チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク (英語)
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック (英語)
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者 (英語)
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. How Tos
  5. Botのリリースライフサイクルを管理する方法

Botのリリースライフサイクルを管理する方法

このハウツーでは、Botの開発、テスト、パイロット、本番リリースの目的で、最終的にエンドユーザーがBotを利用できるようになるまでに複数の段階を設定しているシナリオについて説明します。

例題

開発者がBotの開発を完了し、QAチームがBotにアクセスしてテストするのに際し、Botをテスト環境に移行させる必要がある場合を考えてみます。Botの定義は、いくつかの環境固有の値を除いて大幅に変更されることはありません。

このドキュメントでは、Botのエクスポートおよびインポート機能を使用して同じことを実現する方法をご紹介します。Botのインポートとエクスポートの詳細については、こちらを参照してください。

Pre-requisites

  • Botビルドナレッジ
  • 完全に開発され、機能しているBotが必要となります。ここでは、バンキングBotを使用します。

導入

ステップ1-Botのエクスポート

  1. 開発環境からテスト環境に移行するBotを開きます。
  2. 設定 -> Bot管理からBotのエクスポートオプションを選択します。
  3. エクスポートしたいBotコンポーネントを選択します。最初はすべてのコンポーネントをエクスポートしますが、その後は選択したコンポーネントのみをエクスポートするよう選択できます。
  4. エクスポートをクリックします。
  5. Bot定義はZIPファイルとしてエクスポートされます。
  6. このファイルは、Bot定義をコードリポジトリにチェックインしたり、任意のチケットシステムに送ったりするために使用できます。

ステップ2-config.jsonの修正

  1. 環境固有の値を必要とするすべての変数は、エクスポートしたファイルに含まれるconfig.jsonファイルで利用できます。
  2. これらのグローバル変数を更新します(グローバル変数の詳細については、こちらをご覧くださいまた事例についてはこちらをご覧ください)。
  3. これで、インフラストラクチャ/DevOpsチームとファイルを共有して、他の環境でのデプロイを開始できます。
  4. 権限がある場合は、以下のステップに従ってBotをターゲット環境にインポートできます。

ステップ3-Botのインポート

  1. 前のステップでエクスポートしたzipファイルからファイルを抽出します。
  2. テスト環境で、新しいBotを作成します。
  3. 設定 -> Bot管理からBotのインポートオプションを選択します。
  4. 前のステップから、Bot定義ファイルBot設定ファイルカスタムスクリプトファイル(ある場合)を選択します。
  5. フルインポートのインポートオプションを選択します。既存のBotにこのオプションを使用する場合、現在のBot設定は消去され、インポートされたBotに置き換えられることに注意してください。
  6. インポートをクリックします。
  7. Botがテスト環境に置かれ、QAチームによるテストが可能になります。

ステップ4-Botの更新

Botを変更すると、その変更をテスト環境のBotに適用する必要がある場合があります。

  1. 開発環境から、変更されたBotを開きます。
  2. 設定 -> Bot管理からBotのエクスポートオプションを選択します。
  3. エクスポートしたいBotコンポーネントを選択します。変更したコンポーネントのみをエクスポートするように設定することもできます。
  4. エクスポートをクリックします。
  5. Bot定義はZIPファイルとしてエクスポートされます。
  6. zipファイルからファイルを抽出します。
  7. エクスポートしたファイルに存在するconfig.jsonファイルで、環境固有の値を必要とする変数値を変更します。
  8. テスト環境で、更新が必要なBotを開きます。
  9. 設定 -> Bot管理からBotのインポートオプションを選択します。
  10. 前の抽出ステップから、Bot定義ファイルBot設定ファイルカスタムスクリプトファイル(ある場合)を選択します。
  11. 増分インポートのインポートオプションを選択します。
  12. インポートをクリックします。
  13. 更新されたBotがテスト環境に置かれ、QAチームによるテストが可能になります。
メニュー