チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク (英語)
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック (英語)
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者 (英語)
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Bot Building
  5. デジタルフォーム

デジタルフォーム

この機能はプラットフォームのバージョン7.3でリリースされたもので、(ベータ版)の状態です。

[バーチャルエージェントは、主に一連のメッセージのやり取りを含む会話型インターフェイスを使用してエンドユーザーと関わります。しかし大抵の場合、続行するにはエンドユーザーから情報を収集することが必要になります。例として、eコマースエージェントとのやりとり中に配送先住所を提供する、ITSMエージェントへの報告中に問題の詳細を提供する、CRMオポチュニティの作成中にオポチュニティの詳細を提供する、銀行口座を作成するために顧客の詳細情報を取得する、などが挙げられます。

標準のダイアログタスクでは、このシナリオは一連のエンティティノードを配置して設計されており、ユーザーはこれらのエンティティの値を次々に要求されますが、これは非常に面倒で煩わしいものです。これらの代わりとして、ユーザーからすべての情報を簡単かつ効率的に取得するための対話型のユーザインタフェイスが理想的です。

Kore.aiのデジタルフォームは、エンドユーザーから必要な詳細情報を取得するために必要な入力フィールドに情報を入力することで、このような要件に対応しています。ユーザーがフォームに入力した後、入力した内容をバーチャルエージェントに送信し、タスクを進めることができます。

この文書では、Kore.ai Botプラットフォームのデジタルフォームの機能と実装について説明しています。デジタルフォームの段階的な実装についてのユースケースに移動するには、こちらをクリックしてください。

ハイライト

  • 入力情報収集のための単一インターフェイスによってユーザー体験を向上させました。
  • シンプルなドラッグ&ドロップ操作により簡単にフォームを作成できます。
  • お客様のフォーム要件すべてに対応する豊富なコンポーネントライブラリ。
  • お客様のユースケースに適した入力検証および可視化のルールを定義するための設定。
  • フォームからの自動ダイアログタスク生成により、やり取りのチャネルに基づいてフォームまたは会話体験を切り替えることができます。

設定

Botタスクメニューからデジタルフォームにアクセスすることができます。

以下は、デジタルフォームの設定手順です。

  • フォームの作成:コンポーネントを追加してプロパティを設定することで、デジタルフォームを定義します。
  • フォームの呼び出し:タスクやプロセス内からフォームを呼び出すことができます。
    • フォームは、タスク定義を定義するためのコンポーネントとしてタスクに含めることができます。 ダイアログタスクは、やり取りのチャネルに基づいてフォームおよび会話体験を提供します。
    • デジタルフォームは、フォームがそこから送信されたときにトリガーされるダイアログタスクを使用して、デジタルビューに追加することができます。
  • フォームの送信:ユーザーからの送信時に、コンポーネントの値が検証され、エラーがあれば強調表示されます。呼び出しのモードに基づいて、検証が成功した後、
    • ダイアログタスクの呼び出しの場合、Botの実行はダイアログフローに従って続行されます。
    • 選択されたタスクはパネルからトリガーされます。

フォームの作成

デジタルフォームは、定義、およびユーザー入力を取得するための様々なコンポーネントを含みます。

フォーム作成の手順:

  1. 左側のナビゲーションメニューから、Botタスクを選択し、デジタルフォームを選択します。
  2. 新しいフォームボタンを使用してフォームを作成します。
  3. 新しいフォームページで以下の情報を入力します。
    • フォームの名前
    • フォームの表示名
    • フォームの説明
  4. フォームの作成を保存して続行します。

コンポーネントの追加

  • 左側のパネルで利用可能なコンポーネントをキャンバスにドラッグ&ドロップし、プロパティを設定してフォームを作成することができます。コンポーネントおよびプロパティの詳細については、下記を参照してください。
  • 指定されたコンポーネントを検索したり、リストをスクロールしたりすることができます。
  • グリッド形式で表示します。

フォーム操作

フォームの一覧ページからは以下のことが行えます。

  • 新しいフォームを作成します。(上記を参照
  • フォームを編集します。(下記を参照
  • ブランディングオプションを使用してフォームをカスタマイズします。(こちらを参照
  • フォームをテストします。(こちらを参照
  • フォームを削除します。

編集

フォーム一覧の 編集 オプションを使ってフォームを編集することができます。以下の操作は編集モードでフォームに対して実行することができます。

  • コンポーネントリストを使用すると、ドラッグ&ドロップの簡単な操作でコンポーネントを選択してフォームに追加することができます。
  • トグラーの表示を使用して、デスクトップビューモバイルビューを切り替えます。
  • それぞれのコンポーネントに対してハンドルバーを使用して、ドラッグ&ドロップの簡単な操作で位置を変更します。
  • フォームアクションを使用して以下を実行します。
    • フォームをテストして、Botビルダーのデジタルフォームのプレビューを確認する
    • フォームを削除する
    • 名前、表示名、説明などのフォーム設定を変更する
  • コンポーネントアクションを使用して、コンポーネントの設定複製、および削除を利用します。
  • コンポーネントの設定ポップアップからコンポーネントのプロパティを変更することができます。
    • コンポーネントドッカーを使用して、設定パネルを画面にドッキング/ドッキング解除します。
    • コンポーネントセレクタを使用して、フォーム上のコンポーネントを検索します。

ブランディング

ブランディング オプションを使用して、組織の標準を反映するようにフォームの外観を変更します。すぐにプレビューが表示され、新しい色でフォームがどのように見えるかが分かり、保存またはデフォルトに戻すスキームのオプションを選択することができます。

 

テスト

フォームをテストしてプレビューを確認します。

フォームの呼び出し

以下はデジタルフォームを呼び出す方法です。

  1. タスクから:タスクを定義するためのダイアログタスクのコンポーネントとしてフォームを含めることができます。ダイアログタスクには、フォームデータを入力するための「フォーム体験」および通常の「会話体験」があります。「やり取りのチャネル」またはその他の基準に基づいて、要件に応じて好きな方を選択することができます。
  2. UIフローから:パネルにデジタルフォームを追加し、パネルからフォームが送信されたときにトリガーされるダイアログタスクを選択することができます。

以下のセクションでは、上記のそれぞれの呼び出しプロセスについて説明しています。

タスクから

デジタルフォームは、フォームノードを介してユーザー入力を取得するために、ダイアログタスク内で使用することができます。

ダイアログタスクからフォームを呼び出す手順

  1. デジタルフォームを呼び出したい場所からダイアログを作成/開きます。
  2. フォームを追加したいノードの隣にあるをクリックします。
  3. フォームオプションを選択し、表示されたリストからフォームを選択します。デジタルフォームを直接追加するか、既存のフォームノードを使用するかを選択することができます。
  4. フォーム体験を選択するように促されます。

      • フォームUIのみ – フォームノードを作成し、選択されたデジタルフォームと関連付けられます。こちらはデフォルトのオプションです。
      • フォームUIおよび会話体験の両方 – こちらを選択した場合、さらにチャネルの選択が促されます。ユーザーが選択したチャネルのいずれかを使用している場合にはフォームUIが表示され、それ以外のチャネルのユーザーは会話体験が提供されます。

        このオプションは、以下を作成します。

        • 以下のノードを含む グループ詳細はこちら)。グループ化の名前を変更したり削除したりすることができます。
          • 選択されたチャネルに基づいてフォームノードとサブダイアログノードへの転送を決定するためのロジックノード
          • 上記の「フォームUIのみ」で生成されたものと同じ、デジタルフォーム用のフォームノード
          • 会話体験に必要なエンティティ(コンポーネントを使用してデジタルフォームで定義されている)を取得するためのサブダイアログノードマッピングについては以下を参照してください

  5. 追加されたそれぞれのノードにプロパティを設定することができます。
    • フォームノード詳細はこちら)。
      特に注目すべき点は、以下のコンポーネントプロパティです。

      • メッセージの送信 – フォームの送信が成功した際にエンドユーザーに表示されるメッセージです。
      • ウェブ/モバイルSDKフォームの動作 – このオプションを使用すると、フォームをチャットウィンドウにインライン表示するか、ページ全体で開くことができます。
    • ロジックノードは、会話体験フローの場合にも設定可能です。(詳細はこちら
      特に注目すべき点は、以下の事項です。

      • コンテキスト変数の管理は、コンテキスト変数の作成や値の設定に使用することができます。キーフィールドには、変数のフルパスを使用することを忘れないようにしてください。(例:context.BotUserSession.
      • Botのパフォーマンスに影響を与える可能性があるため、接続設定には変更を加えないことを強くお勧めします。
    • サブダイアログノードは、通常通りに設定できます。(詳細はこちら
      特に注目すべき点は、以下の事項です。

      • エンティティの割り当て後を使用して、ユーザー入力を取得します。
      • サブダイアログやソースフォームを変更した場合、ダイアログの再生成というオプションが表示されます。これにより、タスク全体を再構築しなくとも変更をタスクに反映させることができます。このサブダイアログが使用されるすべての場所で変更が反映されることにご注意ください。
  6. ユーザー入力は以下のようにアクセスできます。
    • フォームのコンポーネントの値には、{{context.forms..}}を使用してアクセスすることができます(詳細はこちら)。
    • サブダイアログの場合は、割り当て後の設定で使用する変数を{{context.}}とします。
  7. お客様のビジネスニーズに応じてダイアログタスクを続行することができます。例えば、データ更新のためにフォームコンポーネントの値をサービスノードへの入力として使用したり、スクリプトノードを使用してさらに処理を行ったりすることができます。会話体験も使用している場合、自動生成されたサブダイアログをプロセスフローに接続することを忘れないようにしましょう。

パネルから

ウィジェットとパネルを設定することで、デジタルビューでデジタルフォームを表示することができます。デジタルビューの詳細についてはこちらを参照してください。

ウィジェットとパネルを使用してフォームを呼び出す手順

  1. ウィジェットを作成してデジタルフォームを呼び出します。
    1. 名前を入力します。
    2. デジタルフォームソースとして選択します。
    3. ドロップダウンリストから選択してフォーム追加します。
    4. ドロップダウンリストから送信時に呼び出すダイアログを選択します。
      デジタルフォームを使用して、複数のウィジェットを定義したり、複数のパネルに追加したりすることができますが、すべてのウィジェットとパネルにまたがる単一のダイアログタスクに関連付けられることにご注意ください。
    5. ウィジェットを保存します。
  2. 既存のパネルにウィジェットを追加するか、新しいパネルを作成します。
    パネルに直接フォームを追加すると、デフォルトでウィジェットが作成されます。
  3. パネルをテストすることができます。
  4. パネルを公開およびホストするには、こちらに記載されている手順に従ってください。

プロセスフロー

エンドユーザーがダイアログを開始し、フォームノードに接続しているノードに到達すると、以下のイベントが発生します。設計時に選択した体験および呼び出しのチャネルに応じて、フローは以下のようになります。

  • フォーム体験:
    • フォームへのリンクがユーザーに提示されます。
      同期Webhookチャネルでは、リンクの代わりに完全なフォーム定義が送信されることにご注意ください。詳細はこちらを参照してください
    • リンクをクリックすると、選択した内容に基づいて、全画面またはインラインモードでフォームを開くことができます。リンクに関して特に注目すべき点は、以下の通りです。
      • リンクは一定期間のみ有効で、それ以降は無効になります。
      • 有効期間内であっても、限られた回数しか使用できません。
    • エンドユーザーは、コンポーネント/フィールドの値を入力することができます。
    • すべてのフォームにはデフォルトで送信ボタンが含まれています。これはフォームの入力を検証し、不足している値があればプロンプトを表示します。
    • フォームが検証されて送信されると、値はコンテキスト変数で使用可能になり、以下のコードを使用してアクセスすることができるようになります。 context.forms..
      ここでは、メッセージノードを使用してユーザーの入力を取得し、表示しています。
  • 会話体験
    • エンドユーザーは、操作のチャネルからフォーム内でそれぞれのコンポーネントの値を入力するように促されます。
    • 値はサブダイアログのコンテキストで利用可能になり、上記のようにEntity Post Assignmentを使用して取得することができます。
    • 以下は会話モードでのユーザー体験です。

例外

フォームノードでのダイアログ実行中に例外が発生した場合、以下のように処理されます。

例外 例外の動作
ユーザーがフォームリンクを開かずに会話を続けようとする場合 一時停止の管理設定が優先され、ユーザーがフォームに戻ると、新しいフォームリンクが表示されます。
ユーザーがフォームの応答を送信せずに会話を続けようとする場合(チャットウィンドウで) 一時停止の管理設定が優先され、ユーザーがフォームに戻ると、新しいフォームリンクが表示されます。
ユーザーが応答を送信せずにフォームやブラウザを閉じる場合 タスクがキャンセルされる旨の警告メッセージをフォームが表示します。
ユーザーが承諾した場合にはフォームは閉じられ、前のタスクがキャンセルされたことを示すメッセージが表示されます。
フォームが既に開いている状態で、ユーザーがフォームを再起動しようとする場合 フォームリンクをクリックしてもフォームが開かず、フォームリンクが無効になったというメッセージが表示されます。
ユーザーが会話を進めた後にフォームを再起動しようとする場合 フォームリンクをクリックしてもフォームが開かず、フォームリンクが無効になったというメッセージが表示されます。

パネルフロー

ユーザーは、パネルとウィジェットを使用してフォームにアクセスすることができます。体験は、フォームを使用したプロセスフローの場合と同じです。

フォームが検証されて送信されると、値はコンテキスト変数で使用可能になり、以下のコードを使用してアクセスすることができるようになります。 context.forms..

体験は以下のようになります。

Bot管理

公開

デジタルフォームを使用したBotの公開フローには、以下のような特殊なケースがあります。

  • 他のBotと同様に、デジタルフォームは以下の状態で存在します。
    • フォームが作成された場合、開発中
    • フォームが公開に投稿され、リクエストが管理者のアクションを待っている場合、承認待ち
    • 管理者によって公開リクエストが拒否された場合、拒否
    • 管理者が公開リクエストを承認した場合、公開済み
    • 公開済みのフォームが管理者によって一時停止された場合、一時停止
  • 公開リクエストが処理される前に、以下の検証が行われます。
    • デジタルフォームを含むダイアログタスクは、以下の場合にのみ公開することができます。
      • 対応するデジタルフォームが既に公開されている
      • 対応するデジタルフォームも公開用に選択されている
    • ダイアログタスクを起動するように設定されたデジタルフォームは、以下の場合にのみ公開することができます。
      • 対応するダイアログタスクが既に公開されている
      • 対応するダイアログタスクが公開用に選択されている
    • 依存関係は一緒に公開されますが、次のような場合、実行時にすべての依存関係が利用できない可能性があります。
      • ダイアログタスクは公開されているがデジタルフォームが公開されていない場合、以下がトリガーされます。
        • タスクの失敗イベントとそれに対応する動作が呼び出される
        • 関連する標準応答が表示される
        • 「分析」で失敗したタスクとしてログに記録される
      • デジタルフォームは公開されている状態であるがダイアログタスクが利用できない場合、フォーム送信時にエンドユーザーにフォームのエラーメッセージが表示されます。

インポート/エクスポート

Botのエクスポート

  • 開発中および公開済みのコピーでデジタルフォームをエクスポートするオプションが利用可能です。
  • デジタルフォームは、BotタスクのカテゴリのBotエクスポートページから選択/解除することができます。
  • 依存ダイアログを含む」オプションを選択して、ウィジェットを定義するために選択したデジタルフォームと統合されたダイアログタスクをエクスポートします。これにはデジタルフォームを使用して生成されたサブダイアログタスクは含まれないことにご注意ください。
  • 選択されたそれぞれのフォームの完全な情報はエクスポートファイルで利用可能です。これには以下が含まれます。
    • フィールド
    • フィールドプロパティ
    • フォームの統合

Botのインポート

  • デジタルフォームは、Botの完全および増分インポートに含まれています。
  • フルインポートの場合:
    • フルインポートは、他のすべてのBotコンポーネントと同様に、デジタルフォーム全体とBot内のフォームの詳細を置き換えます。
  • 増分インポートの場合:
    • インポートにデジタルフォームを含めるかどうかを選択することができます。
    • このインポートにより、インポートファイルに共通のデジタルフォームが完全にBotに置き換えられます。
    • ファイル内の追加フォームはBotにインポートされます。
    • Bot内の追加フォームは保持されます。
    • インポート後、無効なデジタルフォームの統合の詳細は、対応するフォームと切り離されます。

コンポーネントの詳細

コンポーネントリスト

以下は利用可能なコンポーネントのリストです。各コンポーネントのプロパティの詳細については、下記を参照してください

コンポーネント 説明 サンプル
ベーシック
テキストフィールド – 一行入力に使用されます。
テキストエリア – 複数行入力に使用されます。
数値 – 数値エントリに使用されます。
ラジオボタン – 与えられたリストの選択オプションとして使用されます。
ドロップダウン – 与えられたリストの選択オプションとして使用されます。複数選択可能です。
チェックボックス – 与えられたリストの複数選択オプションとして使用されます。
日付 – 日付の入力に使用され、ユーザーが日付を選択するためのDatepickerを与えます。
日付および時間 – 日付と時間の入力に使用され、ユーザーが日付と時間を選択するためのDateTimePicker与えます。
日付コンポーネントを使用して時間オプションを「はい」に設定し、12時間または24時間フォーマットから選択します。
電話番号 – 電話番号の入力に使用され、ユーザーが国コードを選択できるようにします。
メール – メールアドレスの入力に使用され、xxx@uuu.com形式で検証されます。
トグル – 2つの値の切り替えに使用され、はい/いいえ形式の入力に最適です。
住所 – 住所の入力に使用されます。
URL – ウェブURLの入力に使用され、xxx.com形式で検証されます。
範囲スライダー – 指定された最小値と最大値の間で値を選択します。パーセンテージで表すことができます。
詳細
ボタン – フォームを送信、リセット、または外部URLを開くためのクリック可能なコンポーネントとして使用されます。PrimarySecondaryTertiaryGhostDangerから選択できます。
ラベル – 静的なテキストボックスを表示するために使用されます。ユーザーによる操作は不要です。
プロチップ – エンドユーザーにとって重要な情報をマークするために使用します。ユーザーによる操作は不要です。
注釈 – エンドユーザー向けの情報をマークするために使用されます。ユーザーによる操作は不要です。

コンポーネントプロパティ

それぞれのコンポーネントに設定可能なプロパティは以下の通りです。

:すべてのプロパティがすべてのコンポーネントに対して有効であるとは限りません。マッピングについては、プロパティマトリックスを参照してください。

プロパティ 説明
表示名 エンドユーザー向けのコンポーネントに対して表示されるテキストです。
名前 フォームの他のコンポーネントおよびフォームレベルの操作でコンポーネントを参照するために使用可能な参照名です。
説明 エンドユーザーに表示するフィールドについての説明情報です。
プレースホルダテキスト エンドユーザー向けのプロンプトメッセージです。
ボタンスタイル

ボタンコンポーネントには、以下のようなものがあります。

  • Primary
  • Secondary
  • Tertiary
  • Ghost
  • Danger
ボタン操作

ボタンコンポーネントには、以下のようなものがあります。

  • 送信
  • リセット
  • URLに移動 – この場合、対応するフィールドにURLを入力する必要があります。
読み取り専用 コンポーネントの値を変更できないようにマークします。
必要項目 このフィールドへの入力がエンドユーザーの入力に必須か任意かを定義します。
ツールチップ

オンデマンドでエンドユーザーに表示される、フィールドに関する追加情報です。以下の3つの入力があります。

  • チップテキスト – コンポーネントに関する追加情報用のテキストメッセージ
  • ツールチップタイプ – チップがカーソルを合わせた時に表示されるか、クリックした時に表示されるか
  • ツールチップの位置 – ツールチップを表示する場所
時間 エンドユーザーが日付と一緒に時間を入力できるようにします。
時間の形式
上記の時間プロパティと組み合わせて使用
エンドユーザーに表示される時間形式は、12時間または24時間です。
データ設定
デフォルト値 コンポーネントにデフォルト値を事前に設定しておく必要がある場合に使用します。
ラジオボタン、ドロップダウン、チェックボックスについては、エンドユーザーが選択できるよう値を追加します。1つの値をデフォルト値としてマークすることができます。
複数選択 ユーザーが複数の値を選択できる場合のドロップダウン用に使用します。
検証の設定
デフォルトのエラーメッセージ ユーザー入力が検証に失敗した場合に表示されます。
検証

フィールドに定義された検証をいつ確認するかを定義します。オプションは以下の通りです。

  • ブラー – エンドユーザーがコンポーネントから離れたときに検証が行われます。
  • 変更 – コンポーネントの値が変更されたときに検証が行われます。
検証ルール

以下の形式のルールを追加することができます。

  • オペレーター – リストから選択
  • 比較タイプ – 値またはフィールド/コンポーネントまたは値タイプのいずれかに設定します。
  • 比較対象 – 上記の選択による、値、またはコンポーネントの名前かタイプ

既存のルールに追加された複数のルールはAND条件として扱われ、新しいルールはOR条件となります。シンプルモードと詳細モードを切り替えることで、複数のシンプルなルールまたは単一の詳細ルールを追加することができます。

カスタムエラーメッセージ 特定の検証に失敗した場合に表示されます。
表示の設定
表示 指定されたコンポーネントがエンドユーザーに見えるかどうか。
表示のルール

特定のコンポーネントを表示または非表示にする条件を定義することができます。

  • 非表示または表示
  • 以下のように定義して表示ルールを追加します。
    • このコンポーネントの動作を決定するコンポーネント/フィールド – リストから選択
    • オペレーター – リストから選択
    • 比較タイプ – 値またはフィールド/コンポーネントまたは値タイプのいずれかに設定します。
    • 比較対象 – 上記の選択による、値、またはコンポーネントの名前かタイプ

既存のルールに追加された複数のルールはAND条件として扱われ、新しいルールはOR条件となります。シンプルモードと詳細モードを切り替えることで、複数のシンプルなルールまたは単一の詳細ルールを追加することができます。

自動入力
自動車入力 指定されたコンポーネントを自動入力するかどうか
自動入力のルール
  • 自動入力するフィールドまたは値
  • フィールド名または上記の選択に基づく実際の値

コンポーネントマッピング

プロパティ

ベーシック

プロパティ テキストフィールド テキストエリア 番号 ラジオボタン チェック
ボックス
ドロップ
ダウン
日付 電話番号 メール 住所 URL トグル 範囲スライダー
一般設定
表示名 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
名前 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
説明 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
プレースホルダテキスト はい はい はい いいえ いいえ はい はい はい はい はい はい いいえ はい
読み取り専用 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
必須 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
ツールチップ
チップテキスト はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
ツールチップタイプ はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
ツールチップの位置 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
時間および
時間形式
いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
データ設定
データソース いいえ いいえ いいえ はい はい はい いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
デフォルト値 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
複数選択 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
オートフィル
自動入力 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
自動入力設定 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
表示の設定
表示 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
表示設定 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
検証
デフォルトのエラーメッセージ はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
検証 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
等しい はい はい はい はい はい はい はい はい はい TBD はい はい はい
等しくない はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
含む はい はい いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
含まない はい はい いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
正規表現 はい いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
最大長 はい はい いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい はい はい いいえ いいえ
最小長 はい はい いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい はい はい いいえ いいえ
一部である はい いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
一部でない はい いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
以上 いいえ いいえ はい いいえ いいえ いいえ はい いいえ いいえ いいえ いいえ はい
未満 いいえ いいえ はい いいえ いいえ いいえ はい いいえ いいえ いいえ いいえ はい
等しいかそれ以上 いいえ いいえ はい いいえ いいえ いいえ はい いいえ いいえ いいえ いいえ はい
等しいかそれ以下 いいえ いいえ はい いいえ いいえ いいえ はい いいえ いいえ いいえ いいえ はい

詳細

プロパティ ボタン リッチテキスト プロチップ
一般設定
表示名 はい はい はい
名前 はい はい はい
説明 はい いいえ はい
プレースホルダテキスト いいえ いいえ いいえ
ツールチップ はい はい いいえ
エラーメッセージ はい いいえ いいえ
必須 いいえ いいえ いいえ
検証 はい いいえ いいえ
読み取り専用 はい いいえ いいえ
アクションタイプ(送信、リセット、削除) はい いいえ いいえ
データ設定
データソース いいえ いいえ いいえ
デフォルト値 いいえ いいえ いいえ
オートフィル
自動入力 いいえ いいえ いいえ
自動入力設定 いいえ いいえ いいえ
表示の設定
表示 はい はい はい
表示の設定 はい はい はい

ダイアログノード

以下のマッピングは、デジタルフォームから自動生成されたときにサブダイアログに含まれるエンティティのタイプを示しています。

フォームコンポーネントのプロパティ ダイアログタスクノードのプロパティ
名前 名前
表示名 表示名
プレースホルダテキスト エンティティプロンプト
エラーメッセージ エラープロンプト
デジタルフォームコンポーネントタイプ ダイアログタスクの
ノードタイプ
テキストフィールド 文字列
テキストエリア 説明
番号 番号
ラジオボタン ラジオボタングループのそれぞれのオプションがリスト項目としてコピーされたLoI(列挙型)
ドロップダウン ドロップダウンリストのそれぞれの値がリスト項目としてコピーされたLoI(列挙型)
複数選択は、フォームコンポーネントの「複数選択」オプションに基づいて有効になります
チェックボックス チェックボックスグループのそれぞれのオプションがリスト項目としてコピーされたLoI(列挙型)
複数選択はデフォルトで有効になっています。
日付 日付
電話番号 電話番号
メール メール
住所 住所
URL URL
トグル トグル内のそれぞれのオプションがリスト項目としてコピーされたLoI(列挙型)
範囲スライダー
詳細
ボタン 該当なし
ラベル 該当なし
プロチップ 該当なし
注釈 該当なし

コンテキストオブジェクト

以下のマッピングは、サンプルコンテキストオブジェクトとともにコンポーネント値を取得するためのコンテキストオブジェクトを提供します。

コンポーネントタイプ コンテキストオブジェクト
テキストフィールド context.forms..
テキストエリア context.forms..
番号 context.forms..
ラジオボタン context.forms..
ドロップダウン context.forms..[]
チェックボックス context.forms..[]
日付 context.forms..
mm/dd/yyyy形式
日付と時間 context.forms..
mm/dd/yyyy hh:mm AM/PM形式
電話番号 context.forms..
ユーザーが選択した国のエリアコードが前に付きます。
メール context.forms..
住所 context.forms..
URL context.forms..
トグル context.forms..
はい/いいえ値
範囲スライダー context.forms..

 

サンプルコンテキストオブジェクト
"forms": {
    "basicpropertieslist": {
      "TextField": "text",
      "Textarea": "text area",
      "Number": 123,
      "Radio": "Male",
      "Dropbox": [
        "UnderGrad",
        "Other"
      ],
      "Checkbox": [
        "Education",
        "Techいいえlogy"
      ],
      "Date": "07/08/2020",
      "Date&Time": "07/08/2020 19:00 PM",
      "PhoneNumber": "+919999999999",
      "Email": "test@gmail.com",
      "toggle": "はい",
      "Adress": "Address",
      "Url": "test.com",
      "rangeSlider": 26.1
    }
  }
フォームの事前入力データ用のサンプルコンテキストオブジェクト

Webhookのようなチャネルから前に付けられたフォームデータにアクセスするには、以下のコンテキストオブジェクトを使用します。

context.prefillForms..fields

制限事項

  • 以下のチャネルでは、デジタルフォームは予測通りに動作しません。
    • Amazon Alexa
    • Cisco Jabber
    • Google Assistant
    • IVR Voice
    • Twilio Voice

    これらのチャネルの会話体験を選択することをお勧めします。

  • 親Botで作成されたデジタルフォームは、スマートBotには引き継がれません。
  • デジタルフォームの機能は、ユニバーサルBotには適用されません。
メニュー