チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Bot Administration
  5. User Management
  6. グループの管理

グループの管理

ユーザー管理 モジュールの[グループ] ページで、論理的に関連するユーザーのグループを作成および管理したり、会社の Active Directory グループなどのグループをインポートしたりできます。エンタープライズでは、さまざまな部門やビジネスラインで多様で異なる Bot の要件がある場合、グループを作成し、開発者を追加して、グループにボットを割り当てることをお勧めします。地域別、部門別、共通の関心事別など、ユーザーのカスタム グループを作成することができます。Active Directory を使用して組織単位をインポートすると、グループは自動的に作成されます。以下の図は、[ユーザー管理] モジュールの[グループ] ページの例です。

詳細

列値のリストをソートする場合は、列名の右の[上矢印up-arrow] アイコンまたは [下矢印down-arrow] アイコンをクリックします。次のリストでは、グループリストに表示される列について説明します。

説明
グループ名 グループ名が表示されます。[グループ名]をクリックして、選択したグループ名、説明およびメンバーを編集します。
説明 グループの説明が表示されます。これはオプションフィールドです。
ソース グループの作成に使用するソース。以下のいずれかです。

  • ローカル – グループは[ユーザー管理] モジュールから手動で作成されました。
  • AD – グループは Active Directory を使用してインポートまたは同期化されました。
  • システム – グループは Kore.ai によって、たとえば、すべての人など、デフォルト グループとして作成されました。
メンバーシップ グループ メンバーの数をユーザーとして、グループの数を親グループの子メンバーとして表示します。リンクをクリックすると、選択したグループのKore.ai ユーザーと子グループのリストを編集できます。
検索フィールドの使用

管理者コンソール テーブルのエントリのリストは、会社の規模に応じて非常に大きくなる場合があります。1人以上の特定のユーザーまたはグループを検索するには、[検索] フィールドに少なくとも 3 文字を入力して、 入力時検索を開始します。

注意: 検索クエリ内の検索語数は無制限ですが、各検索語の最初の 20 文字を越えるものを使用すると、検索結果は返されません。

すべてのエントリを表示するには、[検索] フィールドをクリアしてから、[Enter] キーを押します。

作成

アカウントの中に、例えば関連する興味、部署、場所を持つユーザーのために、1つ以上のユーザー グループを作成することができます。管理者が作成したグループは、ユーザーには表示されず、管理目的でのみ使用されます。このトピックでは、新規グループの定義、ユーザーの追加、またはユーザーの既存グループをそのグループに追加する方法を説明します。

  1. [ユーザー管理] モジュールでは、[グループ] セクションを選択します。
  2. [AddNewButton] ボタンをクリックし、[新規ユーザーグループの作成] ダイアログを表示し、新しい Kore.ai グループをアカウントに追加します。
  3. [新規ユーザーグループの作成] ダイアログが表示されます。
  4. [共通] タブで、
    1. [グループ名] フィールドに、グループの名前を入力します。
    2. 必要に応じて、[説明] フィールドに、グループの説明を入力します。 CreateNewGroup
  5. [メンバー] タブに移動し、このグループに追加するユーザーおよび/またはグループを選択します。[利用可能なユーザー/グループ] セクションから必要なユーザー/グループを探すには、以下の方法があります。
    1. ソートを使用して、[フィルター]を選択すると、新しいグループに追加できるユーザーとグループが表示されます。
    2. [検索] フィールドに名前を入力、または
    3. スクロールして、1人または複数の Kore.ai ユーザーと Kore.ai グループを選択します。
    4. そして、[addsinglearrow]をクリックし、選択したリストを[現在のメンバー] セクションに移動します。
    5. 利用可能なユーザーとグループをすべて追加するには、[]をクリックします。 グループへの参加者の追加
  6. [保存]をクリックします。グループが作成され、[グループ] ページが表示されます。
  7. ページの上部にグループ更新済みメッセージが表示されます。

変更

グループのメンバーを変更する必要がある場合があります。このトピックでは、共通のグループ プロパティと既存グループのメンバーシップを変更する方法を説明します。

  1. [ユーザー管理] モジュールの[グループ] ページのグループ名列で、変更するグループの名前をクリックします。
  2. ユーザーグループの編集 – [< グループ名 >] ダイアログが表示されます。
  3. [共通] タブでは、[グループ名] と[説明] フィールドを変更できます。
  4. [メンバー] タブの[利用可能なユーザー/グループ]と[現在のメンバー] セクションで、必要に応じて[ソート]を選択し、[フィルター]を選択すると、追加または削除するユーザーとグループが表示されます。
  5. グループのメンバーを変更するには、以下の方法があります。
    1. [検索] フィールドに名前を入力するか、スクロールして1つまたは複数のユーザーやグループを選択し、[addsinglearrow]をクリックして新しいグループ メンバーを追加するか、[deletesinglearrow_120x30]をクリックして選択したグループ メンバーを削除します。
    2. [adddoublearrow_117x30]をクリックし、利用可能なグループメンバーをすべて追加するか、または [deletedoublearrow_119x30]をクリックして現在のグループメンバーをすべて削除します。
  6.  [保存]をクリックします。グループが変更され、[グループ] ページが表示されます。

ユーザーグループの編集

削除

アカウント内のユーザー グループが不要になる場合があります。グループを削除する前に、グループからすべてのユーザーを削除する必要があります。グループを削除するには、以下の手順で行います。グループを削除する代わりに、共通設定ならびに既存グループのメンバーシップも変更できます。詳細情報については、既存ユーザーグループの変更を参照してください。

  1. [ユーザー管理] モジュールにある[グループ] ページのグループ名列で削除する 1 つまたは複数のグループの名前をクリックします。
  2. アクションバーで、deletebutton_74x30をクリックします。
  3. グループの削除確認ダイアログで、削除をクリックします。

警告: この操作は恒久的で、元に戻すことはできません。

グループが削除されます。 BotsAdminUserManagementGroupsDelete

このページの内容

メニュー