チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク (英語)
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック (英語)
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者 (英語)
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Bot Settings
  5. Redacting Personally Identifiable Information

Redacting Personally Identifiable Information

Personally identifiable information (PII), or sensitive personal information (SPI), refers to information that can be used on its own or with other information to identify, contact, or locate a single person, or to identify an individual in context.

Some examples of PII include Social Security Number, email address, credit card numbers, passport number, home address, and so forth.

Kore.ai allows you to redact any sensitive information that users share with your bots. When you enable redaction for an information type, you can transform its value into a pattern that doesn’t contain comprehensible data.

The platform provides the following three modes to redact specified information types:

Option Description Example
Redaction Replaces the data with a unique random alphanumeric value An email address entered gets replaced with a random value such as jjh4ezb2
Replacement Replaces the data with a static value that you enter in the PII Redaction settings. If the static value entered is asdf1234, any email address entered is replaced with asdf1234
Mask with Character Replaces the first few and last few characters of the data with ‘+’ or ‘#’ symbols. You can select the number of characters to mask as well as the symbol for masking. If you configure the first four and last four characters to be masked with ‘+’, an email address such as helpdocs@kore.ai gets redacted as ++++docs@kor++++

 

Once redaction is enabled for an information type, Bots Platform stores only the redacted data of instances of the specific type. Therefore, no user can get access to original PII data from the platform.

Note: If a PII value determines the transition in a Dialog task, then the original value is used for transition. However, developers can only see the redacted data in the context variable or other places where it is displayed.

How to Redact

  1. Open the bot for which you want to configure the PII settings.
  2. Hover over the left navigation, and select Settings -> Config Settings.
  3. On the Settings page, click PII Settings. The PII Redaction page opens.
  4. If PII Redaction isn’t enabled for the bot, toggle the switch to Enable. The page now shows a list of information types whose redaction settings are configured by default.
  5. To activate the redaction of any of these out-of-the-box information types, toggle the switch next to them to Enable. To edit their redaction settings, click their name.
  6. To configure redaction settings for any other information types, click Add New on the top-right side of the PII Redaction page.

Configuration Fields

Field Description
Information Type Enter a name for the information type you want to secure, for example, Credit Card Number.
Definition Enter a regular expression for recognizing the information type from user entries. For example, a regex value for a Visa credit card could be similar to ^4[0-9]{12}(?:[0-9]{3})?$
Map Entities Map all the entities in the bot’s Dialog tasks that correspond to the information type.
Note: If you do not map entities corresponding to redacted information types, even valid user entries for those entities cause errors in the dialog tasks. For example, let’s say you have enabled redaction for email information type. When a user enters an email address for a bot entity, the platform immediately redacts the information even before the entity node captures it, as emails are set up for redaction. The entity node then receives redacted data, and since the entity is not mapped in the redaction settings, it assumes the redacted value as an invalid email entry. Whereas, if you map the entity in the redaction settings, the entity recognizes the data redacted and accepts it.
Display Type Select one of these modes to display the redacted data anywhere in the platform: Redaction, Replacement, Mask with Character.

Note: The value displayed would be prefixed with a platform generated random unique identifier. This is the key used internally to retrieve the original value in case of conditional transitions etc..

このページの内容

メニュー