チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Bot Administration
  5. ダッシュボード

ダッシュボード

注意: このページは ボット 管理コンソールのダッシュボード ページを参照しており、ボット ビルダーのダッシュボードについてはこちらを参照してください。ボット 管理コンソールにアクセスすると、ダッシュボード ページが表示されます。ボット 管理コンソールの[ダッシュボード] ページは、お客様の会社の ボット アカウントのボット アクティビティと ボット ユーザーの概要をまとめたワンストップのページです。

ダッシュボードのメトリクス

  • リアルタイム ステータス: ある時点でのエンタープライズ アカウント全体の状況が表示されます。1分ごとに更新されるように設定されていますが、[更新]ボタンの横にあるドロップダウンを使ってカスタマイズすることができます。リアルタイムステータスには次のものが含まれます。
    • 有効な Bot – 1つ以上のアクティブなセッションがある ボット です。[拡大矢印]をクリックすると、有効な ボット の名前と、その ボット とインタラクトしているユーザーの数が表示されます。
    • 有効なチャネル-カードをクリックすると、有効なチャネルのリストとそれを使用しているユーザーの数が表示されます。
    • 有効な エージェント セッション – 特定のインスタンスで進行中のエージェント セッションです。
  • ボット メトリクス: デフォルトでは、過去24時間すべての ボット の使用状況に基づく ボット メトリクスが表示されます。期間や ボット の選択によって表示される測定をカスタマイズすることができます。
    • メトリクスを表示したい Bot を選択し、必要に応じて ボット 内のタスク(複数選択可)をさらに選択します。デフォルトでは、すべての ボット のメトリクスが表示されます。
    • 時間帯を選択します。
      • 7 日間 – 過去 7 日間に集計されたデータが表示されます。
      • 24時間 – 直前の24時間に集計されたデータが表示されます。これがデフォルト設定となります。
      • カスタム – クリックすると、アクティビティ データを表示するための特定の日付期間(開始日、終了日)を定義できるカスタム日付範囲ダイアログが表示されます。現在の日付の最大 90 日前まで選択することができます。
    • メトリクスの表示には、以下のようなフィルターを適用できます。
      • 会話のセッションタイプは、以下のいずれかまたは両方(デフォルト設定)を選択できます。
        • インタラクティブセッション – ユーザーからの1つ以上のメッセージを含む会話。
        • 非対話型セッション – ボット のメッセージのみが表示され、ユーザーからのメッセージが表示されない会話。

        (バージョン 8.0で導入) 会話セッションの詳細についてはこちらをご覧ください。

      • 指定されたチャネルのメトリクス
      • メッセージ、ユーザー、セッションレベルで追加されたメタタグに基づいて複数のタグを選択して「AND」条件を適用することができます(ウィジェットでのフィルタの適用については以下をご覧ください)。
    • 完了したタスクの数、ボット と対話したユーザーの総数(ユニークユーザー)、送信済みのアラートの数などが表示されます。
    • 時間ごとのメッセージとカンバセーション セッションの図解されます。これには以下のものが含まれます。
      • 選択した期間に基づいて、1時間/1日あたりのメッセージ数を表示します。メッセージは、ユーザーとボット の間のやりとりとして定義されます。
      • 選択された時間帯に基づく1時間/1日あたりの会話セッション数: 会話セッションとは、ボット の設定により、かなりのアイドル時間が経過しても、ユーザーと ボット の間で意図を変えずにメッセージのやり取りが継続して行われることを指します(セッションの設定についてはこちらを参照してください)。
    • 課金セッションは、選択した期間に基づいて、時間/日ごとに表示されます。課金サイクルを構成する15分間の中断されないボレー回数を表しています。
    • [成功したタスク]と[アクティブ ユーザー]の時間ごと(または日ごと)の詳細が表示されます。
    • また、成功したタスク、使用した Bot、アクティブ ユーザーに関連するアクティビティも表示されます。

タグベースのフィルター

バージョン 7.1 以降のプラットフォームでは、メッセージ、ユーザー、セッションレベルで追加されたメタ タグを使ってダッシュボードをフィルタリングすることができます。フィルタ条件の下で複数のタグを選択することができ、フィルタリング用に選択された複数のフィールドに「AND」条件が適用されます。注意: このオプションは、1つの ボット が選択されている場合にのみ利用できます。ボット の選択を変更すると、タグの選択はリセットされます。次の表は、ダッシュボード上でのメタ タグのウィジェット単位の適用可能性を示しています。

ウィジェット タイプ セッション タグ ユーザー タグ メッセージ タグ
リアルタイム ウィジェット 適用なし 適用なし 適用なし
完了したタスク 適用あり 適用あり 適用なし
送信済みのアラート 適用あり 適用あり 適用なし
総ユーザー数 適用あり 適用あり 適用なし
メッセージと会話セッション 適用あり 適用あり チャットに適用可能
成功したタスク 適用あり 適用あり 適用なし
アクティブ ユーザー 適用あり 適用あり 適用なし
使用する Bot 適用あり 適用あり 適用なし
セッション数 適用なし 適用なし 適用なし
メニュー