チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Bot Building
  5. Knowledge Graph
  6. ナレッジグラフの生成

ナレッジグラフの生成

Kore.aiのナレッジグラフのパフォーマンスは、主要なドメイン用語に基づくナレッジグラフの適切な編成および階層の確立に基づいています。

ナレッジグラフを始めて使用する場合、FAQを構築することは簡単かもしれませんが、質問と回答の組み合わせリストを持っている場合には、それを完全に機能するナレッジグラフに変換するのは面倒な作業になるかもしれません。

Kore.aiのナレッジグラフジェネレーターは、FAQから自動で用語を抽出し、用語間の階層を定義し、FAQを適切な用語に関連付けます。その後ジェネレーターから出力されたファイルをBotのナレッジグラフにインポートすることで、階層を気にすることなくナレッジグラフを作成することができます。また、インポート後に必要に応じて階層を編集することもできます。生成されたナレッジグラフは単なる提案であるため、確認や変更を加えることを強くお勧めします。

注:ナレッジグラフジェネレーターは、プラットフォームのバージョン7.1から利用可能です。

Kore.aiのナレッジグラフジェネレーターはKore GitHubリポジトリでホストされています。この文書では、ジェネレーターのインストールと使い方の手順について説明しています。

前提条件

  • パイソン3.6:ナレッジグラフジェネレーターはパイソン3.6が必要です。こちらからダウンロードできます。
  • 仮想環境:システムに直接要件をインストールするのではなく、仮想環境を利用することをお勧めします。こちらに記載されている手順に従って、仮想環境を設定してください。
  • Windows開発者向け:
    • バージョン14.0でテスト済みのMicrosoft Visual C++構築ツール
    • Windows 10ユーザーは、Windows 10 SDKをインストールする必要があります。こちらからダウンロードできます。
    • 要件をシームレスにインストールするためには、オペレーティングシステムが最新の状態である必要があります。SpiCy(内部依存)のようなライブラリは、最新のアップデートで利用可能な特定のDLLを必要とします。
  • jsonまたはcsv形式のFAQを含むファイルです。このファイルは以下の2つの方法で取得できます。
    • Kore.ai Botビルダーのプラットフォームからナレッジグラフをエクスポートするには、方法はこちらを参照してください。
    • ナレッジグラフを表形式で作成し、最初の列に質問を、2列目に回答を入力し、csv形式でファイルを保存します。

設定

  1. Kore.ai GitHubからナレッジグラフジェネレーターをダウンロードhttps://github.com/Koredotcom/KnowledgeGraphGenerator
  2. zipファイルをフォルダに展開し、そのジェネレーターフォルダーからコマンドプロンプトを開きます。
  3. 仮想環境の有効化:以下のコマンドを実行し、プレースホルダを実際の値に置き換えて仮想環境を起動します。
    • Windowsの場合:
      //Scripts/activate
    • Unix/MacOSの場合:
      //bin/activate

    仮想環境を有効にすると、コンソールのすべてのコマンドの先頭に仮想環境名が表示されるようになります。

  4. 要件のインストール:仮想環境のプロジェクトルートディレクトリ(KnowledgeGraphGenerator)から次のコマンドを実行して、要件をインストールします。
    pip install -r requirements.txt
    以下のコマンドを実行し、requirement.txtファイルに記載されているすべてのコンポーネントがリストに含まれていることを確認することで、インストールされているかどうかを確認することができます。
    pip list
  5. spaCyの英語モデルのダウンロード:以下のコマンドを実行して、NLPモデルであるspaCyをダウンロードします。
    python -m spacy download en

実行

ここでお客様に前提条件があり、ナレッジグラフジェネレーターの設定が完了したので、ナレッジグラフの生成方法を見てみましょう。

以下のコマンドでジェネレーターを実行します。

python KnowledgeGraphGenerator.py --file_path --type --language --v

それぞれの選択肢を見てみましょう。

オプション 説明 必須/任意 デフォルト値
入力ファイルパス 入力ファイル名と場所 必須
入力ファイルタイプ 入力ファイルのタイプ:

  • json_export – JSONエクスポートオプションを使用してKore.ai Botビルダーからエクスポートされたファイル用
  • csv_export – CSVエクスポートオプションを使用してKore.ai Botビルダーからエクスポートされたファイル用
  • csv – 最初の列に質問があり、2列目に回答が含まれるファイル用
必須
言語コード 入力データが存在する言語の言語コード 任意 en(英語)
あいまいモード あいまいモードでコマンドを実行して、中間の進捗状況を表示します。 任意 False

出力

出力されたJSONファイルが生成され、プロジェクトのルートディレクトリにao_output.jsonという名前で配置されます。

出力されたJSONファイルは、Botのナレッジグラフに直接インポートすることができます。ナレッジグラフのインポートの手順についてはこちらをご覧ください。

:ナレッジグラフをインポートした場合、既存のものに置き換わります。インポートする前にバックアップを取ることをお勧めします。

このページの内容

メニュー