チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク (英語)
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック (英語)
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者 (英語)
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. How Tos
  5. デジタルフォームの設定方法

デジタルフォームの設定方法

このハウツーでは、ユーザーが追加の口座を作成できるバンキングBotのシナリオについてご説明します。ここでは、デジタルフォームを使用してユーザーから必要となるすべての情報を収集し、口座を作成する方法を見ていきます。デジタルフォームとは何か、またKore.aiのBotプラットフォームにどのように実装されているかについての詳細は、こちらを参照してください

例題

以下のシナリオに取り組むバンキングBotを検討します。

  1. すでに登録済みのユーザーが追加の口座を開設したいと考えています。
  2. 利用可能な口座には3つのタイプがあり、それぞれに追加のオプションがあります。
    • 普通預金口座
    • キャッシュカードを選択して最小残高を設定するオプションを備えた当座預金口座
    • プラチナ、ゴールド、シルバー、ベーシックからいずれかを選択できるクレジットカード

Pre-requisites

  • Botビルドナレッジ
  • バンキングBot

設定

次の各シナリオを1つずつ考えてみましょう。

  1. ユーザーからの入力を収集するデジタルフォーム
  2. ダイアログタスク:
    1. 上記のデジタルフォームをトリガーします
    2. ユーザーが入力した口座情報を取得します

デジタルフォームの設定

次の情報を収集するためのフォームを作成します。

  • 口座名-ユーザーの名前が事前に入力されていますが、変更することもできます。
  • ユーザーが作成する口座のタイプ。デフォルトでは普通預金口座が選択されています。
  • 上記で選択した口座のタイプに基づいて、次の詳細事項が収集されます。
    • 普通預金-これ以上の情報は必要ありません。
    • 当座預金-キャッシュカードが必要かどうかの情報。必要な場合、カードに適用される最大引き出し限度額($100~$1,000の範囲)。
    • クレジットカード-必要なカードのタイプ
      • プラチナカード(追加料金が必要となります)
      • ゴールドカード
      • シルバーカード
      • ベーシックカード

フォームの作成

  1. Kore.aiのBotビルダープラットフォームから、バンキングBotを開きます。
  2. 左側のナビゲーションメニューから、Botタスク -> デジタルフォームを選択し、デジタルフォームページにアクセスします。
  3. 新しいフォームをクリックし、次の内容を入力します。
    1. 名前-フォームにOpenAccountなどの名前を付けます。
    2. 表示名-フォームの表示名については口座開設などとします。
    3. 説明-フォームの説明を入力します。
  4. 保存および続行を行い、次のステップに進みます。

フォームエディタ

  1. フォームエディタを開くと、左側にコンポーネントが配置され、空白のフォームが表示されます。必要に応じて、コンポーネントをフォームにドラッグアンドドロップすることができます。
  2. デフォルトでは、フォームに送信ボタンが追加されています。これにより送信イベントがトリガーされ、ユーザー入力をキャプチャし、コンテキストオブジェクトに保存されます。
  3. テキストフィールドコンポーネントをフォームにドラッグアンドドロップします。
  4. コンポーネントをドラッグアンドドロップするとすぐに、そのプロパティの設定パネルが表示されます。
  5. そのパネルで、次の値を設定します。
    • 表示名 名前などとします。
    • 名前は内部参照に使用されますので、口座名などとします。
    • 説明-フィールドの説明を入力します。
    • プレースホルダーは、空白の場合にフィールドに表示される値となります。口座名義人の名前を入力などのように設定します。
    • スクロールしてデータ設定を探し、デフォルト値{{context.session.UserContext.firstName}}を入力します。これにより、ログイン資格情報に基づいてユーザーコンテキストに表示されるユーザー名がフィールドに事前入力されます。

  1. 次は、開設する口座のタイプを選択するボックスについてです。
  2. ドロップダウンコンポーネントをフォームにドラッグアンドドロップして、次の値を設定します。
    • 表示名 タイプなどとします。
    • 名前は内部参照に使用されますので、口座タイプなどとします。
    • 説明-フィールドの説明を入力します。
    • プレースホルダーは、空白の場合にフィールドに表示される値となります。開設する口座の種類を選ぶなどのように設定します。
    • スクロールしてデータ設定を探し、複数選択オプションの選択を解除します。ドロップダウンの値に対して値の追加をクリックして、当座預金、普通預金、クレジットカードの値を入力します。1つの値普通預金をデフォルトとしてマークすることができます。これを行うことで、実行時にデフォルトで選択されます。

  1. 次に、口座タイプが当座預金口座として選択されている場合のキャッシュカードオプションについてご説明します。
  2. 切り替えボタンコンポーネントをフォームにドラッグアンドドロップして、次の値を設定します。
    • 表示名キャッシュカードなどとします。
    • 名前は内部参照に使用されますので、キャッシュカードなどとします。
    • 説明-フィールドの説明を入力します。この場合では、キャッシュカードが必要ですか?という質問になります。
    • については、選択した場合ははい、選択解除されている場合はいいえとなります。
    • スクロールして表示設定を探します。このコンポーネントは、口座タイプが当座預金に設定されている場合にのみ表示されます。
      • 表示ルール – ルール1フィールドを表示に設定して、口座タイプフィールド、=(Equal To)オペレーター、当座預金の値を選択します。

  1. ユーザーがキャッシュカードを選択した場合、引き出し限度額も同様に設定する必要があります。
  2. 範囲スライダーコンポーネントをフォームにドラッグアンドドロップして、次の値を設定します。
    • 表示名引き出し限度額などとします。
    • 名前は内部参照に使用されますので、引き出し限度額などとします。
    • 説明-フィールドの説明を入力します。
    • プレースホルダーは、空白の場合にフィールドに表示される値となります。引き出し限度額の設定などのように設定します。
    • パーセンテージを選択解除します。
    • を、最小値に100、最大値に1000と指定します。
    • データ設定で、デフォルト値を150と設定することができますが、こちらは事前に選択されています。
    • 表示ルールでは複合ルールとなり、口座タイプが当座預金およびキャッシュカードに選択されています。
    • スクロールして表示設定を探します。このコンポーネントは、口座タイプが当座預金に設定され、キャッシュカードが選択されている場合にのみ表示されます。
      • 表示ルール – ルール1フィールドを表示に設定して、口座タイプフィールド、=(Equal To)オペレーター、当座預金の値を選択し、ANDを押して、キャッシュカードフィールド、=(Equal To)オペレーター、はいを選択します。
      • 詳細モードに切り替えて、表示ルールを入力することができます。

  1. クレジットカードのオプションでは、さらにカードのタイプを選択する必要があります。
  2. ラジオボタンコンポーネントをフォームにドラッグアンドドロップして、次の値を設定します。
    • 表示名 カードタイプなどとします。
    • 名前は内部参照に使用されますので、カードタイプなどとします。
    • 説明-フィールドの説明を入力します。
    • プレースホルダーは、空白の場合にフィールドに表示される値となります。クレジットカードのタイプを選択などのように設定します。
    • データ設定では、ラジオ値プラチナ、ゴールド、シルバー、ベーシックに設定することができます。
    • スクロールして表示設定を探します。このコンポーネントは、口座タイプがクレジットカードに設定されている場合にのみ表示されます。
      • 表示フラッグをはいに設定します。
      • 表示ルール – ルール1フィールドを表示に設定して、口座タイプフィールド、=(Equal To)オペレーター、クレジットカードの値を選択します。

  1. 最後に、ユーザーがプラチナカードを選択したときのPro-Tipについてご説明します。
  2. Pro Tipコンポーネントをフォームにドラッグアンドドロップして、次の値を設定します。
    • 表示名Platinum Tipなどとします。
    • 名前は内部参照に使用されますので、platinumtipなどとします。
    • 説明は表示したいヒントになりますので、追加料金の適用などとします。
    • スクロールして表示設定を探します。このコンポーネントは、口座タイプがクレジットカードに設定されている場合にのみ表示されます。
      • 表示フラッグをはいに設定します。
      • 表示ルール – ルール1フィールドを表示に設定して、口座タイプフィールド、=(Equal To)オペレーター、クレジットカードの値を選択し、ANDを押して、カードタイプフィールド、=(Equal To)オペレーター、プラチナを選択します。

  1. フォームの準備ができました。
  2. デスクトップ表示とモバイル表示を切り替えて、それぞれのデバイスでどのように表示されるかを確認できます。
  3. テストボタンを使用して、プレビュー画面を確認します。

ダイアログタスクの設定

ここではダイアログタスクを作成し、フォームノードを追加して、上記のステップで作成したデジタルフォームをトリガーします。サービスノードを使用してサービスコールを行ってフォームデータから新しい口座を追加していきます。

ダイアログタスクの作成

  1. 左のナビゲーションメニューからBotタスク -> ダイアログタスクを選択します。
  2. ダイアログタスクに対して+をクリックして、新しいタスクを作成します。
    • IntentNameOpenAccountなどとします。
    • 作成および続行して、ダイアログビルダーページを開きます。
  3. インテントノードのデフォルト設定を保持し、インテントノードを閉じます。
  4. インテントノードの横にある+をクリックし、フォームオプションを選択します。
  5. ドロップダウンリストから先ほど作成した(OpenAccount)フォームを選択します。
  6. フォームエクスペリエンスを選択する画面が表示されます。Kore.aiのBotプラットフォームを使用することで、フォームからの入力およびチャネルに基づいた会話の両方を通じて、ユーザー入力を収集できます。
  7. このユースケースでは、フォームUIのみエクスペリエンスを選択しましょう。
  8. フォームノードが追加され、フォーム名などをカスタマイズできるようになります。
  9. ここでは、名前OpenAccountFormに、表示名口座の開設へのフォームに変更します。
  10. 次に、スクリプトノードを使用してフォームノードから返された値を取得し、表示する方法を説明いたします。
  1. フォームノードにメッセージノードを追加します。
  2. 名前FormMessageに設定し、表示名フォームメッセージに設定します。
  3. 応答の管理をクリックしてメッセージエディタを開きます。
  4. JavaScriptタブを選択して、次のコードを入力します。このコードは、ユーザーがフォームに送信したデータをコンテキストオブジェクトから取得し、それに応じて表示するものです。
    var message; message = 'You have opened a '+context.forms.OpenAccount.accounttype+' account in the name of '+context.forms.OpenAccount.accountname; if (context.forms.OpenAccount.accounttype == 'Checkings' && context.forms.OpenAccount.cashcard == 'Yes') message = message + ' and opted for cash card with withdrawal limit set to '+ context.forms.OpenAccount.withdrawallimit; if (context.forms.OpenAccount.accounttype == 'Credit Card') message = message + ' and opted for a '+ context.forms.OpenAccount.cardtype+' card'; print(message);

  5. フォームとのダイアログの準備ができました。
  6. Botに話しかけて上記のダイアログをトリガーします。フォームが表示されますので、値を入力して「送信」をクリックするとメッセージが表示されます。
  7. 上記のようなコンテキストオブジェクトは、スクリプトサービスノードでさらなる処理のために使用することができます。
  8. このデータをデータテーブルに追加する方法については、こちらをご覧ください

結論

この投稿では、以下を確認しました。

  • デジタルフォームの作成方法
  • フォームへのコンポーネントの追加
  • ダイアログからフォームをトリガーする方法
  • ダイアログの送信後にフォームのデータを取得する方法
メニュー