チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Advanced Topics
  5. koreUtil Libraries

koreUtil Libraries

koreUtil libraries provide pre-written JavaScript functions which makes common or complex tasks easy to implement. These libraries often target specific tasks such as setting up recurring rules for calendar, parsing and manipulation of dates, conversion of dates between timezone, tools to simplify programming with strings, numbers, arrays, functions and objects etc.

How to Use

koreUtil libraries can be used anywhere in the bot where there is a flexibility to write JavaScript code such as script node, message node, confirmation node, entity node, standard responses, answers to FAQs, small talk, event handlers etc.

List of koreUtil libraries

Below is the list of koreUtil libraries provided by the platform:

koreUtil.rrule

koreUtil.rrule is platform offered JS library for creating new recurrence rules, interpreting and reading them in human readable format. This library is backed by rrule npm module version 2.2.0 installed on Kore.ai server. For more details on using rrule refer here.

Usage Example:
context.rule = new koreUtil.rrule({
freq: koreUtil.rrule.WEEKLY,
interval: 5,
byweekday: [koreUtil.rrule.MO, koreUtil.rrule.FR],
dtstart: new Date(2012, 1, 1, 10, 30),
until: new Date(2012, 12, 31)
});

context.between=context.rule.between(new Date(2012, 7, 1), new Date(2012, 8, 1));
context.readableFormat=context.rule.toText();

Output:

  • For context.between
    [
    "2012-08-27T10:30:00.000Z",
    "2012-08-31T10:30:00.000Z"
    ]
  • For context.readableFormat
    every 5 weeks on Monday, Friday until January 31, 2013

koreUtil.moment

koreUtil.moment is platform offered JS library for validating, manipulating, and formatting dates. This library is backed by moment npm module version 2.19.2 installed on Kore.ai server. For more details on using moment refer here.

Usage Example:
context.german=koreUtil.moment().locale('de').format('LLLL');

Output:
For context.german:
Montag, 18. November 2019 01:43

koreUtil.intl

koreUtil.intl is platform offered JS library for language specific string comparison, number formatting, and date and time formatting. This library is backed by intl npm module version 1.2.5 installed on Kore.ai server. For more details on using intl refer here.

Usage Example:
context.formattedNumberUK = koreUtil.intl.NumberFormat('en-GB').format(123456.789);
var date = new Date(Date.UTC(2012, 11, 20, 3, 0, 0));
context.USdate=koreUtil.intl.DateTimeFormat('en-US').format(date);

Output:

  • For context.formattedNumberUK:
    123,456.789
  • For context.USdate
    12/20/2012

koreUtil.momenttz

koreUtil.momenttz is platform offered JS library for formatting of dates in any timezone and convert dates between timezones. This library is backed by moment-timezone npm module version 0.4.1 installed on Kore.ai server is 0.4.1. For more details on using momenttz refer here.

Usage Example:
var jun = koreUtil.moment("2014-06-01T12:00:00Z");
context.newyork= koreUtil.momenttz(jun,'America/New_York').format('ha z');
context.tokyo = koreUtil.moment().tz('Asia/Tokyo').format('ha z');
context.sydney = koreUtil.moment().tz('Australia/Sydney').format('ha z');

Output:

  • For context.newyork:
    5am PDT
  • For context.tokyo:
    7pm JST
  • For context.sydney:
    9pm AEDT

koreUtil.xml2js

koreUtil.xml2js is platform offered JS library for parsing xml to json and vice versa. This library is backed by xml2js npm version 0.4.19 installed on Kore.ai server. More details on using xml2js refer here.

Usage Example:
var obj = {name: "John", Surname: "Doe", age: 23};
var builder = new koreUtil.xml2js.Builder();
context.xml = builder.buildObject(obj);

Output:

  • For context.xml:
    John Doe 23

koreUtil.hash

koreUtil.hash is platform offered JS library that supports SHA on JavaScript. The library is backed by sha.js npm module version 2.4.9 installed on Kore.ai server. For more details refer here.

Usage Example:
context.hashString= koreUtil.hash('sha256').update('42').digest('hex');

Output:

  • For context.hashString:
    73475cb40a568e8da8a045ced110137e159f890ac4da883b6b17dc651b3a8049

koreUtil._

koreUtil._ is a platform offered JS library which provides utility functions for common programming tasks. This library is backed by lodash.js npm module version 3.10.1 installed on Kore.ai server. For more details refer here.

Usage Example:
context.chunkArray = koreUtil._.chunk(['a', 'b', 'c', 'd'], 2);
var users = [
{ 'user': 'barney', 'age': 36, 'active': true },
{ 'user': 'fred', 'age': 40, 'active': false }
];
context.filterActive =koreUtil._.pluck(koreUtil._.filter(users, { 'age': 36, 'active': true }), 'user');

Output:

  • For context.chunkArray:
    [["a","b"],["c","d"]]
  • For context.filterActive:
    [
    "barney"
    ]

koreUtil.getCurrentOptions

koreUtil.getCurrentOptions is a platform offered JS library which provides utility functions to get the current template for language selection standard response options. This can be used to customize the standard response.
Post the release of v8.1, this function has been enhanced to return the authorization URL used in the standard response when end-user authorization is requested.

Following is the return format for each of the situations:

  • For the language selection standard response:
    {"list_of_languages": [
       {"title": "English","value": "English"},
       {"title": "Deutsche","value": "Deutsche"},
       {"title": "Español","value": "Español"}
    ]}
  • For the language ambiguity standard response:
    {"current_language": "Español",
          "list_of_new_languages": [
             {"title": "English","value": "English"},
             {"title": "Deutsche","value": "Deutsche"},
             {"title": "Español","value": "Español"}
      ]}
  • For the language switch standard response:
    {"new_language": "Español","current_language": "English"}
  • For User authorization request standard response:
    {
        "authorizationURL": "https:///r/xxxxxxxxxxxxx"
    }

Following are the usage examples of how the above utility can be used to render the message in a button template, you can use any template as per your requirements.  See here for more on message templates.

Usage Example 1: To get the standard response for “Ask if the user would like to select any of the languages

var info = koreUtil.getCurrentOptions();
var message = {
  "type": "template",
  "payload": {
    "template_type": "button",
    "text": "please select your laguage",
    "subText": "Button Template Description",
    "buttons": []
    }
  };
for (i = 0; i < info.list_of_languages.length; i++) {
  var button = {
    "type": "postback",
    "title": info.list_of_languages[i].title,
    "payload": info.list_of_languages[i].value
    };

  message.payload.buttons.push(button);
 }
print(JSON.stringify(message));

Usage Example 2: To get the standard response for “Ask if the user would like to switch to any of the new languages detected during a conversation

var info = koreUtil.getCurrentOptions();
var message = {
    "type": "template",
    "payload": {
        "template_type": "button",
        "text": "language abiguity response for the current language" + info.current_language,
        "subText": "Button Template Description",
        "buttons": []
    }
};
for (i = 0; i < info.list_of_new_languages.length; i++) {
    var button = {
        "type": "postback",
        "title": info.list_of_new_languages[i].title,
        "payload": info.list_of_new_languages[i].value
    };

    message.payload.buttons.push(button);
}
print(JSON.stringify(message));

Usage Example 3: To get the standard response for “Ask if the user would like to switch to any of the new languages detected during a conversation

var info = koreUtil.getCurrentOptions();
var message = {
    "type": "template",
    "payload": {
        "template_type": "button",
        "text": "would you like to switch to new language detected: current language " + info.current_language + "new language : " + info.new_language,
        "subText": "Button Template Description",
        "buttons": []
    }
};
var options = ["yes", "no"]
for (i = 0; i < options.length; i++) {
    var button = {
        "type": "postback",
        "title": options[i],
        "payload": options[i]
    };
    message.payload.buttons.push(button);
}
print(JSON.stringify(message));

Usage Example 4: To get the standard response for “User needs to authorize or re-authorize

var info = koreUtil.getCurrentOptions();

var message = {
    type: 'template',
    payload: {
        template_type: 'button',
        text: 'Please authorize before we continue...',
        buttons: [
            {
                type: 'url',
                title: 'Click here to authorize',
                url: info.authorizationURL
            }
        ]
    }
};

print(JSON.stringify(message));

koreUtil.getSessionId

koreUtil.getSessionId is a platform offered JS library for obtaining the current conversation session Id.

Usage Example:
var sessionId = koreUtil.getSessionId();

Output:

  • For sessionId:
    5x54321x11xx87654321xx12
メニュー