チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク (英語)
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック (英語)
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者 (英語)
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Intelligence
  5. 標準応答のデフォルト設定

標準応答のデフォルト設定

Kore.aiのBotビルダーツールでは、デフォルトのテキスト応答がいくつか用意されています。このセクションではそれらをリストアップし、これらの応答がトリガーされるタイミングについて説明します。標準応答の概要については、こちらを参照してください

ステートメント

メッセージ 定義
ユーザーがある言語での会話を閉じて別の言語に切り替える意思を示した場合 お客様は現在、でBotと会話をしています。
oobにフィールドプロンプトのみが存在する場合 これはアクションタスクやアラートタスクのフィールドプロンプトメッセージです。Koreプラットフォームで使用するためのものです。エンタープライズはこれを変更すべきではありません。次の導入の一環として、Bot開発者はこれを隠します。
言語設定が行われた場合 ユーザが「cheat lang」を使用して言語を切り替えたり、表示されているオプションから言語を選択したりした場合に表示されます。
ユーザーがタスクにアクセスできない場合 開発者がアクセス権を持たないBotタスクにアクセスしようとした場合に表示されます。
ユーザーがアラートを選択 アラートタスクにのみ適用可能 この応答は、アラートが正常に設定されたときに表示され、Botは指定された頻度または時間にタスクを起動します。
ユーザーが現在のアクティビティを破棄/中断 以下のような場合に表示されます。 1. ユーザーが「discard」と言ってタスクを終了した場合 2. タスクが最大試行回数を超えて終了した場合や、LoVで利用できないエンティティや選択肢がある場合、HTTPリクエストでcURLの問題が発生した場合など
ユーザーが会話の終了を示唆(例:good night、bye、ttyl) この条件は、「はい、このダイアログの最後に、ダイアログ設定の[フォローアップタスク]リストからタスクを選択して実行するよう、ユーザーに要求します。」というフォローアップタスク設定が行われているダイアログタスクでのみ発生します。Botは、ダイアログの最後にフォローアップインテントの配列をユーザーに提示する時に、このメッセージを表示します。
ユーザーが提供した場所がアクションフィールドで無効 このメッセージは、Botが「Location」タイプのエンティティのユーザー入力を検証できない場合に表示されます。
アラートフィールドの変更 アラートタスクにのみ適用可能 エンドユーザーは、アラートを設定する際にアラートがトリガーされる頻度と共にアラートが必要とするパラメータの値を提供する必要があります。開発者がアラートを設定する前にアラートがユーザーからのすべての値を確認する必要があることを指定した場合、Botはユーザーが値を変更したい時にユーザーにオプションを表示します。 このBotの応答は、ユーザーが変更するために「Yes」と言った場合に表示されます。
フィールドを持たないタスクの変更 アラートタスク、アクションタスク、情報タスクに適用可能です。 アクションタスク、アラートタスク、情報タスクの場合の標準の確認メッセージは、エンティティを変更するオプションで終了します。タスクにエンティティ(フィールド)がない場合、このメッセージが表示されます。
少なくとも1つのオプションフィールドを要求 アクションタスクにのみに適用 アクションタスクを定義する際の詳細設定で、開発者は設定されたすべてのオプションパラメータのうち、少なくとも1つのオプションフィールド(パラメータ/エンティティ)をユーザーに提供することを強制するオプションについて設定を行うことができます。これは、変更のユースケースを処理するためのものです。 このBotの応答は、ユーザーがオプションパラメータのいずれにも値を提供しなかった場合に表示されます。
トピックの再試行制限を超過 これは開発者専用です(開発者モードオン)。 プラットフォームはループ制限のチェックを設定しており、ダイアログ条件の結果同じノードを複数回ループする場合(定義済みの制限値)、タスクは破棄され、このメッセージが開発者に表示されます。
ユニバーサルフォールバック応答 以下の場合に表示されます。 1. ユニバーサルキャッチオール:技術的な理由やその他の理由で、Botがそれ以上の応答を生成できない場合。 2. Botがボレーで実行できるノードの最大数を超えた場合で、ユーザーがBot開発者ではない場合。この場合、Bot開発者には「トピックの再試行制限を超過しました」というメッセージが表示されます。
サーバーが認証に失敗したため、ユーザは再認証が必要 このメッセージは、スクリプトノードの実行中およびAPIコールの実行中、サーバー認証に失敗した場合に表示されます。
ユーザーがオプションのリストから有効なオプションを選択 このメッセージは、Botが全タスクのリストを表示し、ユーザーがアクションタスク/アラートタスク/情報タスクを選択したときに表示されます。
ユーザーがアクションを選択 このメッセージは、ユーザーが実行するアクションタスクを選択したときに表示されます。Botはタスクが選択されたことを確認し、タスクを完了するために必要なパラメータの値を提供するようユーザーに要求します。
アラートが識別され、ユーザーにアラート時間を入力するように要求 アラートタスクにのみ適用可能 アラートのセットアップ中に、Botはユーザーにアラートがトリガーされる頻度の入力を要求します。エンドユーザーは、アラートタスクがトリガーされる間隔を指定する必要があります。 このBotメッセージは、トリガーの間隔オプションが「該当日の特定の時間」に設定されている場合、ユーザーに対してアラート時間を指定するよう要求するために表示されます。
アラートが識別され、ユーザーにアラートの時間間隔を入力するように要求 アラートタスクにのみ適用可能 アラートのセットアップ中に、Botはユーザーにアラートがトリガーされる頻度の入力を要求します。エンドユーザーは、アラートタスクがトリガーされる間隔を指定する必要があります。 このBotメッセージは、トリガーの間隔オプションが「X分ごと」に設定されている場合、ユーザーに対してアラートの時間間隔を指定するよう要求するために表示されます。
ユーザーがアラートを選択 このメッセージは、ユーザーが実行するアラートタスクを選択したときに表示されます。Botはタスクが選択されたことを確認し、タスクを完了するために必要なパラメータの値を提供するようユーザーに求めます。
タスクの廃棄 タスクフローの途中でユーザーが「discard」と入力した場合に表示されます。Botはタスクを破棄します。
デフォルトのアカウントを選択しているBot アラートに使用します。アラートを設定する前に ユーザーが何かを変更するかどうか尋ねられ、ユーザーが何と回答するかがBotに理解されていない場合に表示されます。
統合されたタスクの確認ダイアログ アクションタスクや情報タスクで使用します。 タスクを実行する前に、Botはタスクを実行できるかどうかを取得したパラメータでユーザーに確認します。
統合されたアラートの確認ダイアログ アラートタスクにのみ適用可能 エンドユーザーによるタスクの設定中に、Botはアラートを設定する前に入力されたすべての詳細をユーザーと確認します。また、ユーザーに値を変更するか、続行するか、破棄するかのオプションを提供します。 このメッセージは、開発者がタスクの実行前にすべてのパラメータの確認を有効にしている場合にのみ表示されます。
フィールドなしで統合されたアラートの確認ダイアログ アラートタスクにのみ適用可能 アラートがエンドユーザーからのパラメータを期待していない場合、Botはアラートの最終実行前にこのメッセージを表示します。 このメッセージは、開発者がタスクの実行前にユーザーとの確認を有効にしている場合にのみ表示されます。
アラートがミュートにされる このメッセージは、開発者がアラート通知をミュートにした場合に表示されます。
アラートがミュートにされたときの確認ダイアログ アラートタスクにのみ適用可能 この応答は、開発者がRSSフィードの「アラート通知をミュートにする」を有効にした場合に表示されます。RSSのアラートが受信されるたびにデスクトップや携帯電話に通知を表示したくない場合、開発者は「アラート通知をミュートにする」を有効または無効にすることができます。デフォルトでは通知は有効になっています。
アラート頻度の説明 アラートタスクにのみ適用可能 Webサービスを使用して設定された場合、アラートタスクはBotユーザーが選択した頻度に基づいてリクエストを行います。 このメッセージは、クエリの頻度に関するアラートタスクの設定確認として表示されます。
確認時の入力が理解できていない アラートの設定プロセスにおいて、ユーザーは頻度設定の確認を求められます。ユーザーの応答は頻度のクエリとは関係ありません。
検索文字列の結果が見つからない アラートタスク、アクションタスク、情報タスクに適用可能です。 typeaheadフィールドが結果を返さない場合
タスクの設定に成功 このメッセージは、アラートタスクが正常に設定された場合に表示されます。
言っていることが不明 Botがユーザーの発話に対して1つ以上の不明瞭なインテントを検出したときに表示されます。通常はFAQの提案で表示されます。
インテントの認識のあいまい性 この応答は、Botがエンドユーザーの発話からインテントを特定できなかった場合に表示されます。その後、Botはユーザーに該当の文を言い換えるよう促します。
ユーザーが1日あたりのアラートを設定することを選択し、Botはその選択が頻度または特定の時間に基づいているかどうかを知る必要がある アラートタスクにのみ適用可能 このメッセージは、Botがユーザーに対してアラートタスクが自動でトリガーされる頻度を提供するよう要求した際に表示されます。これは「午前10時」のような特定の時間を指定することも、「10分ごと」のような頻度で指定することも可能です。これは両方のオプションが設定されている場合のメッセージです。
Botはフィルタオプションを提示する必要がある アラートタスクにのみ適用可能 このメッセージは、アラートのセットアップ中に複数のフィルタが利用可能な場合に表示されます。その場合、Botはこのメッセージの後に利用可能なフィルタ一覧を表示し、ユーザーは適用するフィルタを選択することができます。
Botは終了オプションを使用してフィルタオプションを提示する必要がある アラートタスクにのみ適用可能 このメッセージは、アラートのセットアップ中に複数のフィルタが利用可能な場合に表示されます。その場合、Botはこのメッセージの後に利用可能なフィルタ一覧を表示し、ユーザーは適用するフィルタとスキップするオプションを選択することができます。
ユーザーがフィルタリング設定を終了 アラートタスクにのみ適用可能 このメッセージは、ユーザーがアラートタスクの設定中にフィルタリング設定を完了した後に表示されます。
ユーザーからの「Who am I」という質問 ユーザーが「who am I」と入力した場合に表示されます。
ユーザーがヘルプを求める このメッセージは、ユーザーが「Help」と入力した場合に表示されます。Botは、実行可能なすべてのダイアログタスク、アラートタスク、アクションタスク、情報タスクをリストアップします。 「ヘルプ」メッセージの一部です。
スキップされた値 アクションタスクおよび情報タスクに適用可能 これはアクションタスク/情報タスクの確認メッセージの一部であり、確認メッセージの中でスキップされたパラメータについて言及しています。
フィールドを埋めている間に、このフィールドが依存するフィールドを変更するようユーザーに要求する アクションのドロップダウンに適用可能 このメッセージは、アクションのドロップダウンフィールドが別のフィールドに依存しており、プラットフォームが依存フィールドからデータを取得できない場合にユーザーに表示されます。
データがない場合 アクションタスクに適用可能 このメッセージは、ユーザーがアカウントの変更を選択し、Botの確認時に「no」を入力した場合に表示されます。
無効な形式で日付を指定した場合 ユーザーが日付エンティティに対して無効なエントリを入力した場合に表示されます。プラットフォームは、YYYY-MM-DD、DD-MM-YYYY、DD-MM-YY、1982年1月1日または1月1日、あるいは「This day last year」「Next Friday」などの記述タイプの日付を含む日付形式を認識します。
このメッセージは、エンドユーザーが実行中の現在のタスクを破棄した場合にBotによって表示されます。ユーザーは、実行中の現在のタスクを破棄するために、「discard/discard all」コマンドを使用することができます。exitやcancelなどの他の同様のコマンドを使用して破棄することもできます。 入力された文をフォローアップする ユーザーは現在のアクティビティを破棄/中断する
スキップされたフィールドを持つタスクの確認ダイアログ アクションタスクおよび情報タスクに適用可能 このメッセージは、ユーザー入力が必須ではないフィールドがいくつかある場合に、タスクの最終実行前にアクション/情報の設定を確認するために表示されるものです。
すべてのタスクのリストアップ このメッセージは、エンドユーザーが「Help」と入力し、Botがすべてのタスクをリストアップした場合に表示されます。これは、ユーザーの発話がどのタスク/質問にも一致しない場合に表示されるメッセージの一部です。
すべてのアラートのリストアップ このメッセージは、エンドユーザーが「Help」と入力し、Botがすべてのアラートタスクをリストアップした場合に表示されます。これは、ユーザーの発話がどのタスク/質問にも一致しない場合に表示されるメッセージの一部です。
すべてのFAQのリストアップ 「Help」を要求された際にユーザーに応答する場合に表示されます。この応答はより大きな応答の一部であり、ナレッジグラフコレクションを扱います。
タスクの後にすべてのアラートをリストアップ Botにアラートタスクがある場合、Botはユーザーインテントを理解できなかった際にこのメッセージをすべてのアラートタスクのリストと共に表示します。
タスクとFAQの後にすべてのアラートをリストアップ ユーザーが「Help」を入力すると、アクション、ダイアログ、FAQ、アラートのすべてのタイプのタスクがBotで設定されます。
BotのすべてのアクションおよびFAQをリスト表示 このメッセージは、Botがエンドユーザーの発話に一致するタスクを見つけられず、すべてのアクションおよびFAQをリスト表示する場合に表示されます。
BotのすべてのアラートおよびFAQをリスト表示 このメッセージは、Botがエンドユーザーの発話に一致するタスクを見つけられず、すべてのアラートおよびFAQをリスト表示する場合に表示されます。
Botにタスクがない場合 作成されたタスクを持たないBotを開発者が実行しようとした場合に表示されます。
サーバーの呼び出しに失敗してタスクを破棄しなければならない場合 Kore APIコールが実行できず(Webhookノードやサービスノード)、タスクを破棄しなければならない場合に表示されます。
サーバー呼び出しの失敗によりタスクが破棄された場合のユーザープロンプト このメッセージは、APIコールが正常に完了しなかったためにサーバーコールに失敗した場合に表示されます。
特定のBotで会話ができない このメッセージは、Botがまだ公開されておらず、エンドユーザーがBotと通信しようとした場合に表示されます。
確認中のフィールドタイトルと値 アラートタスク、アクションタスク、情報タスクに適用可能 これは、アラートタスク、アクションタスク、または情報タスクを実行する前の確認手続きの一環です。取得されたパラメータの表示形式については、こちらで説明しています。
再帰ダイアログを検出 Botが再帰的にダイアログを呼び出し、上限(100)を超えた場合に表示されます。
ノードのループ制限に到達 Botがループ内の同じノードを許可された回数を超えて繰り返し呼び出した場合に表示されます。
メッセージコンポーネントにメッセージがない メッセージノードやサービスノードからのメッセージが空白であったり、解決できなかったりする場合は、このデフォルトのメッセージを表示します。
ユーザーからの感謝の言葉 ユーザーがBotに感謝を伝えた場合に表示されます。
コンテキストにタスクがない場合にユーザーが「OK」、「fine」、「yes」などと言う ユーザーが「OK」、「fine」、「got it」などと言ったときに表示されます(おそらくタスク終了後)。
コンテキストにタスクがない場合にユーザーが「no」、「nope」などと言う これは、「No」、「Nope」などのユーザーの発話に対する応答内のスモールトークです。
コンテキストにタスクがない場合に、ユーザーが「great」、「awesome」などと言う ユーザーが「great」、「awesome」などと言ったときに表示されます。(おそらくタスク終了後)
ユーザーが「that helped」、「that was useful」などと言う ユーザーが「good」、「great」、「awesome」、「cool」、「fair enough」、「that helped」、「it helps」、「that was useful」、「that was handy」などと言った場合に表示されます。(おそらくタスク終了後)
ユーザーが「I am done」、「That's it for now!」などと言う ユーザーが「I am done」、「that's it for now」、「that's all」、「done」などと言った場合に表示されます。(おそらくタスク終了後)
フィルタの追加に成功 このメッセージは、フィルタがアラートに正常に追加された場合に表示されます。
フィルタの追加に成功し、フィルタのオプションが再度表示される アラートタスクにのみ適用 開発者は、エンドユーザーのフィルタを定義して、エンドユーザーのニーズに応じてアラートタスクの結果を制限することができます。エンドユーザーがアラートを設定し、フィルタを適用すると、フィルタの仕様を満たすアラートメッセージのみがエンドユーザーに表示されます。 このメッセージは、アラートに対してフィルタが有効になっている場合に表示されます。
ユーザーがフィルタに対して無効な入力を行い、フィルタオプションが再度表示される アラートタスクにのみ適用可能 ユーザーが設定済みのフィルタ名と一致しないフィルタ名を指定した場合に、メッセージが表示されます。
一時停止中のタスクを再開する このメッセージは、ユーザーが一時停止中のタスクを再開することを選択した時に表示されます。このメッセージは、再開オプションが「保留中のタスクが再開されたことをメッセージでユーザーに通知する」に設定されている場合にのみ表示されます。
一時停止中のタスクをキャンセルしたことをユーザーに通知する このメッセージは、ユーザーが保留中のタスクをキャンセルすることを選択した場合に表示されます。保留中のタスクをキャンセルするこのオプションは、再開オプションが「保留中のタスクを再開する前にユーザーに確認を取る」に設定されている場合にのみ有効です。 ユーザーが再開の確認を求められ、保留中のタスクをキャンセルすることを選択した場合は、このメッセージが表示されます。
別のタスクに切り替えるために現在のタスクをキャンセルしたことをユーザーに通知する このメッセージは、「保留と再開 – 保留オプション」が「現在のタスクを破棄して新しいタスクに切り替える」に設定されている場合に表示されます。 現在のタスクを破棄する前に、Botは指定されたメッセージを表示します。 このメッセージは、「応答の管理」オプションからカスタマイズすることができます。
一時停止が確認されたが、保留が許可されていない場合 このメッセージは、1つのタスクが実行されているが、現在のタスクを中断できない状況に置いて、ユーザー入力が別のタスクと一致した場合に表示されます。この状況では、Botは新しいタスクをフォローアップタスクリストに追加し、現在のタスクの実行を継続します。この動作を行うには、開発者は「保留と再開の設定」で「現在のタスクを継続し、フォローアップタスクリストに新しいタスクを追加する」を選択する必要があります。
サービスコールのタイムアウト サードパーティのAPIコールがタイムアウトになった場合に表示されます(Webhookノードまたはサービスノード – サードパーティの非同期APIタイムアウト)。
ダイアログに遷移がない ダイアログタスクにのみ適用可能 この応答は、会話フローが定義されていないダイアログタスクをBotが識別した場合に表示されます。タスクは、インテントノードでのみ定義されます。
アカウントの管理 ユーザーは「manage bot accounts」、「add new phone number」、「manage my profile」、「I want to delete my bot account」、「I want to reactivate my account」などと言います。

クエリ

メッセージ 定義
会話中に検出された新しい言語に切り替えたいかどうかをユーザーに尋ねる 現在の会話はで行われていますが、現在の入力からを検出しました。使用したい言語を入力してください。
会話中に検出された新しい言語に切り替えたいかどうかをユーザーに尋ねる あなたの入力がであることを検出しました。現在の会話を閉じるには「Yes」と言ってください。 そのまま会話を続けるには「No」と言ってください。
タスク実行後の文のフォローアップまたはタスクの破棄 承知しました。ひとまずタスクを破棄します。準備が整い次第いつでもやり直すことができます。
廃棄前の確認 Citibankのような特定のクライアントにのみ適用されます。タスク実行中に、ユーザーが「Discard」または「Discard All」を入力した場合に表示されます。
ユーザーが「Change」または類似の言葉を入力 アラートに適用可能 アラートのフィルタリング設定の間に、ユーザーが気が変わったとします。 このメッセージは、Botが現在のアラート設定を破棄する場合に表示されます。
関連する結果を検索するためにテキストを入力することを要求されたユーザー アクションタスク、アラートタスク、情報タスクに適用可能です。パラメータがタイプ – 「Type ahead」の場合、ユーザーにはこのメッセージが表示されます。
アラート頻度の入力をユーザーに要求する アラートに適用可能 このメッセージは、アラートの頻度を設定する際にユーザーを促すために使用されます。頻度のオプションは、間隔(4時間ごと)または時間(午前10時)のいずれかです。
アラート間隔の入力をユーザーに要求する アラートに適用可能 このメッセージは、アラートの頻度を設定する際にユーザーを促すために使用されます。頻度のオプションは間隔(4時間ごと)です。
アラート時間の入力をユーザーに要求する アラートの開発者が定義したスケジュールオプションごとに表示され、アラートの設定中に促されます。例えば、ユーザーが「毎日」を選択した場合、Botは時間を入力するようユーザーに促します。
アラートが識別され、頻度の入力をユーザーに要求する アラート時に開発者が定義したスケジュールオプションに従って表示され、アラートの設定中に促されます。
アラートインスタンスの名前の入力をユーザーに促す アラートに適用可能 – ユーザーがKoreメッセージングアプリにアラートをインストールしようとした場合
ユーザーは、静的ドロップダウンの結果として表示されるリストから値を選択する必要がある アラートに適用可能です。 ユーザーが通知にフィルタを適用することを選択し、フィールドタイプの静的ドロップダウンのフィルタを選択した場合、このメッセージと共にオプション名がユーザーに提示されます。
ユーザーは、検索結果の結果として表示されるリストから値を選択する必要がある アラートに適用可能です。 ユーザーが通知にフィルタを適用することを選択し、フィールドタイプの動的ドロップダウンのフィルタを選択した場合、このメッセージと共にラベルキーがユーザーに提示されます。
Webhookの指示を送信するためのメールアドレスのリクエスト 開発者に設定方法が送信されるWebhookアラートに適用可能です。
アラートインスタンスの説明を取得するためのクエリ アラートに適用可能 このメッセージは、アラートの設定中にユーザーに説明を求めるために使用されます。
行いたい動作のアルファベットまたは一意の単語を要求 Botがオプションのリストを表示する必要がある場合、リストの前にこのメッセージを表示して、ユーザーにオプションの選択を促します。Botがカスタムテンプレートを使用していない場合、リストはアルファベット順に表示され、ユーザーは選択肢またはそれに関連する文字を入力することができます。
無効な選択により言っていることが不明 ユーザーの発話が不明瞭な一致の検出につながった場合、Botはユーザーが選択できるオプションを表示します。 後に続くユーザーのメッセージが、最初に識別されたあいまいなアラートのいずれにも一致しない場合、このメッセージが表示されます。
アラートを選択するようユーザーに要求する アラートに適用可能 このメッセージは、ユーザーにアラートのリストが示され、その中から選択することができる場合に表示されます。
エラーが発生した後にアラートを選択するようユーザーに要求する アラートに適用可能 このメッセージは、ユーザーにアラートの一覧が表示され、ユーザーが間違った選択をした場合に表示されます(おそらく間違ったインデックス)。
確認ダイアログに無効な回答が返ってきた場合 動作の確認時に、ユーザーが何かを変更したいと言ったがBotがその何かを理解していない場合、このメッセージを表示して再度確認を求めます。
フィールドプロンプトがタスクの最初のフィールドの場合、先行入力する アクションタスク、アラートタスク、情報タスクに適用可能です。パラメータが「Type ahead」というタイプの場合、ユーザーにはこのメッセージが表示されます。
ユーザーがアラートの一覧から有効なアラートを選択した後に、アラート名を変更しようとする アラートに適用可能 ユーザーは、セットアップ中にアラート名を変更/修正することができます。 このメッセージは、ユーザーがアラートにどのような名前を付けたいかを尋ねるために使用されます。
ユーザーが変更を選択し、選択肢を入力した後 アラートに適用可能 ユーザーは、アラートのセットアップ中に名前、説明、通知、頻度などのパラメータを変更することができます。 このメッセージは、任意のパラメータが正常に変更された後に、別の変更を加えるかどうかをユーザーに尋ねるために使用されます。
検索文字列の結果が見つからないため、ユーザーに再試行を要求する アクションタスク、アラートタスク、情報タスクに適用可能です。パラメータが「Type ahead」タイプで、ユーザ入力がAPI応答から結果を取得しない場合です。
フォローアップ文の投稿 ユーザーが現在のアクティビティを破棄/中断 – パート2 アラートに適用可能 アラート確認の際、ユーザーは「no」と回答した後、何か変更するかどうかを尋ねられ(「ユーザーがアラート設定確認に「no」と回答」というタイトルのメッセージ)、ユーザーは再度「no」と回答します。
あいまいなタスクをリストアップ このメッセージは、ユーザーがリストからタスクを選択するように促された場合に表示され、さらにその回答があいまいな場合に表示されます。
割り込みタスクを完了した後、最後に一時停止中のタスクを継続するかどうかをユーザーに尋ねる この条件は、保留と再開設定で、「保留中のタスクの再開オプションを再開する前に、ユーザーに確認を求める」という再開オプションが設定されているBotにのみ適用されます。Botは、新しいタスクの実行が完了し、保留中のタスクを再開できるかどうかを確認する際にこのメッセージを表示します。
ユーザーが切り替えを希望するかどうかを尋ねるために表示 割り込みの管理に適用可能 このメッセージは、「保留と再開」が「エンドユーザーに動作の選択を許可する」に設定されている場合に表示されます。この状況では、ユーザの発話がタスク名と一致した場合、Botは新しいタスクに切り替える前にエンドユーザに確認を行います。

エラーと警告

メッセージ 定義
FAQに関連付けられたダイアログタスクが利用できない この応答は、FAQにリンクされたダイアログが一時停止または削除された場合や、ユーザーに割り当てられていない場合に表示されます。
ユーザーが認証または再認証する必要がある この応答は、エンドユーザの認証または再認証が要求された場合に表示されます。 シンプルモードで定義されたメッセージには、ユーザーの認証を取得するために必要な認証URLが動的に与えられます。詳細モードでメッセージを定義する場合は、koreUtil.getCurrentOptions()関数を使用して認証URLを取得し、メッセージの一部として使用することができます。詳細はこちら
ユーザーの認証に失敗したか、ユーザーがまだ認証していない Bot/タスクへのアクセスに認証が必要な場合、Botはユーザーにこの認証要求のメッセージを表示します。このメッセージの後には、認証プロファイルのタイプに応じて、Webページで開かれるリンクが表示されます。
ユーザーのインテントは認識されているが、認証に失敗 この応答は、Botによって識別されたインテントが認証を必要とするサービスコールを行う必要があり、認証によってアカウントがまだ作成されていない場合に表示されます。
ユーザー認証に3回以上失敗した ユーザが誤った認証情報を連続して3回入力した場合に表示されます。
ユーザーが一意でない値を提供した 部分的に一致するインテントの一覧がユーザに表示され、ユーザーがオプションから選択するのではなく、あいまいさを生み出す何かを入力した場合。
ユーザーの選択に基づいたオプションが見つからない >リストに表示するオプションセットが空白の場合。 選択するアカウント認証情報がない場合にも表示することができます。
リストまたはルックアップのオプションが見つからなかったため、タスクを破棄した サービスコールを行った後の応答に、ユーザーが入力した選択肢が存在しない場合に表示されます。ユーザー入力がサードパーティの応答から検索される、ユーザー入力のシンプルなタスクのフィールドはその一例です。(アクションタスク、アラートタスク、および情報タスク – チャットウィンドウからのユーザー入力による動的ドロップダウンまたは選考入力フィールドタイプが例として挙げられます)
タスクが識別された場合、サーバーコールの失敗が返される タスクが識別されたが、サードパーティのAPIにアクセスするためのKore上のユーザーアカウントが期限切れまたは失敗した場合に表示されます。
ユーザーが無効なメールアドレスを入力 ユーザーがアラートタスク、アクションタスク、または情報タスクに無効な電子メールアドレスを入力した場合に表示されます。
ユーザーが無効な国を入力 ユーザーがアラートタスク、アクションタスク、または情報タスクに無効な国名を入力した場合に表示されます。
ユーザーが無効なURLを入力 ユーザーがアラートタスク、アクションタスク、または情報タスクに無効なURLを入力した場合に表示されます。
ユーザーが無効な電話番号を入力 ユーザーがアラートタスク、アクションタスク、または情報タスクに無効な電話番号を入力した場合に表示されます。
ユーザーが無効な番号を入力 ユーザーがアラートタスク、アクションタスク、または情報タスクの数値入力に対して、文字列または説明を入力した場合に表示されます。
無効な日付形式 ユーザーがアラートタスク、アクションタスク、または情報タスクに無効な日付形式を入力した場合に表示されます。
日付の不足 ユーザーがアラートタスク、アクションタスク、または情報タスクの日付形式を入力していない場合に表示されます。
フィールドへの時間の入力をユーザーに要求する ダイアログタスクの「Date Time」タイプのエンティティに時間を入力しなかった場合に表示されます。
時間の入力をユーザーに要求する ユーザーがDateTimeエンティティに時間ではなく日付のみを入力した場合に表示されます。例えば、Schedule Appointmentタスクで、Botが希望する日時を尋ね、ユーザーが日付のみを入力した場合に表示されます。
無効な時間。フィールドの再試行をユーザーに要求する DateTimeエンティティに適用 このメッセージは、BotがユーザーにDateTimeエンティティの時間部分の入力を求め、ユーザーの応答に時間が含まれていない場合に表示されます。Botはユーザーに再試行を要求します。
無効な時間。ユーザーに再試行を要求する ユーザーがDateTimeエンティティに無効な時間値を入力した場合に表示されます。 例えば、Schedule Appointmentタスクで、希望する日時をBotが尋ね、ユーザーが「Aug 29 at 25」のような値を入力した場合に表示されます。
日時の不足 アクションタスクとアラートに適用可能 このメッセージは、動作とアラートのDateTimeエンティティのエラープロンプトとして表示されます。
間違った選択をした これは、以下の条件を持つ他のキーのサブキーです。 「無効な選択をした後に行いたい動作のアルファベットまたは一意の単語を要求」 「無効な選択により言っていることが不明」 「エラーが発生した後にアラートを選択するようユーザーに要求する」 「アラートスケジュールの可能な間隔を表示する必要がある場合」 「タスクスケジュールの選択が間違っている」 「間違った選択をした後にすべてのタスクをリストアップする」 「間違った選択をした後にすべてのアラートをリストアップする」 「間違った選択をした後にすべてのFAQをリストアップする」 「間違った選択をした後にすべてのタスクとアラートをリストアップする」 「間違った選択をした後にすべてのアラート、タスク、FAQをリストアップする」 「間違った選択をした後にBotのすべての動作とFAQをリストアップする」 「間違った選択をした後にBotのすべてのアラートとFAQをリストアップする」
要求を理解することができない Botがユーザーのインテントを認識できない場合に表示されます。通常、ユーザーが選択できるように、Bot内で利用可能なタスクやFAQの一覧と共に表示されます。
Botが選択された場合、ユーザーは再認証を要求される サービスコールに適用可能 このメッセージは、ユーザーの認証情報の有効期限が切れたためにAPIコールが失敗し、Botがユーザーに再認証を要求した場合に表示されます。
間違った選択をした後にすべてのタスクをリストアップする ヘルプ関連 – 開発者がアクションタスク/ダイアログタスク/情報タスクのみを設定しており、ユーザー入力がどのタスクとも一致しなかった場合。
間違った選択をした後にすべてのアラートをリストアップする ヘルプ関連 – 開発者がBotでアラートのみを設定しており、ユーザー入力がどのタスクとも一致しなかった場合。
間違った選択をした後にすべてのFAQをリストアップする ヘルプ関連 – 開発者がBotでFAQのみを設定しており、ユーザー入力がどのFAQとも一致しなかった場合。
リクエストを理解できなかった後にすべてのFAQをリストアップする Botにナレッジグラフがある場合、Botはユーザーのインテントを理解できなければこのメッセージを表示します。
リクエストを理解できなかった後にすべてのアクションをリストアップする Botにアクションタスクがある場合、Botはユーザーのインテントを理解できなければこのメッセージを表示します。メッセージと一緒にアクションタスクの名前が表示されます。
リクエストを理解できなかった後にすべてのアクションおよびアラートをリストアップする Botにアクションタスクおよびアラートタスクがある場合、Botはユーザーのインテントを理解できなければこのメッセージを表示します。メッセージと一緒にアラートタスクとアクションタスクの名前が表示されます。
リクエストを理解できなかった後にすべてのアクションおよびFAQをリストアップする BotにアクションタスクおよびKGグラフがある場合、Botはユーザーのインテントを理解できなければこのメッセージを表示します。メッセージと一緒にアクションタスクとナレッジグラフの名前が表示されます。
リクエストを理解できなかった後にすべてのアラートをリストアップする Botにアラートタスクがある場合、Botはユーザーのインテントを理解できなければこのメッセージを表示します。メッセージと一緒ににアラートタスクの名前が表示されます。
リクエストを理解できなかった後にすべてのアラートおよびFAQをリストアップする BotにアラートタスクおよびKGグラフがある場合、Botはユーザーのインテントを理解できなければこのメッセージを表示します。メッセージと一緒にアラートタスクとナレッジグラフの名前が表示されます。
リクエストを理解できなかった後にすべてのタスクをリストアップする Botがユーザーのインテントを理解できなかった場合、実行可能なタスクの名前と一緒にこのメッセージを表示します。
間違った選択をした後にすべてのタスクとアラートをリストアップする ユーザーが「Help」と入力して開いたタスクリストから無効なオプションを選択した場合に表示されます。例えば、タスクリストにa~cのオプションがあり、ユーザが「d」と入力した場合などです。
間違った選択をした後にすべてのアラート、タスク、FAQをリストアップする ヘルプ関連 – 開発者がアラートタスク/ダイアログタスク/FAQタスクの設定のみを行っており、ユーザー入力がどのタスクとも一致しない場合。
間違った選択をした後にBotのすべての動作とFAQをリストアップする これは、Botにアラートタスクとナレッジグラフしか含まれていない場合にのみ発生します。Botがアクションタスクの名前とKGグラフを表示している場合、ユーザーが無効なオプションを選択するとこのメッセージが表示されます。例えば、タスクリストにa~cの選択肢があり、ユーザが「d」を入力した場合などです。
間違った選択をした後にBotのすべてのアラートとFAQをリストアップする これは、Botにアラートタスクとナレッジグラフしか含まれていない場合にのみ発生します。Botがアクションタスクの名前とKGグラフを表示している場合、ユーザーが無効なオプションを選択するとこのメッセージが表示されます。例えば、タスクリストにa~cの選択肢があり、ユーザが「d」を入力した場合などです。
ユーザーが許可された最大試行回数を超過した場合、タスクは破棄される ユーザーがエンティティタイプに無効なフォーマットを5回入力した場合に表示されます。例えば、エンティティのタイプが「number」で、ユーザーが5回メールアドレスを入力した場合などです。
ダイアログ内のエンティティコンポーネントにエラープロンプトがない場合 エンティティノードに関連付けられたエラープロンプトがない場合に表示されます。これは通常、デフォルトのエラープロンプトを誤って削除し、ノードのプロパティを保存しようとした場合に発生します。
ダイアログ内のエンティティコンポーネントがメッセージ属性を持たない場合 エンティティにメッセージプロンプトが定義されていない場合のフォールバックメッセージ

質問

メッセージ 定義
ユーザーの入力が一致し、頻度を尋ねられた場合 アラートに適用可能 このメッセージは、ユーザーがアラートの頻度を設定するよう促された場合、およびユーザーの回答があいまいな場合に表示されます。
アラートの更新を確認する頻度を入力するようユーザーに要求する場合 アラートタスクに適用可能 このメッセージは、アラートがトリガーされる頻度を入力するようBotがユーザーに要求した場合に表示されます。

選択

メッセージ 定義
ユーザー入力に基づいて検索結果を表示する(先行入力検索) アラートタスクに適用可能です。 アラートタスクに対して、開発者はフィルタを設定してアラートタスクの出力を制限することができます。フィルタ設定では、「フィールドタイプ」に「先行入力」を指定することができます。このフィールドタイプは、タスクに定義されたURLからの応答に基づいて、ユーザーが検索結果に一致する3文字以上を入力すると、実行時に動的に入力された選択肢のドロップダウンリストをユーザーに表示します。 このメッセージは、アラートタスクのフィルタ設定時に、エンドユーザーが「先行入力」タイプの「フィールドタイプ」を入力した場合に表示されます。
アラートの頻度の確認 アラートタスクに適用可能です。 このメッセージは、Botがアラートタスクの現在のトリガー頻度をエンドユーザーに確認した場合に表示されます。
デフォルトのアラート頻度の確認を繰り返す アラートタスクに適用 エンドユーザーは、アラートタスクのトリガーの頻度を変更/修正することができます。 このメッセージは、ユーザー入力とアラート頻度の予測される入力が一致しない場合に表示されます。
頻度でのアラートタスクの設定を確認する アラートタスクに適用可能 このメッセージは、アラートタスクのトリガーの頻度を確認するために表示されます。
ユーザーにフィルタリング設定を促す アラートタスクに適用可能 開発者は、アラートタスクのフィルタを作成することができます。これらのフィルタは、アラートタスクの結果をエンドユーザーが必要とする結果に制限します。 このメッセージは、Botがユーザーにフィルタを設定するかどうかを尋ねた場合に表示されます。
アラートが確認されるとすぐにユーザーにフィルタリング設定を促す アラートタスクに適用可能 開発者は、アラートタスクのフィルタを作成することができます。これらのフィルタは、アラートタスクの結果をエンドユーザーが必要とする結果に制限します。 このメッセージは、Botがユーザーにフィルタを設定をするかどうかを尋ねた場合に表示されます。
プッシュ通知の設定をユーザーに要求する アラートタスクに適用可能 Botは、アラートのセットアップ前にユーザーが入力したパラメータを確認します。ユーザーは「no」または「amend」を選択することができ、その場合、Botはアラートのセットアップ前にユーザーにアラート内の名前、説明、通知、頻度または任意のその他のパラメータを変更することを許可します。 このメッセージは、ユーザーがアラート通知の設定を変更/修正したい場合に表示されます。ユーザーは、yes/noの応答によって、アラート通知を有効/無効にすることができます。
プッシュ通知を設定するようユーザーに繰り返し要求する アラートタスクに適用可能 Botは、アラートのセットアップの前にユーザーが入力したパラメータを確認します。ユーザーは「no」または「amend」を選択することができ、その場合、Botはアラートのセットアップ前にユーザーにアラート内の名前、説明、通知、頻度または任意のその他のパラメータを変更することを許可します。 このメッセージは、ユーザーが通知設定を変更するために入力した内容が、事前に定義された応答(yes/no)と一致しない場合に表示されます。
説明のリクエストを変更する アラートタスクに適用可能 Botは、アラートのセットアップの前にユーザーが入力したパラメータを確認します。ユーザーは、「no」または「修正」を選択することができ、その場合、Botはアラートのセットアップ前にユーザーにアラート内の名前、説明、通知、頻度または任意のその他のパラメータを変更することを許可します。 このメッセージは、ユーザーがアラートの説明を変更/修正したい場合に表示されます。
説明のリクエストを変更する アラートタスクに適用可能 Botは、アラートのセットアップの前にユーザーが入力したパラメータを確認します。ユーザーは、「no」または「修正」を選択することができ、その場合、Botはアラートのセットアップ前にユーザーにアラート内の名前、説明、通知、頻度または任意のその他のパラメータを変更することを許可します。 このメッセージは、ユーザーがアラートの説明を変更/修正したい場合に表示されます。
頻度のリクエストを変更する アラートタスクに適用可能 Botは、アラートのセットアップの前にユーザーが入力したパラメータを確認します。ユーザーは、「no」または「修正」を選択することができ、その場合、Botはアラートのセットアップ前にユーザーにアラート内の名前、説明、通知、頻度または任意のその他のパラメータを変更することを許可します。 このメッセージは、ユーザーがアラートのトリガー頻度を変更/修正したい場合に表示されます。
通知設定のリクエストを変更する アラートタスクに適用可能 Botは、アラートのセットアップの前にユーザーが入力したパラメータを確認します。ユーザーは、「no」または「修正」を選択することができ、その場合、Botはアラートのセットアップ前にユーザーにアラート内の名前、説明、通知、頻度または任意のその他のパラメータを変更することを許可します。 このメッセージは、ユーザーがアラートの通知設定を変更/修正したい場合に表示されます。つまり、ユーザーはアラートがトリガーされるたびに通知を受信するかどうかを指定することができます。
通知頻度を設定するために「曜日」を選択するようユーザーに促す アラートタスクに適用可能 このメッセージは、アラートを設定する際に、トリガー頻度に平日/週末を選択するようユーザーに促します。現在、ドロップダウンボックスにはトリガー頻度に利用可能なすべてのオプションが表示され、ユーザーはリストから任意の頻度を選択することができます。
通知頻度を設定する間隔を選択するクエリ アラートタスクに適用可能 エンドユーザーは、アラートの設定中にアラートが実行される間隔を指定する必要があります。 このメッセージは、アラートタスクの頻度間隔を設定するようにエンドユーザーに促すBotによって表示されます。
Webhookの設定方法をメールで送信するためのクエリ Webhookアラートに適用可能 Botは、サードパーティのアプリでWebhookアラートを設定する手順を記載したメールを、開発者に送信する必要があるかどうかエンドユーザーに確認します。
アラートの名前を変更しますか? アラートタスクに適用可能 Botは、アラートのセットアップの前にユーザーが入力したパラメータを確認します。ユーザーは、「no」または「修正」を選択することができ、その場合、Botはアラートのセットアップ前にユーザーにアラート内の名前、説明、通知、頻度または任意のその他のパラメータを変更することを許可します。 このメッセージは、ユーザーがアラート名を変更/修正したい場合に表示されます。
フィルタの設定中に演算子を選択するクエリ アラートタスクに適用可能 開発者は、アラートタスクのフィルタを設定することができます。フィルタには、エンドユーザーがフィルタの適用に選択可能な操作が1つ以上あります。操作は、フィルタに選択されたデータ型に依存します。 このメッセージは、ユーザーがアラートタスクのフィルタを設定した場合に表示されます。Botは利用可能な操作のうちの1つを選択するようユーザーに促します。
アラート通知の頻度を選択するオプション アラートタスクに適用可能 開発者は、アラートタスクのトリガー間隔オプションを設定する際に、「毎日」、「平日」、「週末」のようなあらゆるオプションを選択することができます。ユーザーは、セットアップ中にアラートがトリガーされる頻度として、利用可能な一覧から間隔を選択/指定する必要があります。 このメッセージは、すべての間隔オプションが利用可能な場合に表示され、アラートタスクのセットアップ中にトリガー間隔のいずれかを選択するようBotがユーザーに促します。
ユーザーが提供された選択肢のいずれかを選択する必要がある場合 アラートとアクションに適用可能 このメッセージは、ユーザーがアラートとアクションでドロップダウンの選択肢を選択するように促された場合に表示されます。
保存済みコンテキストの再利用を希望するかどうかをユーザーに確認する
アラートスケジュールの可能な間隔を表示する必要がある場合 アラートタスクに適用可能 開発者は、10分ごと、20分ごとなどの間隔の長さや、午前9時、11時などの特定の時間でアラートのトリガー頻度を設定することができます。 このメッセージは、頻度が10分ごと、20分ごとなどの間隔で指定され、ユーザーが午前9時のような特定の時間を入力した場合に表示されます。この状況では、Botはアラートの用に設定することができる有効な頻度によってユーザーを促します。
アラートスケジュールに近い頻度を見つけた場合 アラートタスクに適用可能 開発者は、アラートタスクの頻度に「デフォルトのトリガー間隔」を指定します。ユーザーはアラート設定時にこれらの間隔のいずれかを選択する必要があります。 このメッセージは、指定した間隔/時間が開発者が設定した間隔一覧と一致しない場合に表示されます。アラートは、利用可能な頻度一覧から最も近い利用可能な時間を促します。
アラートスケジュールに近い時間を見つけた場合 アラートタスクに適用可能 開発者は、アラートがトリガーされる頻度として「午前9時、午前11時、午後3時」などの時間を指定することができます。ユーザーはアラートを設定する際に、利用可能なオプションの中から特定の時間を選択する必要があります。 このメッセージは、ユーザーがアラート設定で指定されていない時間を指定した場合に表示されます。
フィールドを変更する場合 アラートタスクに適用可能です。 アラートタスクのパラメータの確認中に「No」を選択した場合に表示されます。
アラートが識別された後、ユーザーにフィルタを設定するよう促す アラートタスクに適用可能です。 開発者は、アラートタスクの設定時にフィルタを設定することができます。フィルタを満たした通知のみをエンドユーザに表示します。 このメッセージは、ユーザーがアラートタスクを設定するための入力を行った場合に表示されます。
設定方法をメールで送信するかどうかをユーザーに尋ねることが、アラートの最初のプロンプトである場合 アラートに適用可能 このメッセージは、ユーザーがアラートの設定を開始した場合に表示され、プロセスの最初のプロンプトは、インストール手順を含むメールが必要かどうかをユーザーに尋ねることです。
オプションの選択中 アラートおよびアクションタスクに適用可能 このメッセージは、アクションまたはアラートの先行入力エンティティに対してプラットフォームが返すオプションを表示するために使用されます。
ユーザーがタスクリストから有効なタスクを選択した後、スケジュールに何かを入力しようとした場合 アラートに適用可能 このメッセージは、ユーザーがリストからアラートを選択した場合に表示されます。Botはユーザーに通知を受ける頻度を尋ねます。
タスクスケジュールの選択が間違っている アラートに適用可能 このメッセージは、ユーザーがアラートの設定中に頻度の値を間違って入力し、Botが再度尋ねてきた際に表示されます。
ユーザーがタスクリストから有効なタスクを選択した後、フィールドの値を入力しようとした場合 アラートおよびアクションタスクに適用可能 このメッセージは、アクションまたはアラートがトリガーされた場合に表示されます。最初のフィールドはドロップダウンです。
ユーザーがアラート設定確認に「no」と回答 アラートタスクに適用可能 アラートタスクの設定中、開発者は、アラートの実行前にユーザーとのすべてのパラメータの確認を有効にすることができます。Botは、アラートを設定するためにユーザーが入力したすべての値を表示します。Botは、ユーザーが「yes」、「no」、「amend」のオプションでアラートの実行をどのように進めるかを選択できるようにします。 ユーザーが「no」のオプションを選択した場合、このメッセージが表示されます。
タスクを選択した後、ダイアログで間違った選択をした 選択肢のリストが表示され(List of Valuesエンティティからではない)、ユーザーがそれらの項目のいずれかに一致させることができないものを入力した場合
ユーザーがアラートの頻度の選択を誤って入力 アラートタスクに適用可能 アラートタスクを設定する際に、ユーザーはアラートがトリガーされる頻度を指定する必要があります。この値は、アラート作成時に開発者が設定した頻度の1つと一致しなければなりません。 このメッセージは、ユーザーが設定したアラートの頻度が、開発者が指定した頻度のいずれとも一致しない場合に表示されます。
ユーザーがドロップダウンに間違った値を入力 List of valuesに適用可能 このメッセージは、List of valuesの与えられた値とユーザ入力が一致しない場合に表示されます。
あいまいな値のリストをユーザーが選択できるよう一覧表示する List of Valuesエンティティの場合、ユーザーが項目を一意に識別できないものを入力した場合、入力に部分的に一致する可能性のある項目がこのメッセージと一緒に表示されます。
ユーザーがアクションに無効な選択肢を入力 このメッセージは、ユーザーがリストからタスクを選択するように促され、その応答がリストと一致しない場合に表示されます。
あいまいな日付 あいまいな日付の値を入力した場合に表示されます。例えば、ユーザーが日付に「6/9」を入力した場合、Botはユーザーが選択できるオプションとして、9 Juneと6 Septemberを表示します。
あいまいな空港 不明瞭でさらに選択が必要な空港エンティティの値を入力した場合に表示されます。例えば、ロンドンに入ると、Botは「London Heathrow Airport」と「Gatwick airport」を選択オプションとして表示します。
あいまいな場所 Locationエンティティに対して、ジオコードサービスが複数の可能性を返す場合は、このメッセージと一緒に一覧が表示されます。
ユーザーが選択可能なアカウントが1つ以上ある ユーザーが1つ以上のアカウント(サードパーティ、例:Jira)を持っていて、その中から1つを選択するよう要求された場合。
ユーザーのインテントは認識されているが、ユーザーが選択するアカウントが1つ以上ある ユーザーが1つ以上のアカウント(サードパーティ、例:Jira)を持っていて、その中から1つを選択するよう要求された場合。
カスタム検索クエリが複数の値を返したため、1つ選択するようユーザーに要求する ユーザークエリが項目リストから複数の項目を返す場合に表示されます。すべての項目がユーザーに表示され、関連するオプションを選択することができます。
ユーザーがリストから有効な選択肢を選択した後、選択されたリストが空白であることが分かった アラートおよびアクションタスクに適用可能 このメッセージは、ドロップダウン(アクションまたはアラートの)が別のフィールドに依存しており、その別のフィールドの値がこのドロップダウンのオプションを作成していない場合に表示されます。この状況の場合、Botはユーザーにdependerフィールドに別の値を設定するよう要求します。
ユーザーが無効な選択肢を選択した場合 上記と同じですが、依存するフィールドにユーザーが提供した値は有効ではありません。
ダイアログの最後に、特定されたフォローアップタスクの一覧をユーザーに提示し、実行するタスクを1つ選択するよう要求する この状態は、「はい。このダイアログの最後に、ダイアログ設定の[フォローアップタスク]リストからタスクを選択して実行するようユーザーに要求します。」 というフォローアップタスク設定が行われているダイアログタスクでのみ発生します。 Botは、ダイアログの最後にフォローアップインテントの配列をユーザーに示す際にこのメッセージを表示します。
変更のために提供されたエンティティ値が複数のエンティティに対して有効な場合に、ユーザーに変更するエンティティを選択するよう要求する ダイアログ実行中にエンティティ値を変更する場合に適用可能 このメッセージは、ユーザーがエンティティ値に言及してエンティティ値を変更したいが、複数のエンティティが同じ値を保持しているため、Botが変更するエンティティを決定できない場合、ダイアログの実行中に表示されます。例:BangaloreをMumbaiに変更し、Bangaloreには複数のエンティティが設定されている場合。
ユーザーが最大保留数以上のタスクを保留しようとしているため、タスクを1つ選択してキャンセルするよう要求する 開発者が保留と再開設定を行うと、Botが保留にすることができるタスクの最大数を設定することができます。保留されるタスクの数が設定された数を超過した場合、BotはユーザーがBotを実行した際にこのメッセージを表示します。
ユーザーが文字列/説明エンティティの入力を求められた場合にインテントを提供する 文字列/説明タイプのエンティティノードに適用可能です。 開発者は、文字列/説明タイプのエンティティノードの「インスタンスプロパティ」で「インテント検出」を設定し、「手続きの方法についてユーザーに尋ねる」ことができます。 このメッセージは、ユーザー入力がインテントと一致し、Botが新しいインテントの実行に進む前に確認したい場合に表示されます。

挨拶

(バージョン7.1リリース後にスモールトークに移動します)

メッセージ 定義
ユーザーが「Hi」と言った場合の応答 ユーザーが「Hi」「Hello」「Hey」などと言った場合、またはBotの名前を入力しただけの場合に表示されます。
「How are you」への応答 ユーザーが「How are you?」と尋ねます。 NLは、ユーザーが言う可能性のある以下の言葉を解釈します。,
whazzupp whatcha`upto watsup wassup howzit comment`est`vous comment`ca`va ca`va

「who are you?」への応答 ユーザーが「who are you」と言った場合に表示されます。
メニュー