チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Bot Building
  5. Dialog Task
  6. プロンプトエディタ

プロンプトエディタ

ダイアログビルダーでエンティティ、確認、メッセージノードを作成した後、Kore.ai では以下のようなことができます:

  • エンドユーザーに表示されるデフォルトのメッセージやユーザープロンプトを変更する。
  • 新しいプロンプトやメッセージを追加する。
  • チャネル固有のプロンプトやメッセージを追加する。

プロンプトのタイプ

ダイアログタスクは2種類のユーザープロンプトをサポートしています:

  • 標準:ダイアログビルダーでノードを追加するときに定義されるプロンプトが標準プロンプト、つまりデフォルトプロンプトです。ノードに対して複数の標準プロンプトが定義されている場合、プラットフォームはエンドユーザーに表示するプロンプトをランダムに選択します。
  • チャネル固有:オプションで、メールアドレス、SMS、Twitter などの特定のチャネルのユーザープロンプトを定義できます。数字のスライダー、日付と時間のピッカー、範囲セレクターなど、チャネルに応じて異なるウィジェットを使用することができます。

プロンプトエディタ

プロンプトエディタは3つのタブを使用して、以下の機能を提供します:

  • シンプル: ユーザープロンプトを定義してフォーマットするための基本的なエディタコントロールとHTML。テキストを入力し、太字、斜体、ヘッダースタイル、ハイパーリンク、順序付きリストと順序なしリスト、行の挿入のためのボタンを使用してフォーマットします。
  • JavaScript: ユーザープロンプトを定義、フォーマット、レンダリングするための高度なJavaScriptエディタ。
  • プレビュー: エンドユーザーに表示されるマークアップ付きのレンダリングされた出力メッセージのサンプルを表示します。

以下は、天気 API からのレスポンスをカスタム形式でユーザーに提示するフライト予約ボットからのJavaScript メッセージです:

ユーザープロンプトの設定

エンティティノード、確認ノード、またはメッセージノードのコンポーネントプロパティペインから、プロンプトやボットメッセージを追加または編集することができます。
エンティティノードと確認ノードの場合はプロンプトを参照し、メッセージノードの場合はレスポンスを参照します。

  1. ダイアログタスクビルダーで、プロンプトまたは応答を設定するノードをクリックします。
  2. コンポーネントプロパティタブのユーザープロンプト (またはボット応答) セクションで、プロンプトの管理 (または応答の管理)をクリックします。
    注意: デフォルトのサンプルメッセージをテキスト編集する場合は、プロンプトの管理 (または応答の管理)

    をクリックせずに、テキストボックスで直接メッセージを変更してEnterキーを押します。
  3. 次のようなことをしてみてください:
    1. コンテキストオブジェクト変数javascriptコードを追加してデフォルトのサンプルメッセージを編集するには、サンプルメッセージをクリックします。メッセージエディタが開きます。
    2. 新しいプロンプトメッセージを追加するには、プロンプトメッセージの追加/プロンプトの管理をクリックします。 メッセージエディタが開きます。
  4. チャネルのドロップダウンリストでは、すべてのチャネルがデフォルト値です。チャネル固有のメッセージを作成するには、リストからチャネルを選択します。
  5. メッセージエディタでは、プレーンテキストタブがデフォルトで選択されています。Javascriptメッセージを作成したい場合は、JavaScriptタブをクリックしてください。

    注意:{{variable brackets}}をつけて、保存されているコンテキスト変数を使用することができます。例: 「こんにちは {{context.session.UserContext.firstName}}。ご用件をどうぞ。
  6. メッセージを作成し、保存をクリックします。

さらにボットの応答を追加するには、ステップ2b から繰り返します。

プレーンテキストのプロンプト

エディタのプレーンテキストタブを使用して、基本的なエディタのコントロールとHTMLを使用したユーザープロンプトを作成できます。テキストを入力し、太字、斜体、ヘッダースタイル、ハイパーリンク、順序付きリストと順序なしリスト、行の挿入などの書式設定ボタンを使用してテキストを書式設定することができます。

プレーンテキストタブは以下のマークアップをサポートしています:

マークダウン 出力
#h1 見出し 1
#h2 見出し 2
#h3 見出し 3
#h4 見出し 4
#h5 見出し 5
#h6 見出し 6
“`こんにちは“`
*ボールド* ボールド
~イタリック~ イタリック
[リンク](http://www.google.com) Link
![イメージ](https://kbob.github.io/images/sample-4.jpg)
注文
1. これは 1
2. これは 2
注文

  1. これは 1
  2. これは 2
バレット
* これは 1
* これは 2
バレット

  • これは 1
  • これは 2
こんにちは!これは >>意図されたものです
これはライン ___ これはライン ___

Javascript プロンプトまたはレスポンス

プロンプトエディタのJavaScriptタブで、システム変数とセッション変数を使用して、ユーザープロンプトメッセージを処理するためのカスタムコードを追加することができます。以下は、ある場所の天気予報を表示するサンプルコードです:

var loc=context.weatherapi.response.body.query.results.channel.item.condition.text.toLowerCase(); 
print(“詳細はこちら:”); 
if(loc.indexOf(“快晴"")>=0) 
{ 
print(‘外は快晴です。'); 
} 
 else if(loc.indexOf(“晴れ”)>=0) 
{ 
    print(“外は晴れています”); 
} 
else if(loc.indexOf(“曇り”)>=0) 
{ 
    print(“どんよりした曇り空です”); 
} 
else if (loc.indexOf(‘雪')>=0) 
{ 
    print('雪空です'); 
} 
else if(loc.indexOf(‘雨')>=0) 
{ 
print('はい、雨模様です。'); 
} 
else if(loc.indexOf('そよ風')>=0) 
{ 
    print(“そこはそよ風が吹いています。”); 
} 
else if(loc.indexOf(‘風')>=0) 
{ 
     print(“そこは強い風が吹いています”); 
} 
else if(loc.indexOf('にわか雨)>=0) 
{ 
    print(“外はにわか雨です。”); 
} 
print("Weather condition: " + context.weather +"\n"); 
print("Updated at: " + context.lastupdate+"\n"); 
print("Temperature: " + context.temp+"\n"); 
print("Wind: " + context.wind+"\n"); 
print("Pressure: " + context.pressure+"\n"); 
print("Visibility: " + context.humidity+"\n"); 
print("Humidity: " + context.visibility+"\n");

詳細はタスクでのセッション変数とコンテキスト変数の使用をご覧ください

プロンプトまたはレスポンスのプレビュー

プレビュータブでは、マークアップでエンドユーザーに表示されるレンダリングされた出力メッセージのサンプルを見ることができます。コンテキスト変数を含むコードの出力をレンダリングするには、それらを定義するタブの キー ボックスを使用して、プレビュー用の有効なサンプル出力をレンダリングします。

チャネル固有のユーザープロンプト

デフォルトでは、ダイアログタスクはすべてのチャネルに対して標準的なユーザープロンプトを設定します。しかし、デフォルト レスポンスの代わりに、1つ以上のチャネルに対して特定のレスポンスを定義して、そのチャネルのエンドユーザーに表示することができます。
チャネル固有のレスポンスを定義するには、例えば Kore.ai のようにチャンネルを選択し、必要に応じて JavaScript タブでユーザー プロンプトを定義します。各チャネルに対して 1 つのレスポンスのみ定義できます。

注意: 以下の既定値を返すには、以下のキーを使用します。
response.message – デフォルトのメッセージを文字列で返します。
response.message.choices – オプションの選択肢や確認メッセージの種類を配列で返します。

  • Slackチャネルのオーバーライドの例
    var message = {};
    var attachments = [];
    var attachment = {
        'text': "API 実行中に例外が発生",
        'color': '#FFCC00',
        'attachment_type': ‘デフォルト'
    };
    attachments.push(attachment);
    message.attachments = attachments;
    print(JSON.stringify(message));
  • Facebookチャネルの上書き例
    var message = {
        text: response.message
    };
    var buttons = [];
    for (var i = 0; i < response.choices.length; i++) {
        var choiceItem = response.choices[i];
        if (choiceItem.length > 20) {
            choiceItem = choiceItem.substring(
                0, 18) + '..';
        }
        var element = {
            content_type: 'text',
            title: choiceItem,
            payload: choiceItem
        };
        buttons.push(element);
    }
    message.quick_replies = buttons;
    print(JSON.stringify(message));
  • Email Channel Override Example
    var message = {};
    var text = response.message + ' <br> ';
    for (var i = 0; i < response.choices.length; i++) {
        text = text.concat(
            '<u> + response.choices[i] + ' <
            /u> <br>');
        }
        message.text = text;
        print(JSON.stringify(message));
  • SMSチャネルのオーバーライドの例
    var message = {};
        var indexArray = ['a', 'b', 'c',
            'd', 'e',
            'f', 'g', 'h', 'i', 'j',
            'k', 'l', 'm', 'n', 'o',
            'p', 'q', 'r', 's', 't',
            'u', 'v', 'w', 'x', 'y',
            'z'
        ];
        var text = response.message + '\n';
        for (var i = 0; i < response.choices
            .length; i++) {
            text = text.concat(indexArray[i] +
                ') ' + response.choices[
                    i] + '\n');
        }
        message.text = text;
        print(JSON.stringify(message));
メニュー