チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク (英語)
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック (英語)
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者 (英語)
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Advanced Topics
  5. Universal Bot
  6. Universal Bots

Universal Bots

Kore.ai’s Universal Bots facilitate a scalable, modular approach to Bot building by helping you link several Bots into one.

Universal Bot is a container bot that can be linked with one or more Standard Bots. When a user interacts with the Universal Bots, it routes the user utterance to the appropriate linked bot for intent detection or task fulfillment.

Note: A universal Bot doesn’t own the linked bots, but it interprets the user utterances and maps them to the correct linked bots. The changes that you make to a linked bot task from inside the universal bot, such as training the task, are saved directly to the linked bot. Also, you cannot create any task for the universal bots except for customizing a default dialog task that gets created automatically with every universal bot.

Highlights

  • The universal bot acts as a single interface for the Bot users of an enterprise, across business lines or products or services.
  • Standard bots that aim to meet a specific purpose can be built independently and then be associated with a Universal bot by linking them to the Universal Bot.
  • The developer can view and analyze all user interactions from within the Universal bot and also train the respective bots with additional training data.
  • The developer can train the Universal bot for identifying the relevant bots from a user utterance, using the ranking and disambiguation model. Universal Bot can be trained in three aspects:
    • Using example utterances like the Machine Learning model. This would help identify a set of linked bots as possible matches to the user utterance.
    • Invocation Names that would identify a specific linked bot from the user utterance.
    • Invocation Phrases that would identify a specific intent in a specific bot from the user utterance.
      Refer here to know more about training a Universal Bot.
  • This trained Universal Bot can then be published so that when the end-users interact with Universal bot, it will perform intent recognition across all linked bots to understand the user’s intent and engage the appropriate bot to perform the task.
  • In the case of ambiguity in identifying an appropriate bot or task, a sub-dialog is initiated to obtain confirmation from the user.
  • Universal bots also provide a  Fallback Bot for gracefully handling any untrained/un-recognized requests.
  • Linked bots can be marked as Inclusive bots that need not be trained with sample utterances to participate in the bot scoping process (introduced in ver8.0).
  • Apart from this, the developer can define eligible bots ie. assign specific bots to specific end-users so that only the intents from these bots are made available to them.

Implementation

The following flow chart shows the working of a Universal bot:

The following is the explanation for the above process flow:

  • Universal Bot checks id any eligible bots are defined.
  • If defined, then the list of eligible bots is obtained, else the user intent is checked against any Small Talk, etc.
  • If eligible bots not defined then all the linked bots are considered as eligible.
  • Once the linked eligible bots list is there, Universal Bot identifies the bots that qualify using the invocation phrases. (See the bot training page for details)
  • The user utterance is sent to the scoped bots and the results are processed by the Universal Bot’s Ranking and Resolver engine.

Universal Bot – upgrade

Post ver7.3 release of the platform, new Universal Bots would be versioned as 2.0.

We recommend you upgrade since the older version of universal bot will be deprecated soon. The previous version of Universal bot has the following limitations:

  • Training – you cannot train the universal bot, need to depend upon the training of the linked bots for proper functioning.
  • There are performance issues with the older version if the number of linked bots exceeds 5 or the total number of intents exceeds 100.
  • Variable Management is not possible from the older version of Universal bot.

Older version universal bots will prompt you to Upgrade when:

  • you open the universal bot; or
  • when from the left navigation menu you access Natural Language -> Training.

Once you upgrade, follow these steps to ensure that the user utterances are routed to the relevant linked bots:

  • Train the Universal Bot to identify the linked bots by providing Training Utterances or Invocation Names. The Universal Bot will route the user utterances only to the identified linked bots.
  • Mark linked bots as Fallback Bots. The utterances are routed to the Fallback bots when no other linked bots are qualified from the training provided. A maximum of 15 linked bots can be marked as Fallback bots.
  • Review the linked bot identification flow from the Utterance Testing module.

Refer here for more on training the Universal Bot.

Next Steps

  • Know more about Universal Bots and compare with Standard Bots behavior from here.
  • You can also start creating your Universal Bots by referring here.
メニュー