はじめに
対話型AIプラットフォーム
チャットボットの概要
自然言語処理(NLP)
ボットの概念と用語
クイックスタートガイド
プラットフォームへのアクセス
ボットビルダーの操作
リリースノート
最新バージョン(英語)
以前のバージョン(英語)
廃止機能(英語)

コンセプト
設計
ストーリーボード
ダイアログタスク
ダイアログタスクとは
ダイアログビルダー
ノードタイプ
インテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
フォームノード
確認ノード
ロジックノード
ボットアクションノード
サービスノード
Webhookノード
スクリプトノード
グループノード
エージェント転送ノード
ユーザープロンプト
音声通話プロパティ
ノードと遷移
コンポーネントの遷移
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
イベント ハンドラー
ナレッジグラフ
ナレッジグラフとは
ナレッジグラフの抽出
ナレッジグラフの構築
ボットにナレッジグラフを追加
グラフの作成
ナレッジグラフの構築
FAQを追加
タスクの実行
既存のソースからFAQを構築
特性、同義語、停止用語
変数ネームスペースの管理
更新
ノード間の質問と回答の移動
用語の編集と削除
質問と応答の編集
ナレッジグラフの分析
通知タスク
スモールトーク
デジタルスキル
デジタルフォーム
デジタルビュー
デジタルビューとは
パネル
ウィジェット
トレーニング
トレーニングとは
機械学習
機械学習とは
モデル検証
ファンダメンタルミーニング
ナレッジグラフ
示唆
ランキングおよび解決
NLPの詳細設定
NLPのガイドライン
インテリジェンス
インテリジェンスとは
コンテキスト
コンテキストインテント
割り込み
複数インテントの検出
エンティティの変更
デフォルトの会話
センチメント管理
トーン分析
テストとデバッグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話テスト
デプロイ
チャネル
公開
分析
ボットの分析
NLPメトリクス
会話フロー
Usage Metrics
封じ込め測定
カスタムダッシュボード
カスタムダッシュボードとは
メタタグ
カスタムダッシュボードとウィジェット
スマートボット
ユニバーサルボット
ユニバーサルボットとは
ユニバーサルボットの定義
ユニバーサルボットの作成
ユニバーサルボットのトレーニング
ユニバーサルボットのカスタマイズ
他言語の有効化
ストア
プラントと使用
Overview
Usage Plans
Support Plans
Invoices
管理
ボット認証
複数言語対応ボット
個人を特定できる情報の編集
ボット変数の使用
IVRのシステム連携
一般設定
ボット管理

ハウツー
簡単なボットの作成
会話スキルの設計
バンキングボットを作成
バンキングボット – 資金の振り替え
バンキングボット – 残高を更新
ナレッジグラフを構築
スマートアラートの予約方法
デジタルスキルの設計
デジタルフォームの設定方法
デジタルビューの設定方法
データテーブルのデータの追加方法
データテーブルのデータの更新方法
Add Data from Digital Forms
ボットのトレーニング
示唆の使用方法
インテントとエンティティのパターンの使用方法
コンテキスト切り替えの管理方法
ボットのデプロイ
エージェント転送の設定方法
ボット関数の使用方法
コンテンツ変数の使用方法
グローバル変数の使用方法
Web SDK Tutorial(英語)
Widget SDK Tutorial(英語)
ボットの分析
カスタムダッシュボードの作成方法
カスタムタグを使ってフィルタリング

管理
ボットの管理
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザーの管理
ユーザーの管理
グループの管理
ロール管理
ボット管理モジュール
登録
ユーザーの招待
招待状の一括送信
ユーザーデータのインポート
Active Directoryからユーザーを同期
セキュリティ/コンプライアンス
シングル サインオンの使用
セキュリティ設定
請求
  1. ホーム
  2. Docs
  3. Virtual Assistants
  4. Builder
  5. Knowledge Graph
  6. ナレッジグラフの作成

ナレッジグラフの作成

Kore.aiナレッジグラフ(KG)は、静的なFAQテキストを、インテリジェントでパーソナライズされた会話体験に変えるのに役立ちます。それは、FAQを平面的な質問・回答ペアの形式でキャプチャするという、通常の実践を超えています。その代わりに、ナレッジグラフでは、主要な業界用語の階層構造を作成し、コンテキストに応じた質問およびその代替語、同義語、機械学習対応のクラスなどと関連付けることができます。この構造は、プラットフォームでトレーニングすると、インテリジェントなFAQ体験を可能にするナレッジグラフを生成します。KG用語の詳細についてはこちらをご覧ください

ナレッジグラフを生成するには、既存または新規のボットにFAQを追加する必要があります。ボットをまだ作成していない場合は、 新しいボットの作成をご参照ください。ナレッジグラフの作成には、以下の手順があります。

ボットにナレッジグラフを追加

ナレッジグラフビルダーを開くには、以下の手順に従います。

  1. Kore.aiボットビルダーにログインして、ナレッジグラフを追加したいボットを開きます。
  2. トップメニューから、構築タブを選択します。
  3. 左側のメニューの会話スキルを選択し、ナレッジグラフをクリックします。
  4. 作成をクリックし、ボット名に向かいます。

グラフの作成

デフォルトでは、ボットの名前が階層のルートノードになりますが、これは編集することができます。ルートノードの下に残りのノードを作成します。ノードを作成するには、以下の手順に従います。

  1. ナレッジグラフを開く。
  2. ナレッジグラフウィンドウの左上で、ルートノードをポイントする。
  3. + アイコンをクリックします。テキストボックスがノードの追加の下に表示されます。パフォーマンスを向上させるために、許容最大ノード数は20kに制限されています。
  4. テキストボックスにノードの名前を入力し、Enterキーを押します。重複したノード名を入力した場合、つまり親ノードの下に同じ名前の子ノードがすでに存在する場合には、警告が表示されます。
    メモ:このノードはルートノードの子となり、第1レベルノードと呼ばれることもあります。
  5. ステップ1~ステップ3を繰り返して、他の第1レベルノードを作成します。
  6. 第1レベルノードを作成した後、以下のように子ノードを作成します。
    • 第1階層のノードをポイントしてプラスのアイコンをクリックすると、その子ノードが作成されます。
    • 任意のレベルノードに子ノードを作成するには、そのノードをポイントして アイコンをクリックします。

ナレッジグラフの構築

次のステップでは、ナレッジグラフインテントを追加しますが、これは次のいずれかになります。

  • FAQ – ユーザークエリに回答する。
  • タスク – ダイアログタスクを実行する。

FAQ を追加

このオプションを使用すると、該当する質問・回答セットを階層内のノードに追加できます。パフォーマンスの問題を避けるために、20kから50kまでのノードのFAQ数に制限します。これらの質問を入力する際には、FAQ階層にさらに追加できる用語に注意してください。選択したノードの質問と回答を入力するには、以下の手順に従います。

  1. ナレッジグラフウィンドウの左側ペインで、質問を追加したいノードをクリックします。
  2. 右上のインテントの追加をクリックします。
  3. インテントウィンドウのインテントセクションで、FAQを選択します。
  4. オプションで、表示名を入力します。この名前は、不明瞭な場合に、FAQをエンドユーザーに提示するのに使用します。
  5. 質問の追加フィールドに、ユーザークエリを説明する質問を入力します。
  6. オプションで、同じ質問に対して代替質問がある場合は、代替質問の追加フィールドに同じ質問を追加します。追加したいすべての代替質問について、このステップを繰り返します。
  7. パターンを使用してFAQを定義することができます。これは、[代替質問]フィールドでパターンの前に || (2本の縦線)を付けて行うことができます。プラットフォームはこれらをパターンとしてマークし、それに準じて評価します(パターンの詳細についてはこちらをご覧ください)
  8. 各質問に関しては、ナレッジグラフエンジンによって、質問をさらにしっかりと識別するためのタグとなる用語を追加することができます。
  9. FAQインテントに対して、インテントステータスを有効または無効に設定することができます。ナレッジグラフでは、有効な状態にあるFAQインテントは使用しません。これらのインテントは、テスト中およびエンドユーザーとのインタラクション中のインテント認識プロセスには参加しません。
  10. また、用語ステータス を有効または無効に設定することもできます。ナレッジグラフでは、有効な状態になった用語のみを使用します。無効とマークされた用語およびそのすべてのFAQインテントは、テスト中およびエンドユーザーとのインタラクション中のインテント認識プロセスには参加しません。
  11. また、レファレンスIDを追加することもできます。このフィールドは、このFAQのソースとして使用されている外部コンテンツへの参照を追加するために使用できます。

ボットのレスポンス

応答では、単純なものから複雑なものまで、チャネル固有の返信を作成することができます。エディターは、ダイアログノードのメッセージなど、プラットフォームの他のプロンプトエディターと同様に使用することができます。詳しくはこちらをご覧ください。ナレッジグラフにおける質問に対しては、チャネル固有の回答を追加することができます。回答に変化を持たせることで、選択したチャネルの強みを活かした言語とフォーマットを作ることができます。チャネル固有の応答を追加するには、応答を入力する前に、チャネルリストからチャネルを選択します。メモ:あるチャネルにチャネル固有の応答がない場合に使用できるように、全チャネルに応答を1つ追加することをお勧めします。時には、FAQへの応答が非常に長かったり、主要な応答とともに、どうでもいいような情報が含まれていたりすることもあります。このような応答を読みやすく改善するために、ボットレスポンスウィンドウの右上にある拡張レスポンスの追加をクリックして、メッセージを複数の応答に分割し、次々と別のメッセージとして送信することができます。代替応答がある場合は、 代替応答の追加をクリックして追加します。追加したいすべての代替応答について、このステップを繰り返します。実行時には、プラットフォームはランダムに1つの応答を選びます。

タスクの実行

ダイアログタスクをナレッジグラフインテントにリンクすることができます。ナレッジグラフとダイアログタスクの機能を活用し、複雑な会話を伴うFAQを処理するのに役立ちます。

  1. インテントウィンドウのインテントセクションで、タスクを選択します。
  2. オプションで、表示名を入力します。この名前は、不明瞭な場合に、FAQをエンドユーザーに提示するのに使用します。
  3. ドロップダウンリストからタスクを選択します。このタスクのトリガーとなる発話の追加を行うことができます。
  4. 複数の発話が同じ意味である場合、代替発話の追加を行うことができます。
  5. また、レファレンスIDを追加することもできます。このフィールドは、このFAQのソースとして使用されている外部コンテンツへの参照を追加するために使用できます。
  6. 保存をクリックします。

既存のソースからFAQを構築します。

あなたが構築しようとしているナレッジグラフは、巨大で複雑である可能性があります。すべてのFAQが1か所に集まっている場合は、インポートまたは抽出プロセスを使用できます。

特性、同義語、停止用語

タグ、同義語、特性などを追加して、ナレッジグラフのパフォーマンスを向上させることができます。詳しくはこちらをご参照ください

変数ネームスペースの管理

可変ネームスペースの管理セクション(v8.0で導入)では、このナレッジグラフで使用する可変ネームスペースを関連付けることができます。このオプションは、可変ネームスペースがボット用に有効になっている場合にのみ表示されます。詳細は、ネームスペースの管理をご参照ください。

更新

一度作成したナレッジグラフは、より良い組織とプレゼンテーションのために、変更したくなることが何度もあります。

メモ:ナレッジグラフに変更を加えた後は、必ず、右上のトレーニングをクリックして、ナレッジグラフエンジンに更新を送信してください。ボットをトレーニングしない場合、変更はボットレスポンスに反映されません。

デフォルトでは、子ノードへの追加質問は、ルートノードまでのパス内のすべての親ノードに対して表示されます。子ノードの質問を特定の親ノードより先に表示させたくない場合は、選択した親の質問ペインで次のアイコンをクリックします。 そのすべての子ノードからの質問は、選択された親ノードには表示されますが、そのすべての親ノードには表示されません。

ノード間の質問と回答の移動

ナレッジグラフのノード間で1つ以上の質問・回答セットを移動することができます。質問と回答を該当するノードに移動するには、以下の手順に従います。

  1. ナレッジグラフで、希望する移動元の質問・回答セットのノード名をクリックします。右側ペインにFAQが表示されます。
  2. 希望する移動先の質問セットを特定し、その横にあるチェックボックスを選択します。
  3. 質問をドラッグして、該当するノードにドロップします。ノードがハイライト表示され、ノードの右側ペインに質問が表示されます。

用語の編集と削除

  1. 左側ペインのノード階層で、編集したい用語/ノードをポイントします。
  2. 編集アイコンをクリックします。設定ウインドウが表示されます。
  3. ここから、用語名の変更、用語タイプの設定、用語ステータスの変更、特性の追加、同義語の追加・削除、コンテキストの管理などを実行できます(詳しくはこちらをご覧ください)。
  4. 用語を削除する場合:
    1. ノード階層で、削除したい用語をポイントします。
    2. ごみ箱アイコンをクリックします。
    3. 確認ダイアログボックスで、以下のオプションが表示されます。
      • 用語とともにFAQを削除 – このオプションを選択すると、用語とその下のFAQが削除されます。
      • 用語を削除し、FAQをルート用語に移動 – このオプションを選択すると、用語が削除され、その下のFAQがルート用語に移動されます。メモ:用語が子ノードを持つ場合、それらのノードはすべて削除されます。
    4. ボットがすでに公開済みの場合、削除を有効にするためにボットをトレーニングする必要があります。
      • 第1レベルの用語を削除した場合、削除した用語を公開されたコピーから除外するように選択的にトレーニングすることができます。
      • 例として、第nレベルの子用語を削除した場合、トレーニングのために親用語全体を選択する必要があります。

質問と応答の編集

  1. ノード階層から、該当する用語を選択します。
  2. その用語に関連する質問が右側ペインに表示されます。
  3. 編集する質問をポイントし、編集アイコンをクリックします。
  4. 質問または応答を変更し、保存をクリックします。
  5. ごみ箱を使用して、アイコンで質問を削除することができます。
  6. 複数の質問を選択すると、一括して削除することができます。
メニュー