チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Bot Settings
  5. 会話セッション

会話セッション

会話セッションとは、ボットとユーザー間で行われる連続したやり取りであると定義されています。これらのセッションは、ボットビルダーやボット管理コンソールの複数の分析ダッシュボードで使用されます。Kore.aiのバーチャルアシスタントプラットフォームによって、これらの会話セッションをどのように作成および終了するかをカスタマイズすることができます。

会話セッションは請求セッションとは異なります。請求セッションについてはこちらを参照してください

概要

会話セッションとは、エンドユーザーとボット間で行われる連続したやり取りであると定義されています。

  • バージョン7.2のプラットフォームリリース前 – エンドユーザーが最後に操作してから休止状態持続期間(15分に設定)が経過すると、新しいセッションが作成されていました。
  • バージョン7.2以降 – 休止状態持続期間(15分に設定)が経過した後、
    • エンドユーザーが戻ってきて同一インテントで続行した場合、現在のセッションは継続されます。
    • エンドユーザーが戻ってきて新しいインテントで続行したり、既存のインテントに対して無効な入力をした場合、新しいセッションが作成されます。
  • バージョン8.0以降のプラットフォームには、次のようなオプションがあります。
    • 休止状態後に、主動的にセッションを閉じる – セッションの管理の詳細については、こちらを参照してください
    • 休止状態後に、主動的にセッションを閉じない – 前述のバージョン7.2の動作を維持します。

会話セッションは、バーチャルアシスタントまたはボットとのすべてのやり取りに対して作成されます。これには以下のものが含まれます。

  • 対話セッションとしてマークされた、ユーザーからの1つ以上のメッセージを含むすべての会話。これには、認証の詳細を含む、すべてのチャネルとイベントにおけるエンドユーザーのすべてのやり取りが含まれます。
  • onConnectイベントメッセージなど、ボットが開始したコンバージョンセッションは、すべて非対話セッション;として記録されます。これらのセッションは、ユーザーメッセージが受信されるとすぐに対話セッションとして更新されます。非対話セッションは、請求セッションの計算には考慮されません。
  • 開発者のやり取りも会話セッションとして含まれます。フラグはユーザーセッションと開発者セッションを区別し、これらの開発者セッションに対して請求セッションは作成されません。

注意:会話セッションに非対話型および開発者のやり取りが含まれるようになったのは、バージョン8.0からです。

セッションを管理

この機能は、プラットフォームのバージョン8.0でリリースされました。設定 > か環境設定セッションを管理オプションを使用して、会話セッションの動作を定義することができます。

  • 休止状態後に主動的にセッションを閉じない – このオプションでは、ユーザーが15分以上の休止状態の後に戻ってきて新しいインテントを入力した場合にのみ、セッションを閉じます。このオプションは、プラットフォームのバージョン8.0がリリースされる前のデフォルトの動作でした。このオプションは、今後のリリースでは非推奨となります
  • 休止状態後に主動的にセッションを閉じる – このオプションは、定義された休止状態時間の経過後、セッションを閉じます。以下のパラメータを設定することができます。
    • 休止状態持続期間 – デフォルトでは15分に設定されており、セッションを終了するタイミングを決定します。5~60分の任意の値を設定することができます。
    • 終了前の動作 – ユーザーに通知せずにセッションを終了するか、メッセージを送信してセッションの終了をユーザーに通知するかを選択することができます。このメッセージは、応答の管理リンクを使用してカスタマイズすることができます。

導入

会話セッションはいつ開始されますか?会話セッションは、すべてのやり取りに対して作成されます。

  • すべてのチャネルとイベントにおけるエンドユーザーとのすべてのやり取り – 会話セッションは、On_connectに対して作成されます(スクリプトの実行、メッセージの実行、ダイアログのトリガーのシナリオ)。これらの会話セッションには次の2つのカテゴリがあります。
    • 対話セッションとは、ユーザーからの1つ以上のメッセージを含む会話を指します。
    • 非対話セッションとは、ユーザーからのメッセージがない会話を指します。ボットが開始する会話セッションは、すべて「非対話型」として開始されます。これらのセッションは、ユーザーからのメッセージを受信するとすぐに対話セッションとして更新されます。非対話セッションは、請求セッションの計算には考慮されません。
  • 開発者のやり取りも会話セッションの作成に考慮されますが、これらはユーザーセッションとは異なるものとして表示され、請求セッションの作成には考慮されません。

会話セッションはいつ終了しますか?

  • 前述の「セッションを管理」オプションで設定された休止状態時間が経過すると、プラットフォームは休止中のセッションを積極的に閉じるようになります。
  • 「破棄」の発話が検出された場合
  • チャットウィンドウが更新された、つまり「refresh: true」が検出された場合

会話セッションが終了するとどうなりますか?

  • セッション終了後、以下の情報または変数がクリアされます。
    • 会話セッション
    • ボットユーザーセッション(カスタムTTLのない開発者定義の変数)
    • ダイアログコンテキスト(トピックファイルと会話の詳細)
    • 設定済みの場合、会話セッションを閉じる前に、プラットフォームはサポートされているチャネルのユーザーにセッション終了のメッセージを積極的に送信します。
  • refresh: true」の場合:
    • 全セッション情報がクリアされます。
    • 新しい会話セッションが作成されます。
  • すべて破棄」の場合
    • ダイアログコンテキストの現在のタグと過去のタグがクリアされます。
    • センチメントトーンがリセットされます。
    • 同じ会話セッションが継続されます。
  • 破棄」の場合
    • 現在のダイアログコンテキストがクリアされます。
    • 現在のタグは、過去のタグの中の最後に更新された「タグ」に置き換えられ、過去のタグはクリアされます。

このページの内容

メニュー