チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク (英語)
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック (英語)
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者 (英語)
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. How Tos
  5. グローバル変数の使用方法

グローバル変数の使用方法

Kore.ai Botプラットフォームは、Bot内で変数を宣言および使用する方法を提供します。これらの変数を使用すると、別のタスク、ノードおよびその他のBot要素で一般的に使用される値を取得できます。このハウツーでは、Bot変数を使用できるバンキングBotでシナリオを調査します。グローバル変数をどのように使用して、APIエンドポイントをパスし、開発からテストおよび本稼働環境に移行するときに簡単に変更できるかを確認します。Bot変数とは何か、およびKore.ai Botプラットフォームでの実装方法の詳細については、こちらを参照してください。コンテンツ変数での使用ケースについては、こちらを参照してください

例題

当社のバンキングBot には、以下の2つのタスクがあります。

  1. 残高の確認、指定口座番号でサービスを呼び出し、そのアカウントの残高を確認します。
  2. 残高を更新、サービスを呼び出し、指定した金額で指定口座を更新します。
  3. 上記のタスクはどちらも同じサービスを呼び出し、サービスAPI エンドポイントは開発、テストおよび本稼働環境用に変更されます。
  4. どちらのダイアログタスクにおけるサービス呼び出しの変更も面倒で、変更が正しく行われないとエラーになります。

この文書では、どのようにグローバル変数を使用してAPIエンドポイントを格納でき、サービス呼び出しに使用できるかを確認します。

Pre-requisites

  • Botビルドナレッジ
  • 以下で述べるダイアログ付きバンキングBot。
    • 残高の確認 – ユーザーに口座番号をプロンプト表示し、口座で使用できる残高を表示するダイアログタスク。
    • 口座を更新 – ユーザーに更新する必要がある口座番号、更新される金額、金額を入金または出金して口座残高を更新する必要があるかどうかをプロンプト表示するダイアログタスク。

導入

グローバル変数を宣言してAPIエンドポイントを保持すると、移行を簡単かつ迅速にする上で役立ちます。

  1. バンキングBot を開きます。
  2. 設定 -> 構成設定から、 グローバル変数セクションを選択します。
  3. グローバル変数の追加をクリックし、対応するウィンドウを開きます。
  4. 変数名変数値を入力します。この使用ケースでは、変数 accountURL と、サービスAPIコールエンドポイントを入力する値を呼び出します。
  5. 保存します。
  6. ここで、残高の確認ダイアログタスクを開きます。
  7. GetAccountBalanceサービスノードを選択します。
  8. リクエストの定義リクエストの編集をクリックします。
  9. リクエストURLを上で作成したグローバル変数と置き換えます。env プレフィックスに続き、パラメータが必要です。この場合は、 {{env.accountURL}}{{context.entities.AccountNumber}}
  10. 残高を更新ダイアログタスクを繰り返します。
  11. ここで、Botを別の環境にエクスポートおよびインポートするときには、グローバル変数の変更内容のみを心配する必要があり、変更内容は両方のダイアログタスクで有効になります。

このページの内容

メニュー