チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク (英語)
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック (英語)
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者 (英語)
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. How Tos
  5. Kore-Unblu連携

Kore-Unblu連携

概要

Unbluは伝統的なプラットフォームで、組織のエージェントおよびアドバイザーは顧客およびWebサイト閲覧者と協力できます。LiveChat、安全なテキストメッセージ、ビデオチャットなどのオンラインチャネルで協力し、優れた顧客体験を達成できます。Botが顧客サービス期間にある場合は、Botからヒューマンエージェントへのチャットの転送が必要です。チャットBotが完全に人間に置き変わることはありません。時々、チャットBotが満足に答えられない、またはユーザーが人間とのチャットを望む場合があります。この場合、チャットBotはチャットを人間のエージェントまたはカスタマーケア担当者へ転送する必要があります。ユーザーがこのタスクを完了するのをサポートするために、KoreをUnbluアプリケーションと連携できます。ここでは、Botはソリューション全体の中心です。通常のすべての機能の実行の他に、当社のBotはユーザーとエージェント間のプロキシとしても機能します。

  • Bot: ユーザーがやりとりするチャットBot。
  • ユーザー:ユーザーとはこのBotを使用する顧客です。
  • エージェント:エージェントとはユーザーとチャットする人間です。エージェントにもチャットウィンドウが必要です。このため、 Unblu ソフトウェアを使用できます。

Prerequisites

前提条件は、以下の通りです。

  • 完全機能Bot。
  • Unbluアカウント。
  • KoreのGitHubからBotKit SDKをダウンロードします。
  • <Node.js> ファイルをダウンロードし、インストールします。BotKit SDKをSDKがインストールされている同じサーバー上で実行するには<node.js>ファイルが必要です。<node.js>バージョンはv12.0以降である必要があります。
  • コールバックサーバーアプリケーションをシミュレーションするNgrok。

設定

Kore-Unblu連携を実行するには、以下のステップに従います。

  1. Kore Botプラットフォームに有効な資格でログインします。
  2. 左のペインで、API拡張をクリックします。
  3. API拡張ページでは、デフォルトで、BotKit SDKオプションが選択されています。エージェントへの転送をクリックします。
  4. エージェントへの転送ページのアプリ名で、追加をクリックします。
  5. クライアントアプリの作成ウィンドウで、名前フィールドにアプリケーション名を入力します。
  6. 次へ > 完了をクリックします。
  7. コールバックURLフィールドに、BotKit URLエンドポイントを入力します。例、https://<domainname>/unblu
  8. 保存をクリックします。
  9. ここで、有効な資格でUnbluアカウントにログインします。
  10. アドミニストレーションセクションで、右上のプロファイルをクリックし、アカウントの管理を選択します。
  11. アカウント設定ページに、デフォルトで、アカウント概要が表示されます。
  12. 左ペインのサイト連携セクションで、ドメインを選択します。
  13. ドメインページで、右上の新しいドメインをクリックします。
  14. 新しいドメインウィンドウの、ドメインのURLフィールドにURLを入力します。 注意:これがコールバックURLです。ステップ7を参照します。これが一定のパブリックIPまたはNgrok IPでない場合は、変更するたびにIPを更新する必要があります。
  15. プロトコルフィールドで、両方を選択します。
  16. 保存をクリックします。

上記の設定が完了したら、<config.json> ファイルで必要な変更をします。サンプル値については、<sample_config_file.txt> を参照してください。

  1. <config.json> ファイルへ移動し、以下の変更をします。
  2. アプリセクションに、 URL (Ngrokまたは一般にアクセスできるURL)を貼り付けます。以下の画像を参照してください。
  3. 資格セクションに、 以下の、Kore Bot詳細を貼り付けます。APIキー(クライアントシークレット)、アプリID(クライアントID)およびBot名。以下の画像を参照してください。 これらの詳細を検索するには、
    1. Kore Botプラットフォームに有効な資格でログインします。
    2. 左のペインで、API拡張をクリックします。
    3. API拡張ページでは、デフォルトで、BotKit SDKオプションが選択されています。以下の画像に表示するように、詳細を検索できます。
  4. Unbluセクションで、以下の変更をします。
    1. Unblu資格セクションに、Unblu資格を貼り付けます。
    2. external_messenger セクションに、チャットに表示する名前、説明などを入力します。 外部メッセンジャー詳細にアクセスするには、
      1. Unbluデスクトップアプリケーションにログインします。
      2. 左ペインの外部連携セクションで、外部メッセンジャー選択します。
      3. 外部メッセンジャーページで、それぞれのメッセンジャーを選択すると、メッセンジャー詳細を検索できます。
    3. エージェントセクションに、作成するエージェント詳細を入力します。
    4. named_areaセクションに、名前MetaタグIDを入力します。名前付きエリアを作成するには、
      1. Unbluアプリケーションにログインします。
      2. 左ペインのサイト連携 セクションで、 指定エリアを選択します。 
      3. 指定エリアページで、右上の新しい指定エリアをクリックします。
      4. 新しい指定エリアウィンドウで、ドメイン名ドロップダウンリストから登録したドメインを選択し、名前フィールドに名前を入力します。新しくドメインを登録をクリックして、ドメインを登録することもできます。
      5. 保存をクリックします。
    5. admin セクションで、Unbluユーザー名を入力します。
  5. <config.json>ファイルを更新後、コマンドnpm iを実行して依存関係をインストールします。
  6. コマンドnpm startを実行して、連携セットアップを実行します。    注意:webhook URL は、API 拡張、<config.json> ファイル、上記のUnbluアカウントの外部メッセンジャーセクション(それぞれのメッセンジャーのエンドポイントURL)と同じである必要があります(API拡張のBotkit URL、app.urlおよびunblu.custom.external_messenger)。
  7. エージェント転送はダイアログレベルで設定されます。ダイアログタスクを開き、エージェント転送ノードを開き、以下に示すように設定が保存されていることを確認できます。

このページの内容

メニュー