チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク (英語)
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック (英語)
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者 (英語)
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Test your Bot
  5. Botとの会話

Botとの会話

Botを定義し、1つ以上のタスクを設定したら、NLP対応のBotを公開する前に設定をテストする必要があります。Botオーナーと開発者は、Botとリアルタイムでチャットを行い、ライブセッションのように認識、パフォーマンス、フローをテストすることができます。

Botのテスト

メッセージングウィンドウでタスクをテストするには、Botビルダーの右下隅にあるBotとの会話Botダイアログの実行アイコンをクリックします。

次のフライト管理Botの図に示すように、Botのメッセージングウィンドウが表示され、NLPインタープリターに接続されます。

注意:Botとの会話Botダイアログの実行アイコンは、少なくとも1つのタスクが作成されるまで有効になりません。

最初にウィンドウを開くと、Botの設定確認メッセージフィールドが、定義されている場合は表示されます。メッセージセクションにテキストを入力して、フライトの予約するなどのBotとの対話やテストを開始します。

NLPインタープリターはタスクの処理を開始し、ユーザーとウェブサービスによる認証を確認してから、必要なタスクフィールド情報の入力を求めます。必要なタスクフィールドがすべて収集されるとタスクが実行されます。

Botをテストしている間に、さまざまな種類のユーザープロンプトを試してみて、NLPインタープリターが同義語(または同義語の欠如)を適切に処理していることを確認してください。Botが予期しない結果を返す場合は、必要に応じてタスクやタスクフィールド名に同義語を追加または修正することを検討してください。詳細については、自然言語処理を参照してください。

トラブルシューティング

デバッグウィンドウを開いて、チャットの自然言語処理、ログ、セッションのコンテキスト、変数を表示することができます。デバッグを開くには、Botとの会話チャットウィンドウの右上にあるデバッグアイコンをクリックします。デバッグウィンドウは以下のタブで設定されています。デバッグログNL解析セッションコンテキストおよび変数です。

  • NL分析:Botタスクの読み込みステータスを説明し、発話ごとにタスク名の分析と認識スコアを表示します。
  • デバッグログ: 処理中または処理済みのダイアログタスクのコンポーネントを日付のタイムスタンプと共に一覧表示します。
  • セッションコンテキストおよび変数: ダイアログタスクの処理で使用されたコンテキストオブジェクトおよびセッション変数の両方を表示します。

デバッグログ

デバッグログは、それぞれのノードでキャプチャされたダイアログタスクとコンテキストおよびセッション変数の連続的な進行を行います。デバッグログは次のステータスをサポートします。

  • プロセス中:Botプラットフォームはノードの処理を開始します。
  • プロセス後:  ノードとノードの接続が処理され、次のノードが見つかりましたが、ダイアログはまだそのノードに移動していません。
  • waitingForUserInput: ユーザーは入力を求められます。
  • 一時停止:別のタスクが開始されている間、現在のダイアログタスクは一時停止されます。
  • 再開:一時停止状態の現在のダイアログは、開始された別のタスクが完了した後、フロー内の同じポイントで続行されます。
  • waitingForServerResponse:サーバーへのリクエストは非同期応答を保留されています。
  • エラー:ループ制限に達した、サーバーまたはスクリプトノードの実行に失敗したなどのエラーが発生しました。
  • 終了:ダイアログがダイアログフローの最後に到達しました。

NL分析

NL分析タブには、各ユーザーの発話のタスク名分析と認識スコアが表示されます。  これは、Kore.ai NLPエンジンによって実行されたトーン分析、インテント検出、エンティティ検出の詳細な結果を示します。インテント検出の一部として、NL分析タブには、機械学習、ファンダメンタルミーニング、ナレッジグラフエンジンの結果が表示されます。スコアの詳細については、Botをトレーニングするトピックを参照してください。

セッションコンテキストおよび変数

セッションコンテキストおよび変数タブは、ダイアログビルダーで処理された各コンポーネントで更新されたContextオブジェクトとセッション変数を動的に表示します。以下は、デバッグログセッションおよびコンテキスト変数パネルの例です。パラメータの詳細については、タスクのセッションとコンテキスト変数の使用およびコンテキストオブジェクトを参照してください。

システムコマンド

システムコマンドを使用すると、評価中にユーザーとBotの会話を制御できます。これらは、JavaScriptコードを使用してBotに挿入することもできます。詳細はこちらをご覧ください

録音セッション

録音オプションを使用すると、会話を録音して、回帰テストのシナリオに役立てることができます。詳細について…

メニュー