チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク (英語)
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック (英語)
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者 (英語)
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. How Tos
  5. Bot関数の使用方法

Bot関数の使用方法

このハウツーでは、Bot関数を使用して機能の一部を再利用できるバンキングBotのシナリオについてご説明します。支出レポートを関数としてプログラムし、普通預金口座とクレジットカードの両方に使用する方法を説明していきます。Bot関数とは何か、またKore.aiのBotプラットフォームにどのように実装されているかについての詳細は、こちらを参照してください

例題

バンキングBotには、レポートタスクがあります。

  1. 月次報告書は、特定の口座番号の毎月の残高を表示します。
  2. クレジットカード明細書には、特定のクレジットカードの費用の概要が記載されています。
  3. どちらのレポートも円グラフとして表示され、入力は月と金額の値を持つ配列となっています。

このドキュメントでは、Bot関数を使用してコーディング作業の重複を回避し、均一な表示を確保する方法を説明します。

Pre-requisites

  • Botビルドナレッジ
  • 動作可能なBot。ここでは、こちらのバンキングBotを使用します。
  • 以下は、メッセージテンプレートを使用してデータを表示する2つの関数を含むスクリプトファイルです(メッセージテンプレートの詳細については、こちらを参照してください)。
    • tableTemplate-2次元の配列を取り、コンテンツを表形式で表示します
    • pieTemplate2次元の配列を取り、コンテンツを円形式で表示します

    次の内容をコピーして、.jsファイル(たとえばfunctionEX.jsなど)として保存します。

    function tableTemplate(data){ var message = { "type": "template", "payload": { "template_type": "mini_table", "layout": "vertical", "text":"Monthly Balance Statement", "elements": [] } }; for (i=0; i < data.length; i++) { var j=0; var element = { "primary":[[data[i][j]],[data[i][j+1],"right"]], "additional":[[data[i][j+2],data[i][j+3]],[data[i][j+4],data[i][j+5]]] }; message.payload.elements.push(element); } return JSON.stringify(message); }; function pieTemplate(data){ var message = { "type": "template", "payload": { "template_type": "piechart", "pie_type": "regular", "text": "Monthly Expense Report", "elements": [] } }; for (i=0; i < data.length; i++) { var element = { "title": data[i][0], "value": data[i][1] }; message.payload.elements.push(element); } return JSON.stringify(message); };

導入

  1. バンキングBotを開く
  2. 設定 -> 構成設定からBot関数セクションを選択します。
  3. インポートをクリックすると、「カスタムスクリプトのインポート」ウィンドウが開きます。
  4. 「前提条件」セクションから保存したスクリプトファイルをドラッグアンドドロップするか参照して、インポートをクリックします。
  5. 成功メッセージが表示されたら、完了をクリックします。
  6. スクリプトファイルを使用する準備が整いました。
  7. Botタスクページを開き、月次報告書という名前の新しいダイアログタスクを作成します。
    1. 口座番号口座タイプを取得するエンティティを追加します。
    2. 理想的には、毎月の残高の詳細を取得するためのサービスコールが必要です。ここでは、デモンストレーションの目的で静的な値を使用します。
    3. スクリプトノードを追加し、次の内容を入力します(1月、2月、3月の残高を格納する配列を宣言しています)。 context.monthlyBal = [["Jan",100],["Feb",200],["Mar", 300]];
    4. メッセージノードを追加して、以前に宣言したBot関数にこのデータを送信し、レポートを取得します。
      • Botの応答セクションから応答の管理をクリックします。
      • Bot応答を追加しウェブ/モバイルクライアントチャネルとして選択し、JavaScriptタブに切り替えて、次のコードを入力して値を表形式で表示します。 var info = context.monthlyBal; print(tableTemplate(info));
    5. 別のメッセージノードを追加して、以前に宣言したBot関数にこのデータを送信し、レポートを取得します。
      • Botの応答セクションから応答の管理をクリックします。
      • Bot応答を追加しウェブ/モバイルクライアントチャネルとして選択し、JavaScriptタブに切り替えて、次のコードを入力して値を円グラフで表示します。 var info = context.monthlyBal; print(pieTemplate(info));
  8. ダイアログタスクを閉じて、Botタスクページに戻ります。
  9. 「クレジットカード明細書」という名前の新規ダイアログタスクを作成します。
    1. 口座番号を取得するエンティティを追加します。
    2. 理想的には、毎月の支出の値を取得するためのサービスコールが必要です。ここでは、デモンストレーションの目的で静的な値を使用します。
    3. スクリプトノードを追加し、次の内容を入力します(すべての月の支出値を繰り越す配列を宣言しています)。 context.monthlyExpenses = [["Jan",100],["Feb",200],["Mar", 300],["Apr",100],["May",400],["June", 500],["Jul",100],["Aug",200],["Sept", 300],["Oct",100],["Nov",100],["Dec", 300]];
    4. メッセージノードを追加して、以前に宣言したBot関数にこのデータを送信し、レポートを取得します。
      • Botの応答セクションから応答の管理をクリックします。
      • Bot応答を追加しウェブ/モバイルクライアントチャネルとして選択し、JavaScriptタブに切り替えて、次のコードを入力して値を円グラフで表示します。ご覧のとおり、前のダイアログタスクで呼び出されたものと同じ関数を使用しています。 var info = context.monthlyExpenses; print(pieTemplate(info));
  10. ダイアログタスクを終了します。
  11. Botに話しかけ、両方のダイアログを試してみましょう。このように、同じ関数を使用して複数の場所にレポートを表示できます。

このページの内容

メニュー