してください

メニュー