チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Analyzing Your Bot
  5. 会話フロー

会話フロー

会話フローは、ユーザーの会話履歴を視覚的に表示し、一般的に使用されるタスク、会話を導いた発話、優先パス、使用方法の詳細についてのインサイトを提供します。会話のさまざまな段階でのドロップアウト率を表示することもできます。注意:会話フローは、公開済みのBotとのユーザーとのやりとりでのみ使用できます。

会話フローでは、呼び出されたインテントに基づいたフローを提供します。これにより、Botで使用されている上位のインテントがわかります。注意:この変更内容は、プラットフォームのバージョン7.1で導入されています。バージョン7.1以前では、会話がどのように展開されたかを示すチャットセッションのシーケンシャルフローが利用できます。セッションごとのタスクの表示オプションを切り替えることで、この表示に切り替えることができます。デフォルトの会話フローでは、インテントがセッションの開始時に実行されたか、セッションの途中で実行されたかに関係なく、タスクのインテントがどのように実行されるかを集約して表示します。セッションごとのタスクの表示では、特定の会話セッションでのユーザーの会話履歴全体が順次表示されます。

アクセス

会話フローを確認するには、左側のナビゲーションから分析 -> 会話フローを選択します。上記のように、デフォルトではインテント単位で表示されますが、セッションごとのタスクの表示オプションを切り替えることでセッション単位の表示を選択できます。 任意のノードをクリックすると、タスクのインテントとノードを展開して、ユーザーが通過したさまざまなパスを表示することができます。SmalltalkまたはFAQの場合、同じものが単一ノードで表示されます。

主な機能

主な機能を個別に見ていきましょう。

  • グループ発話-すべてのフローは、会話を開始したユーザーの発話から始まり、さらにそれ以降の対話を示すために展開されます。これらの発話は、ストップワードやエンティティの値を無視して、類似性に基づいてグループ化されます。
  • これらの発話ノードは、次のいずれかのインテントにつながります。
    • 個々のタスクのインテント
    • FAQ
    • スモールトーク
    • ヘルプ
    • 処理されない発話
  • ノードは、さまざまなレベルの会話フローにプロットされた個々のポイントです。ユーザーからの入力が必要なノードのみがグラフ上にプロットされます。グラフにプロットされるノードは次のとおりです。
    • インテントノード
    • エンティティノード
    • 確認ノード
    • ユーザー入力ノード(オンインテント転送を使用)
    • メッセージノード
  • ノードの詳細:各ノードの詳細は次のとおりです。
    • このノードにつながる全ての発話のパーセンテージ。パーセンテージをクリックすることで、このノードをトリガーしたユーザーの発話のリストが表示されます。
    • ノード名は、タスクまたはエンティティ名となり、ノード上にカーソルを合わせると次の詳細が表示されます。
      • 会話およびドロップオフの詳細
      • 応答を見るでは、該当する場合にこのノードに対するユーザーの応答を示します
    • 該当する場合のドロップオフの割合
    • パスインジケータは該当する場合に、2つのノード間のパス上に表示され、次のことを示します。
      • ノード間の移行中にアクセスしたスクリプトまたはサービスノード。
      • 一時停止と再開シナリオの一部として実行されるタスク。
  • チャット履歴では、「ユーザーの発話」ウィンドウから発話をクリックすると、入力(パーセンテージ)または応答情報が表示されます。

フィルター

会話フローは、次の1つまたは複数の基準を使用してフィルタリングすることができます。

  • 日付期間-デフォルトでは過去7日間に設定されています。24時間に変更することができます。カスタム オプションを使用して開始日と終了日を設定し、カレンダーから日付を選択することもできます。
  • 言語-多言語Botの場合、表示されるドロップダウンリストから1つまたは複数の言語を選択することで、会話フローをフィルタリングできます。デフォルトではすべての言語となっています。
  • チャンネル-Botが公開済みのチャネルを1つまたは複数選択すると、ユーザーが使用したチャネルに基づいてフローをフィルタリングすることができます。デフォルトではすべてのチャンネルとなっています。
  • カスタムタグ-Botにメタ/カスタムタグを追加した場合は、それに基づいてフィルタリングすることができます。これには、会話をフィルタリングするタグ名とタグの値を選択する必要があります。デフォルトではタグは選択されていません。

このページの内容

メニュー