はじめに
対話型AIプラットフォーム
チャットボットの概要
自然言語処理(NLP)
ボットの概念と用語
クイックスタートガイド
プラットフォームへのアクセス
ボットビルダーの操作
リリースノート
最新バージョン(英語)
以前のバージョン(英語)
廃止機能(英語)
コンセプト
設計
ストーリーボード
ダイアログタスク
ダイアログタスクとは
ダイアログビルダー
ノードタイプ
インテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
フォームノード
確認ノード
ロジックノード
ボットアクションノード
サービスノード
Webhookノード
スクリプトノード
グループノード
エージェント転送ノード
ユーザープロンプト
音声通話プロパティ
イベント ハンドラー
ナレッジグラフ
ナレッジグラフの抽出
ナレッジグラフの構築
ボットにナレッジグラフを追加
グラフの作成
ナレッジグラフの構築
既存のソースからFAQを構築
通知タスク
スモールトーク
デジタルスキル
デジタルフォーム
デジタルビュー
デジタルビューとは
パネル
ウィジェット
トレーニング
トレーニングとは
機械学習
機械学習とは
モデル検証
ファンダメンタルミーニング
ナレッジグラフ
示唆
ランキングおよび解決
NLPの詳細設定
NLPのガイドライン
インテリジェンス
インテリジェンスとは
コンテキスト
コンテキストインテント
割り込み
複数インテントの検出
エンティティの変更
デフォルトの会話
センチメント管理
トーン分析
テストとデバッグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話テスト
デプロイ
チャネル
公開
分析
ボットの分析
NLPメトリクス
会話フロー
Usage Metrics
封じ込め測定
カスタムダッシュボード
カスタムダッシュボードとは
メタタグ
カスタムダッシュボードとウィジェット
LLM and Generative AI
Introduction
LLM Integration
Kore.ai XO GPT Module
Prompts & Requests Library
Co-Pilot Features
Dynamic Conversations Features
ユニバーサルボット
ユニバーサルボットとは
ユニバーサルボットの定義
ユニバーサルボットの作成
ユニバーサルボットのトレーニング
ユニバーサルボットのカスタマイズ
他言語の有効化
ストア
プラントと使用
Overview
Usage Plans
Support Plans
Invoices
管理
ボット認証
複数言語対応ボット
個人を特定できる情報の編集
ボット変数の使用
IVRのシステム連携
一般設定
ボット管理
ハウツー
会話スキルの設計
バンキングボットを作成
バンキングボット – 資金の振り替え
バンキングボット – 残高を更新
ナレッジグラフを構築
スマートアラートの予約方法
Integrations
Actions
Actions Overview
Asana
Configure
Templates
Azure OpenAI
Configure
Templates
BambooHR
Configure
Templates
Bitly
Configure
Templates
Confluence
Configure
Templates
DHL
Configure
Templates
Freshdesk
Configure
Templates
Freshservice
Configure
Templates
Google Maps
Configure
Templates
Here
Configure
Templates
HubSpot
Configure
Templates
JIRA
Configure
Templates
Microsoft Graph
Configure
Templates
Open AI
Configure
Templates
Salesforce
Configure
Templates
ServiceNow
Configure
Templates
Stripe
Configure
Templates
Shopify
Configure
Templates
Twilio
Configure
Templates
Zendesk
Configure
Templates
Agents
Agent Transfer Overview
Custom (BotKit)
Drift
Genesys
Intercom
NiceInContact
NiceInContact(User Hub)
Salesforce
ServiceNow
Configure Tokyo and Lower versions
Configure Utah and Higher versions
Unblu
External NLU Adapters
Overview
Dialogflow Engine
Test and Debug
デジタルスキルの設計
デジタルフォームの設定方法
デジタルビューの設定方法
データテーブルのデータの追加方法
データテーブルのデータの更新方法
Add Data from Digital Forms
ボットのトレーニング
示唆の使用方法
インテントとエンティティのパターンの使用方法
コンテキスト切り替えの管理方法
ボットのデプロイ
エージェント転送の設定方法
ボット関数の使用方法
コンテンツ変数の使用方法
グローバル変数の使用方法
ボットの分析
カスタムダッシュボードの作成方法
カスタムタグを使ってフィルタリング
Data
Overview
Data Table
Table Views
App Definitions
Data as Service
Build a Travel Planning Assistant
Travel Assistant Overview
Create a Travel Virtual Assistant
Design Conversation Skills
Create an ‘Update Booking’ Task
Create a Change Flight Task
Build a Knowledge Graph
Schedule a Smart Alert
Design Digital Skills
Configure Digital Forms
Configure Digital Views
Train the Assistant
Use Traits
Use Patterns
Manage Context Switching
Deploy the Assistant
Use Bot Functions
Use Content Variables
Use Global Variables
Use Web SDK
Build a Banking Assistant
Migrate External Bots
Google Dialogflow Bot
APIs & SDKs
API Reference
API Introduction
Rate Limits
API List
koreUtil Libraries
SDK Reference
SDK Introduction
How the Web SDK Works
SDK Security
SDK Registration
Web Socket Connect and RTM
  1. ホーム
  2. Docs
  3. Virtual Assistants
  4. Bot Administration
  5. ボット 管理者の分析

ボット 管理者の分析

[分析] モジュールでは、イベントのユーザー日時説明などの属性を持つ、すべての管理タスクの履歴が表示されます。[監査報告書] ページを確認して、管理者ユーザー、カスタム管理者およびログオン、ログオフ、システム設定の変更などのユーザー イベントを分析できます。以下の図は、[監査報告書] ページを表示した[分析] モジュールの例を示したものです。

システムおよびユーザー イベントの表示

[分析] モジュールでの Kore.ai ボット 管理者コンソールの [監査報告書] ページでは、Kore.ai システムおよびユーザーが生成したイベントを確認することができます。たとえば、システムが生成するイベントとして、定期的に行われる Microsoft® Active Directory® Sync があります。ユーザー生成イベントの例としては、新しいユーザーが追加されたことが挙げられます。v8.1 をリリース後は、パブリック API を使用した際の変更点も取得されます。例えば、API などを使用したロールのインポートなど。 [監査報告書] ページのフィルターを使用して、イベントのカテゴリー、イベント、期間を選択し、必要に応じてイベントをドリルダウンおよびフィルターできます。Kore.ai の監査レポートには、システム問題のトラブル シューティングや Kore.ai のサービス リクエストを作成する際に役立つエラー メッセージも記載されています。

検索フィールドの使用

管理者コンソール テーブルのエントリのリストは、たとえばユーザーのリストなど、会社の規模によっては非常に大きくなる場合があります。1 人以上の特定のユーザーまたはグループを検索するには、検索フィールドに少なくとも 3 文字を入力して、 入力時検索を開始します。

注意: 検索クエリ内の検索語数は無制限ですが、各検索語の最初の 20 文字を越えるものを使用すると、検索結果は返されません。

すべてのエントリを表示するには、[検索] フィールドをクリアしてから、[Enter] キーを押します。

フィルター オプション

イベントのリストは、日付範囲、ユーザー/アプリ、カテゴリーおよび名前別で絞り込めます。日付フィルターは、以下のように設定できます。

  • 過去 24 時間 – デフォルト選択;
  • 過去 7 日間、または
  • 開始日と終了日を選択して、カスタム範囲を設定します。

イベント フィルターの設定は、[フィルター] ボタンをクリックしてから設定します。

    • [ユーザー名/アプリ名] フィールドを設定することで、特定のユーザーや特定のアプリで発生したイベントを絞り込むことができます。
    • [イベント カテゴリー] フィールドを選択して、すべてのイベントを表示するか、ドロップダウンリストから特定のカテゴリーを選択することができます。
    • 選択した [イベントカテゴリー] フィールドに基づいて、イベント名フィルターですべてまたは特定のイベントを名前で選択できます。

エクスポート オプション
  • [エクスポート] アイコンを使用して、 CSV 形式で監査報告書をエクスポートできます。
レコードの詳細

任意の [エントリ]をクリックして、以下に示すものに関する詳細を表示できます。

監査報告書の詳細

監査レポートは、イベントカテゴリーとイベント名で分類されています。以下の表は、これらのカテゴリーと、それぞれのカテゴリーに該当するものについての簡単な説明です。

イベント タイプ イベントの説明
ユーザー作成 ユーザー アカウントが作成された時
ユーザー変更 ユーザー プロファイルが更新された時
ユーザー削除 ユーザー アカウントが削除された時
グループの作成 グループが作成された時
グループの更新 グループが更新された時
グループの削除 グループが削除された時
グループへのユーザーの追加 ユーザーがグループに追加された時
グループへのグループの追加 グループがグループに追加された時
グループからユーザーの削除 ユーザーがグループから削除された時
グループからグループの削除 グループがグループから削除された時
ユーザーに管理者ロールの割り当て ユーザーに管理者ロールが割り当てられた時
ユーザーの管理者ロールの削除 ユーザーが管理者ロールから外れた時
ユーザーに割り当てられた ボット ロール ユーザーに ボット ロールが割り当てられた時
ユーザーの ボット ロールの削除 ユーザーの ボット ロールが削除された時
ロールの作成 カスタム管理者ロールおよび/または ボット ロールが作成された時
ロールの更新 カスタム管理者ロールおよび/または ボット ロール詳細が更新された時
ロール許可の更新 マスターおよび/またはカスタム管理者ロール、および/または ボット ロール許可が更新された時。
ロールの削除 カスタム管理者ロールや ボット ロールが削除された時
グループにロールを割り当てる グループにマスターおよび/またはカスタム管理者ロール、および/または ボット ロールが割り当てられている時
ユーザーへの ロール割り当て グループにマスターおよび/またはカスタム管理者ロール、および/または ボット ロールが割り当てられている時
ユーザーのロールの削除 ユーザーに対するマスターおよび/またはカスタム管理者ロール、および/または ボット ロールが削除された時
グループのロールの削除 グループに対するマスターおよび/またはカスタム管理者ロール、および/または ボット ロールが削除された時
Kore コネクタの変更 コネクターの詳細が変更された場合
Kore コネクタのステータス コネクタのステータスが変更される時
Kore コネクタの削除 コネクタが削除された時
Kore コネクタ証明書 コネクタ証明書が生成された時
アプリの作成 アプリが作成された時
アプリの変更 アプリに対するクライアント シークレットがリセットされた時
アプリの削除 アプリが削除された時
アプリ スコアの割り当て アプリ スコアが割り当てた時
アプリ スコープの変更 アプリのスコープが変更された時
アプリ スコープの削除 アプリのスコープが削除された時
設定の変更 コンテキスト持続設定が変更された時
ボット デプロイの承認 ボット デプロイ リクエストが承認された時
ボット デプロイの拒否 ボット デプロイ リクエストが拒否された時
ボット デプロイが拒否される デプロイ リクエストおよび/またはエンタープライズ ボット 割り当ての設定が変更された時
ボット タスクの一時停止 タスクが一時停止された時
ボット タスクの起動 タスクがアクティブ化された時
ボット オーナー ボット の ボット オーナーが変更された時
ボット の自動承認 自動承認設定が変更された時
ボット チャネルの変更 ボット のチャネルが有効または無効になった時
ボット タスクの割り当て ユーザー/グループにタスクが割り当てられたり、割り当てが解除されたり、タスクの割り当て設定が変更されたりした時。
ユーザー登録の設定 エンタープライズ ユーザーの自己サインアップ設定が変更された時。
登録リクエストの承認 登録リクエストが承認された時
登録リクエストの拒否 登録リクエストが拒否される
セッションの強制終了 セッションが強制終了された時セッションを強制終了されたユーザーと、セッションを強制終了したユーザーの両方の詳細情報を含みます。
チャット履歴へのアクセス ユーザーがチャット履歴を閲覧した時。また、会話のセッションIDも取得されます。
チャット履歴のダウンロード ユーザーがチャット履歴をダウンロードした時また、会話のセッションIDも取得されます。

チャット履歴の表示

Kore.ai ボット 管理者コンソールの[分析] モジュールにある[ボット チャット履歴] セクションから、デプロイされた ボット のチャット履歴をすべて表示できます。 特定のチャットを表示するには、[チャット]をクリックすると、チャット会話が表示されます。適用される場合は、特定のユーザーの前の会話および次の会話セッションへジャンプできます。

ボット チャット履歴ページの列

列値のリストをソートする場合は、列名の右の [上矢印up-arrow] アイコンまたは [下矢印down-arrow] アイコンをクリックします。次のリストでは、管理者コンソール テーブルに表示されるカラムについて説明します。

説明
ボット 名 チャット内の ボット 名
タイムスタンプ チャットの日時をYYY-MM-DD HH:MM AM/PMで表します。例えば「2015-09-11 02:10 PM」のようになります。これは選択したタイムゾーンで表示されます。
チャネル チャットが発生したチャネル
言語 チャットの言語
ユーザー チャットを開始したユーザー名と ID は、以下のいずれかです。

  • ボット と対話した各一意の訪問者に割り当てられたプラットフォーム(Kore.ai)が生成したユーザー ID。
  • ボット に対して有効になったそれぞれのチャネルが提供する一意のユーザー ID
エクスポート 各チャットを Excel または PDF 形式でエクスポートするオプション

アクション バーについて

このセクションでは、[チャット履歴] ページのアクションバーの管理を説明します。

タイム ゾーン フィールドの使用方法

チャット履歴に対する時刻は、選択したタイムゾーンで表示されます。デフォルトでは、ローカルに設定されていますが、[変更] リンクを使用して、適切なゾーンを選択することで変更できます。

検索フィールドの使用

管理者コンソール テーブルのエントリのリストは、たとえばユーザーのリストなど、会社の規模によっては非常に大きくなる場合があります。1 人以上の特定のユーザーまたはグループを検索するには、[検索] フィールドに少なくとも 3 文字を入力して、 入力時検索を開始します。

注意: 検索クエリ内の検索語数は無制限ですが、各検索語の最初の 20 文字を越えるものを使用すると、検索結果は返されません。

すべてのエントリを表示するには、[検索] フィールドをクリアしてから、[Enter] キーを押します。

タイムスタンプ選択

チャット履歴を取得する必要がある期間を設定します。

  • 7 日間
  • 24 時間 – デフォルト設定
  • カスタム – 開始日と終了日範囲の定義
エクスポート

フィルター オプションの隣の [エクスポート] アイコンを使用して、チャット履歴(セッション)結果を CSV 形式でエクスポートできます。

フィルター

以下の項目に基づいてフィルタリングします。

  • 追跡したい Botの選択、複数の ボット の選択。
  • チャットを開始するユーザーKore 生成のユーザー IDまたはチャネル割り当てユーザー ID。このオプションは前の選択で単一 ボット を選択した場合のみ利用できます。
  • 会話タイプは、以下のいずれかまたは両方になります。
    • 対話型セッション – ユーザーからの 1 つ以上のメッセージを含む会話;
    • 非対話型セッション – ユーザーからのメッセージを含まない会話

    (ver 8.0 で導入)

  • やりとりのチャネル;
  • やりとりの言語;
  • メッセージ、ユーザー、セッション レベルで追加されたメタタグAND 条件に複数のタグフィルターを適用できます。このオプションは少なくとも 1 つの ボット が選択されている場合のみ使用できます。チャット履歴(セッション レベル)のエクスポート ファイルには、適用されるタグの詳細が含まれます。

チャット履歴の詳細

プラットフォームのバージョン8.0のリリースでは、チャット履歴に次の機能が追加され、ユーザー情報が可視化されています。

  • ユーザー プロファイル: ユーザーを360度見渡すことができ、ユーザーの利用状況を測定することができます。
  • ユーザーの会話セッション: 選択した発話セクションを展開して、指定した期間のユーザーのすべてのセッションを一覧表示します。

チャット履歴をクリックして、これらのオプションを確認します。提供されるユーザー情報の詳細は次のとおりです。

機能 属性 説明
ユーザー プロファイル Kore のユーザー ID プラットフォームによって割り当てられたユーザー ID
チャネル データ チャネルから受信したデータ、つまりユーザー コンテキストで利用可能な情報です。
ユーザー メタタグ ユーザーに関連付けられたメタタグの総数と、最新のもののキーと値のペアです。
最新のインタラクション ユーザーが最後にBotとやり取りしたときを指します。
会話セッション総数 時間の初めからユーザーが登録した対話型セッションと非対話型セッションの総数です。
過去 30 日間の会話セッション総数 過去 30 日間にユーザーが登録した対話型セッションと非対話型セッションの総数です。
*過去 30 日間にユーザーとのやり取りがなかった場合、次のいくつかの属性は表示されません
過去 30 日間のインテント検出率 (特定されたインテントの合計/(特定されたインテントの合計 + 未特定の発話の合計))*100(過去 30 日間の発話)
リクエストされたインテント 特定されたインテントの合計 + 未特定の発話の合計
特定されたインテント 特定されたインテントの合計
過去 30 日間の目標達成率 (タスクに成功したタスク/(成功したタスクの合計 + 失敗したタスクの合計))*100(過去 30 日間のタスク)
開始したタスク 成功したタスクの合計 + 失敗したタスクの合計
完了したタスク 正常に完了したタスク
最近の会話フロー 過去 30日間にユーザーが実行した人気の会話フローのトップ 10です。人気のフローは、フローが実行されたインスタンスの数によって決定されます。
ユーザーの会話セッション セッション属性
セッション開始 セッション開始日時です。
セッション終了 セッション終了日時です。
チャネル セッションが開始されたチャネルです。
エージェントへの転送タグ ユーザーがエージェントに転送されたセッションです。ユーザーが ボット に戻った場合でも、セッションを考慮する必要があります。
ドロップオフタグ ユーザーがドロップオフしたセッションです。
合計成功タスク セッションで正常に完了したタスクの数です。
失敗したタスクの合計 セッションで失敗したタスクの数です。
特定されたインテント セッションで正常に特定されたインテントの数です。
未特定のインテント セッションで未確認のインテント数と未確認のインテントのリストです。
会話パス ユーザーがセッションで開始した一連のタスクです。
セッション メタタグ 最新のカスタム メタタグの詳細が表示された状態で使用されたセッション メタタグの数です。
会話のトランスクリプト
メッセージ メタ タグ チャットのトランスクリプトには、メタタグが関連付けられたメッセージのメッセージタグが注釈として付けられます。
エージェントへの転送 転送前の最後のメッセージでのエージェントへの転送ポイントを示します。
ドロップ オフ ドロップオフする前の最後のメッセージでのドロップオフのポイントを示します。

ボット 管理者の分析

[分析] モジュールでは、イベントのユーザー日時説明などの属性を持つ、すべての管理タスクの履歴が表示されます。[監査報告書] ページを確認して、管理者ユーザー、カスタム管理者およびログオン、ログオフ、システム設定の変更などのユーザー イベントを分析できます。以下の図は、[監査報告書] ページを表示した[分析] モジュールの例を示したものです。

システムおよびユーザー イベントの表示

[分析] モジュールでの Kore.ai ボット 管理者コンソールの [監査報告書] ページでは、Kore.ai システムおよびユーザーが生成したイベントを確認することができます。たとえば、システムが生成するイベントとして、定期的に行われる Microsoft® Active Directory® Sync があります。ユーザー生成イベントの例としては、新しいユーザーが追加されたことが挙げられます。v8.1 をリリース後は、パブリック API を使用した際の変更点も取得されます。例えば、API などを使用したロールのインポートなど。 [監査報告書] ページのフィルターを使用して、イベントのカテゴリー、イベント、期間を選択し、必要に応じてイベントをドリルダウンおよびフィルターできます。Kore.ai の監査レポートには、システム問題のトラブル シューティングや Kore.ai のサービス リクエストを作成する際に役立つエラー メッセージも記載されています。

検索フィールドの使用

管理者コンソール テーブルのエントリのリストは、たとえばユーザーのリストなど、会社の規模によっては非常に大きくなる場合があります。1 人以上の特定のユーザーまたはグループを検索するには、検索フィールドに少なくとも 3 文字を入力して、 入力時検索を開始します。

注意: 検索クエリ内の検索語数は無制限ですが、各検索語の最初の 20 文字を越えるものを使用すると、検索結果は返されません。

すべてのエントリを表示するには、[検索] フィールドをクリアしてから、[Enter] キーを押します。

フィルター オプション

イベントのリストは、日付範囲、ユーザー/アプリ、カテゴリーおよび名前別で絞り込めます。日付フィルターは、以下のように設定できます。

  • 過去 24 時間 – デフォルト選択;
  • 過去 7 日間、または
  • 開始日と終了日を選択して、カスタム範囲を設定します。

イベント フィルターの設定は、[フィルター] ボタンをクリックしてから設定します。

    • [ユーザー名/アプリ名] フィールドを設定することで、特定のユーザーや特定のアプリで発生したイベントを絞り込むことができます。
    • [イベント カテゴリー] フィールドを選択して、すべてのイベントを表示するか、ドロップダウンリストから特定のカテゴリーを選択することができます。
    • 選択した [イベントカテゴリー] フィールドに基づいて、イベント名フィルターですべてまたは特定のイベントを名前で選択できます。

エクスポート オプション
  • [エクスポート] アイコンを使用して、 CSV 形式で監査報告書をエクスポートできます。
レコードの詳細

任意の [エントリ]をクリックして、以下に示すものに関する詳細を表示できます。

監査報告書の詳細

監査レポートは、イベントカテゴリーとイベント名で分類されています。以下の表は、これらのカテゴリーと、それぞれのカテゴリーに該当するものについての簡単な説明です。

イベント タイプ イベントの説明
ユーザー作成 ユーザー アカウントが作成された時
ユーザー変更 ユーザー プロファイルが更新された時
ユーザー削除 ユーザー アカウントが削除された時
グループの作成 グループが作成された時
グループの更新 グループが更新された時
グループの削除 グループが削除された時
グループへのユーザーの追加 ユーザーがグループに追加された時
グループへのグループの追加 グループがグループに追加された時
グループからユーザーの削除 ユーザーがグループから削除された時
グループからグループの削除 グループがグループから削除された時
ユーザーに管理者ロールの割り当て ユーザーに管理者ロールが割り当てられた時
ユーザーの管理者ロールの削除 ユーザーが管理者ロールから外れた時
ユーザーに割り当てられた ボット ロール ユーザーに ボット ロールが割り当てられた時
ユーザーの ボット ロールの削除 ユーザーの ボット ロールが削除された時
ロールの作成 カスタム管理者ロールおよび/または ボット ロールが作成された時
ロールの更新 カスタム管理者ロールおよび/または ボット ロール詳細が更新された時
ロール許可の更新 マスターおよび/またはカスタム管理者ロール、および/または ボット ロール許可が更新された時。
ロールの削除 カスタム管理者ロールや ボット ロールが削除された時
グループにロールを割り当てる グループにマスターおよび/またはカスタム管理者ロール、および/または ボット ロールが割り当てられている時
ユーザーへの ロール割り当て グループにマスターおよび/またはカスタム管理者ロール、および/または ボット ロールが割り当てられている時
ユーザーのロールの削除 ユーザーに対するマスターおよび/またはカスタム管理者ロール、および/または ボット ロールが削除された時
グループのロールの削除 グループに対するマスターおよび/またはカスタム管理者ロール、および/または ボット ロールが削除された時
Kore コネクタの変更 コネクターの詳細が変更された場合
Kore コネクタのステータス コネクタのステータスが変更される時
Kore コネクタの削除 コネクタが削除された時
Kore コネクタ証明書 コネクタ証明書が生成された時
アプリの作成 アプリが作成された時
アプリの変更 アプリに対するクライアント シークレットがリセットされた時
アプリの削除 アプリが削除された時
アプリ スコアの割り当て アプリ スコアが割り当てた時
アプリ スコープの変更 アプリのスコープが変更された時
アプリ スコープの削除 アプリのスコープが削除された時
設定の変更 コンテキスト持続設定が変更された時
ボット デプロイの承認 ボット デプロイ リクエストが承認された時
ボット デプロイの拒否 ボット デプロイ リクエストが拒否された時
ボット デプロイが拒否される デプロイ リクエストおよび/またはエンタープライズ ボット 割り当ての設定が変更された時
ボット タスクの一時停止 タスクが一時停止された時
ボット タスクの起動 タスクがアクティブ化された時
ボット オーナー ボット の ボット オーナーが変更された時
ボット の自動承認 自動承認設定が変更された時
ボット チャネルの変更 ボット のチャネルが有効または無効になった時
ボット タスクの割り当て ユーザー/グループにタスクが割り当てられたり、割り当てが解除されたり、タスクの割り当て設定が変更されたりした時。
ユーザー登録の設定 エンタープライズ ユーザーの自己サインアップ設定が変更された時。
登録リクエストの承認 登録リクエストが承認された時
登録リクエストの拒否 登録リクエストが拒否される
セッションの強制終了 セッションが強制終了された時セッションを強制終了されたユーザーと、セッションを強制終了したユーザーの両方の詳細情報を含みます。
チャット履歴へのアクセス ユーザーがチャット履歴を閲覧した時。また、会話のセッションIDも取得されます。
チャット履歴のダウンロード ユーザーがチャット履歴をダウンロードした時また、会話のセッションIDも取得されます。

チャット履歴の表示

Kore.ai ボット 管理者コンソールの[分析] モジュールにある[ボット チャット履歴] セクションから、デプロイされた ボット のチャット履歴をすべて表示できます。 特定のチャットを表示するには、[チャット]をクリックすると、チャット会話が表示されます。適用される場合は、特定のユーザーの前の会話および次の会話セッションへジャンプできます。

ボット チャット履歴ページの列

列値のリストをソートする場合は、列名の右の [上矢印up-arrow] アイコンまたは [下矢印down-arrow] アイコンをクリックします。次のリストでは、管理者コンソール テーブルに表示されるカラムについて説明します。

説明
ボット 名 チャット内の ボット 名
タイムスタンプ チャットの日時をYYY-MM-DD HH:MM AM/PMで表します。例えば「2015-09-11 02:10 PM」のようになります。これは選択したタイムゾーンで表示されます。
チャネル チャットが発生したチャネル
言語 チャットの言語
ユーザー チャットを開始したユーザー名と ID は、以下のいずれかです。

  • ボット と対話した各一意の訪問者に割り当てられたプラットフォーム(Kore.ai)が生成したユーザー ID。
  • ボット に対して有効になったそれぞれのチャネルが提供する一意のユーザー ID
エクスポート 各チャットを Excel または PDF 形式でエクスポートするオプション

アクション バーについて

このセクションでは、[チャット履歴] ページのアクションバーの管理を説明します。

タイム ゾーン フィールドの使用方法

チャット履歴に対する時刻は、選択したタイムゾーンで表示されます。デフォルトでは、ローカルに設定されていますが、[変更] リンクを使用して、適切なゾーンを選択することで変更できます。

検索フィールドの使用

管理者コンソール テーブルのエントリのリストは、たとえばユーザーのリストなど、会社の規模によっては非常に大きくなる場合があります。1 人以上の特定のユーザーまたはグループを検索するには、[検索] フィールドに少なくとも 3 文字を入力して、 入力時検索を開始します。

注意: 検索クエリ内の検索語数は無制限ですが、各検索語の最初の 20 文字を越えるものを使用すると、検索結果は返されません。

すべてのエントリを表示するには、[検索] フィールドをクリアしてから、[Enter] キーを押します。

タイムスタンプ選択

チャット履歴を取得する必要がある期間を設定します。

  • 7 日間
  • 24 時間 – デフォルト設定
  • カスタム – 開始日と終了日範囲の定義
エクスポート

フィルター オプションの隣の [エクスポート] アイコンを使用して、チャット履歴(セッション)結果を CSV 形式でエクスポートできます。

フィルター

以下の項目に基づいてフィルタリングします。

  • 追跡したい Botの選択、複数の ボット の選択。
  • チャットを開始するユーザーKore 生成のユーザー IDまたはチャネル割り当てユーザー ID。このオプションは前の選択で単一 ボット を選択した場合のみ利用できます。
  • 会話タイプは、以下のいずれかまたは両方になります。
    • 対話型セッション – ユーザーからの 1 つ以上のメッセージを含む会話;
    • 非対話型セッション – ユーザーからのメッセージを含まない会話

    (ver 8.0 で導入)

  • やりとりのチャネル;
  • やりとりの言語;
  • メッセージ、ユーザー、セッション レベルで追加されたメタタグAND 条件に複数のタグフィルターを適用できます。このオプションは少なくとも 1 つの ボット が選択されている場合のみ使用できます。チャット履歴(セッション レベル)のエクスポート ファイルには、適用されるタグの詳細が含まれます。

チャット履歴の詳細

プラットフォームのバージョン8.0のリリースでは、チャット履歴に次の機能が追加され、ユーザー情報が可視化されています。

  • ユーザー プロファイル: ユーザーを360度見渡すことができ、ユーザーの利用状況を測定することができます。
  • ユーザーの会話セッション: 選択した発話セクションを展開して、指定した期間のユーザーのすべてのセッションを一覧表示します。

チャット履歴をクリックして、これらのオプションを確認します。提供されるユーザー情報の詳細は次のとおりです。

機能 属性 説明
ユーザー プロファイル Kore のユーザー ID プラットフォームによって割り当てられたユーザー ID
チャネル データ チャネルから受信したデータ、つまりユーザー コンテキストで利用可能な情報です。
ユーザー メタタグ ユーザーに関連付けられたメタタグの総数と、最新のもののキーと値のペアです。
最新のインタラクション ユーザーが最後にBotとやり取りしたときを指します。
会話セッション総数 時間の初めからユーザーが登録した対話型セッションと非対話型セッションの総数です。
過去 30 日間の会話セッション総数 過去 30 日間にユーザーが登録した対話型セッションと非対話型セッションの総数です。
*過去 30 日間にユーザーとのやり取りがなかった場合、次のいくつかの属性は表示されません
過去 30 日間のインテント検出率 (特定されたインテントの合計/(特定されたインテントの合計 + 未特定の発話の合計))*100(過去 30 日間の発話)
リクエストされたインテント 特定されたインテントの合計 + 未特定の発話の合計
特定されたインテント 特定されたインテントの合計
過去 30 日間の目標達成率 (タスクに成功したタスク/(成功したタスクの合計 + 失敗したタスクの合計))*100(過去 30 日間のタスク)
開始したタスク 成功したタスクの合計 + 失敗したタスクの合計
完了したタスク 正常に完了したタスク
最近の会話フロー 過去 30日間にユーザーが実行した人気の会話フローのトップ 10です。人気のフローは、フローが実行されたインスタンスの数によって決定されます。
ユーザーの会話セッション セッション属性
セッション開始 セッション開始日時です。
セッション終了 セッション終了日時です。
チャネル セッションが開始されたチャネルです。
エージェントへの転送タグ ユーザーがエージェントに転送されたセッションです。ユーザーが ボット に戻った場合でも、セッションを考慮する必要があります。
ドロップオフタグ ユーザーがドロップオフしたセッションです。
合計成功タスク セッションで正常に完了したタスクの数です。
失敗したタスクの合計 セッションで失敗したタスクの数です。
特定されたインテント セッションで正常に特定されたインテントの数です。
未特定のインテント セッションで未確認のインテント数と未確認のインテントのリストです。
会話パス ユーザーがセッションで開始した一連のタスクです。
セッション メタタグ 最新のカスタム メタタグの詳細が表示された状態で使用されたセッション メタタグの数です。
会話のトランスクリプト
メッセージ メタ タグ チャットのトランスクリプトには、メタタグが関連付けられたメッセージのメッセージタグが注釈として付けられます。
エージェントへの転送 転送前の最後のメッセージでのエージェントへの転送ポイントを示します。
ドロップ オフ ドロップオフする前の最後のメッセージでのドロップオフのポイントを示します。
メニュー