はじめに
対話型AIプラットフォーム
チャットボットの概要
自然言語処理(NLP)
ボットの概念と用語
クイックスタートガイド
プラットフォームへのアクセス
ボットビルダーの操作
リリースノート
最新バージョン(英語)
以前のバージョン(英語)
廃止機能(英語)
コンセプト
設計
ストーリーボード
ダイアログタスク
ダイアログタスクとは
ダイアログビルダー
ノードタイプ
インテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
フォームノード
確認ノード
ロジックノード
ボットアクションノード
サービスノード
Webhookノード
スクリプトノード
グループノード
エージェント転送ノード
ユーザープロンプト
音声通話プロパティ
イベント ハンドラー
ナレッジグラフ
ナレッジグラフの抽出
ナレッジグラフの構築
ボットにナレッジグラフを追加
グラフの作成
ナレッジグラフの構築
既存のソースからFAQを構築
通知タスク
スモールトーク
デジタルスキル
デジタルフォーム
デジタルビュー
デジタルビューとは
パネル
ウィジェット
トレーニング
トレーニングとは
機械学習
機械学習とは
モデル検証
ファンダメンタルミーニング
ナレッジグラフ
示唆
ランキングおよび解決
NLPの詳細設定
NLPのガイドライン
インテリジェンス
インテリジェンスとは
コンテキスト
コンテキストインテント
割り込み
複数インテントの検出
エンティティの変更
デフォルトの会話
センチメント管理
トーン分析
テストとデバッグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話テスト
デプロイ
チャネル
公開
分析
ボットの分析
NLPメトリクス
会話フロー
Usage Metrics
封じ込め測定
カスタムダッシュボード
カスタムダッシュボードとは
メタタグ
カスタムダッシュボードとウィジェット
LLM and Generative AI
Introduction
LLM Integration
Kore.ai XO GPT Module
Prompts & Requests Library
Co-Pilot Features
Dynamic Conversations Features
ユニバーサルボット
ユニバーサルボットとは
ユニバーサルボットの定義
ユニバーサルボットの作成
ユニバーサルボットのトレーニング
ユニバーサルボットのカスタマイズ
他言語の有効化
ストア
プラントと使用
Overview
Usage Plans
Support Plans
Invoices
管理
ボット認証
複数言語対応ボット
個人を特定できる情報の編集
ボット変数の使用
IVRのシステム連携
一般設定
ボット管理
ハウツー
会話スキルの設計
バンキングボットを作成
バンキングボット – 資金の振り替え
バンキングボット – 残高を更新
ナレッジグラフを構築
スマートアラートの予約方法
Integrations
Actions
Actions Overview
Asana
Configure
Templates
Azure OpenAI
Configure
Templates
BambooHR
Configure
Templates
Bitly
Configure
Templates
Confluence
Configure
Templates
DHL
Configure
Templates
Freshdesk
Configure
Templates
Freshservice
Configure
Templates
Google Maps
Configure
Templates
Here
Configure
Templates
HubSpot
Configure
Templates
JIRA
Configure
Templates
Microsoft Graph
Configure
Templates
Open AI
Configure
Templates
Salesforce
Configure
Templates
ServiceNow
Configure
Templates
Stripe
Configure
Templates
Shopify
Configure
Templates
Twilio
Configure
Templates
Zendesk
Configure
Templates
Agents
Agent Transfer Overview
Custom (BotKit)
Drift
Genesys
Intercom
NiceInContact
NiceInContact(User Hub)
Salesforce
ServiceNow
Configure Tokyo and Lower versions
Configure Utah and Higher versions
Unblu
External NLU Adapters
Overview
Dialogflow Engine
Test and Debug
デジタルスキルの設計
デジタルフォームの設定方法
デジタルビューの設定方法
データテーブルのデータの追加方法
データテーブルのデータの更新方法
Add Data from Digital Forms
ボットのトレーニング
示唆の使用方法
インテントとエンティティのパターンの使用方法
コンテキスト切り替えの管理方法
ボットのデプロイ
エージェント転送の設定方法
ボット関数の使用方法
コンテンツ変数の使用方法
グローバル変数の使用方法
ボットの分析
カスタムダッシュボードの作成方法
カスタムタグを使ってフィルタリング
Data
Overview
Data Table
Table Views
App Definitions
Data as Service
Build a Travel Planning Assistant
Travel Assistant Overview
Create a Travel Virtual Assistant
Design Conversation Skills
Create an ‘Update Booking’ Task
Create a Change Flight Task
Build a Knowledge Graph
Schedule a Smart Alert
Design Digital Skills
Configure Digital Forms
Configure Digital Views
Train the Assistant
Use Traits
Use Patterns
Manage Context Switching
Deploy the Assistant
Use Bot Functions
Use Content Variables
Use Global Variables
Use Web SDK
Build a Banking Assistant
Migrate External Bots
Google Dialogflow Bot
APIs & SDKs
API Reference
API Introduction
Rate Limits
API List
koreUtil Libraries
SDK Reference
SDK Introduction
How the Web SDK Works
SDK Security
SDK Registration
Web Socket Connect and RTM
  1. ホーム
  2. Docs
  3. Virtual Assistants
  4. Bot Settings
  5. Bot Management
  6. サブスクリプションプラン

サブスクリプションプラン

Kore.aiプラットフォームは、さまざまなプランへのサブスクリプションのためにeコマース世界をサポートしています。サポートしているのは無料のセッションでプラットフォームを利用し始めることができる従量制モデルです。無料セッション終了後は、リーズナブルな金額(100ドルから)でアカウントをリロードすることができ、消費されたセッションのみが課金されることになります。 

使用プラン

このプラットフォームでは、従量制モデルをベースにしたプランを提供しています。これらのプランでは、使用した分だけ支払うことができ、アカウントをリロードすることにより、追加使用セッションを購入することができます。従量制モデルは、以下の4つのプランで構成されています。

  • 基本プラン
  • 標準プラン
  • エンタープライズプラン
  • 無料お試しプラン

基本プラン

基本プランは、FAQ/ナレッジグラフベースのボットのみを必要とするユーザーを対象としています。本プランは、ダイアログタスクおよびその他のタイプのタスクには対応しておりません。

標準プラン

本プランは、すべてのユーザーへの推奨プランです。“AD Sync”などののエンタープライズ機能を除く、プラットフォームで利用可能なすべての機能が含まれています。 。 利用上限は、エンタープライズプランと比較してより低くなります。

エンタープライズプラン

このプランでは、プラットフォームのすべての機能を利用でき、エンタープライズ ユーザーを対象としています。本プランは、基本プランおよび標準プランと比較して、より優れた使用量と料金制限を提供しています。

無料お試しプラン

“無料お試し”プランは、基本的にはエンタープライズプランですが、無料セッションがあります。本プランは、ユーザーが購入前にプラットフォームの機能をよく検討することを目的としています。

プランの詳細

以下のテーブルは、上記のプランで提供される機能別のリストです。

機能 プラン
基本 標準 エンタープライズ
デプロイメントモデル クラウド、ハイブリッド クラウド、ハイブリッド クラウド、ハイブリッド、オンプレミス
無料セッション(1アカウントにつき最大5つのボットが対象) 5,000 5,000 5,000
ストーリーボード いいえ はい はい
ダイアログビルダー いいえ はい はい
ダイアログタスクの最大許容値 なし 200 400
アラートタスク(通知回数) いいえ はい(1ユーザーあたり1時間に5回) はい(1ユーザーあたり1時間に5回)
ナレッジ抽出 はい はい はい
ナレッジグラフ はい はい はい
FAQの最大数 500 1,000 4,000
マルチチャネルのサポート はい はい はい
多言語サポート はい はい はい
マルチエンジン NLP はい はい はい
ユニバーサルボット いいえ はい はい
会話インテリジェンス なし はい はい
トレーニング発話最大回数 10,000 10,000 50,000
MLトレーニングモデル なし はい、標準ネットワークモデルの場合のみ はい
バッチテストスイートあたりの最大テストケース 5,000 10,000 20,000
会話テストの最大テストケース 5,000 10,000 20,000
ダッシュボード – カスタムウィジェット いいえ 10 無制限
分析の日付範囲 3か月 3か月 1年
バージョン(履歴) 10バージョン 20バージョン 40バージョン
IVRサンドボックス いいえ はい はい
公開APIへのアクセス はい はい はい
AD Sync いいえ いいえ はい
SSO はい はい はい
クラウドコネクタ いいえ はい はい

サポートプラン

Kore.aiでは、不具合やお問い合わせを解決するためのテクニカルサポートのプランを用意しています。サポートプランは個々のボットに割り当てられ、利用プランとは独立しています。それは4つのプランで構成されています。

  • 無料サポートプラン
  • デフォルトサポートプラン
  • 標準プラン
  • エンタープライズプラン

無料サポートプラン

無料サポートプランは、未公開のボット、およびフリーセッションで公開済みのボットに適用されます。

基本プラン

本プランは、すべての有料ボットへのデフォルトのサポートプランです。

標準プラン

本プランにはビデオ会議サポートが含まれており、基本プランと比較してSLAが改善されています。

エンタープライズプラン

本プランは、エンタープライズユーザーを対象としています。本プランは、基本プランおよび標準プランと比較して、より優れたサポートとSLAを提供しています。

プランの詳細

以下のテーブルは、上記のプランで提供される内容のリストです。

サポート提供 プラン
無料 基本 標準 エンタープライズ
コミュニティ アクセス はい はい はい はい
メール いいえ はい はい はい
ビデオ会議 いいえ いいえ はい はい
インシデント チケット いいえ はい はい はい
リレーションシップ管理者 いいえ いいえ いいえ はい
サポート体制 なし 8*5 24*7 24*7
S1重要 – 初期対応 なし 4時間 2時間 30分
S1重要 – 解決策 なし 30日 15日 7日

プランの実施

上記の制限の大部分は、ボットの公開時に実施されており、設計時ではありません。例として、あるボットの中には、好きなだけFAQを追加することができますが、500件(基本プランの場合)以上のFAQを公開することはできません。ボットの開発段階では、以下のような制約があります。

  • ユニバーサルボット
  • バッチテストスイートあたりの最大テストケース
  • ダッシュボード – カスタムウィジェット
  • 分析の日付範囲
  • バージョン(履歴)
  • IVRサンドボックス
  • AD Sync
  • データの保持
  • クラウドコネクタ

サブスクリプションプラン

Kore.aiプラットフォームは、さまざまなプランへのサブスクリプションのためにeコマース世界をサポートしています。サポートしているのは無料のセッションでプラットフォームを利用し始めることができる従量制モデルです。無料セッション終了後は、リーズナブルな金額(100ドルから)でアカウントをリロードすることができ、消費されたセッションのみが課金されることになります。 

使用プラン

このプラットフォームでは、従量制モデルをベースにしたプランを提供しています。これらのプランでは、使用した分だけ支払うことができ、アカウントをリロードすることにより、追加使用セッションを購入することができます。従量制モデルは、以下の4つのプランで構成されています。

  • 基本プラン
  • 標準プラン
  • エンタープライズプラン
  • 無料お試しプラン

基本プラン

基本プランは、FAQ/ナレッジグラフベースのボットのみを必要とするユーザーを対象としています。本プランは、ダイアログタスクおよびその他のタイプのタスクには対応しておりません。

標準プラン

本プランは、すべてのユーザーへの推奨プランです。“AD Sync”などののエンタープライズ機能を除く、プラットフォームで利用可能なすべての機能が含まれています。 。 利用上限は、エンタープライズプランと比較してより低くなります。

エンタープライズプラン

このプランでは、プラットフォームのすべての機能を利用でき、エンタープライズ ユーザーを対象としています。本プランは、基本プランおよび標準プランと比較して、より優れた使用量と料金制限を提供しています。

無料お試しプラン

“無料お試し”プランは、基本的にはエンタープライズプランですが、無料セッションがあります。本プランは、ユーザーが購入前にプラットフォームの機能をよく検討することを目的としています。

プランの詳細

以下のテーブルは、上記のプランで提供される機能別のリストです。

機能 プラン
基本 標準 エンタープライズ
デプロイメントモデル クラウド、ハイブリッド クラウド、ハイブリッド クラウド、ハイブリッド、オンプレミス
無料セッション(1アカウントにつき最大5つのボットが対象) 5,000 5,000 5,000
ストーリーボード いいえ はい はい
ダイアログビルダー いいえ はい はい
ダイアログタスクの最大許容値 なし 200 400
アラートタスク(通知回数) いいえ はい(1ユーザーあたり1時間に5回) はい(1ユーザーあたり1時間に5回)
ナレッジ抽出 はい はい はい
ナレッジグラフ はい はい はい
FAQの最大数 500 1,000 4,000
マルチチャネルのサポート はい はい はい
多言語サポート はい はい はい
マルチエンジン NLP はい はい はい
ユニバーサルボット いいえ はい はい
会話インテリジェンス なし はい はい
トレーニング発話最大回数 10,000 10,000 50,000
MLトレーニングモデル なし はい、標準ネットワークモデルの場合のみ はい
バッチテストスイートあたりの最大テストケース 5,000 10,000 20,000
会話テストの最大テストケース 5,000 10,000 20,000
ダッシュボード – カスタムウィジェット いいえ 10 無制限
分析の日付範囲 3か月 3か月 1年
バージョン(履歴) 10バージョン 20バージョン 40バージョン
IVRサンドボックス いいえ はい はい
公開APIへのアクセス はい はい はい
AD Sync いいえ いいえ はい
SSO はい はい はい
クラウドコネクタ いいえ はい はい

サポートプラン

Kore.aiでは、不具合やお問い合わせを解決するためのテクニカルサポートのプランを用意しています。サポートプランは個々のボットに割り当てられ、利用プランとは独立しています。それは4つのプランで構成されています。

  • 無料サポートプラン
  • デフォルトサポートプラン
  • 標準プラン
  • エンタープライズプラン

無料サポートプラン

無料サポートプランは、未公開のボット、およびフリーセッションで公開済みのボットに適用されます。

基本プラン

本プランは、すべての有料ボットへのデフォルトのサポートプランです。

標準プラン

本プランにはビデオ会議サポートが含まれており、基本プランと比較してSLAが改善されています。

エンタープライズプラン

本プランは、エンタープライズユーザーを対象としています。本プランは、基本プランおよび標準プランと比較して、より優れたサポートとSLAを提供しています。

プランの詳細

以下のテーブルは、上記のプランで提供される内容のリストです。

サポート提供 プラン
無料 基本 標準 エンタープライズ
コミュニティ アクセス はい はい はい はい
メール いいえ はい はい はい
ビデオ会議 いいえ いいえ はい はい
インシデント チケット いいえ はい はい はい
リレーションシップ管理者 いいえ いいえ いいえ はい
サポート体制 なし 8*5 24*7 24*7
S1重要 – 初期対応 なし 4時間 2時間 30分
S1重要 – 解決策 なし 30日 15日 7日

プランの実施

上記の制限の大部分は、ボットの公開時に実施されており、設計時ではありません。例として、あるボットの中には、好きなだけFAQを追加することができますが、500件(基本プランの場合)以上のFAQを公開することはできません。ボットの開発段階では、以下のような制約があります。

  • ユニバーサルボット
  • バッチテストスイートあたりの最大テストケース
  • ダッシュボード – カスタムウィジェット
  • 分析の日付範囲
  • バージョン(履歴)
  • IVRサンドボックス
  • AD Sync
  • データの保持
  • クラウドコネクタ
メニュー