チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Bot Building
  5. Creation
  6. 設計

設計

Botを開発する前に、Botおよびその機能について理解し、お客様やお客様のビジネスに役立てます。これらを理解することで、明確かつ効率的にBotを開発することができるようになります。

チャットBotとは、ユーザーがテキストや音声のインターフェイスを介してやり取りを行う人工知能システムです。これらのやり取りは、天気予報についてBotに尋ねたり、銀行口座の不明な項目を追跡したりするような簡単なものです。さらに、ユーザーが提示された項目のリストからオプションを選択したり、人間のエージェントが行う会話に似た、構造化されていないフリースタイルのフローでやり取りを構成することも可能です。

ユーザーとのやり取りの形に関わらず、優れた設計は効率的なBotを構築するのに役立ちます。優れた設計により、ユーザーから寄せられる質問のほとんどに回答し、あらゆる会話の流れを予測し、予期せぬ事態を想定することができます。

バージョン7.2のリリース後、プラットフォームには、ストーリーボード機能を使用して会話を設計するのに役立つオプションが含まれます。直感的な会話デザイナーであり、外部のフローチャートツール、追跡ツール、バージョン管理ツールを必要とすることなく、Botの設計図作成プロセスを簡素化、合理化します。詳細はこちらをご覧ください。

プラットフォームの推奨事項:Botを設計する際には、以下の手順を考慮します。

  • ユーザー側のニーズの把握:Botの範囲を設定します。ビジネススポンサー、ビジネスアナリスト、プロダクトオーナーは、市場要件を収集したり内部のニーズを評価したりすることで、ユーザーの要件を特定する重要な役割を担っています。
  • チャットBotの目標設定:十分に定義されたユースケースを作成するのに役立ちます。これは、上記で特定した範囲をユースケースに変換することを含みます。このフェーズでは、Bot開発者を巻き込むことをお勧めします。
  • チャットBotの会話の設計:ユーザーとのやり取りの中で、あらゆる可能性を含むシナリオでチャットBotの行動を定義します。会話をシミュレーションすることは、あらゆる可能性を含むシナリオを特定するための長い道のりを歩むことになります。

Botの機能および理想的なユースケースが十分に定義されると、Bot開発者はBotタスクの設定、インテントとエンティティの定義、会話ダイアログの構築プロセスを開始することができるようになります。

チャットBotを設計する際に注意すべき点:以下の質問(全てでなくとも一部)への回答に努めます。

  • ターゲットオーディエンスは誰ですか?技術に精通した顧客を対象とした技術的ヘルプBotは、例えば銀行の顧客のような素人向けのヘルプBotと比べて異なる設計が必要になります。そのため、対象となるユーザーを評価することが非常に重要です。
  • このグループに最も響くのは、どのようなBotペルソナでしょうか?これは、Botがどのように話し、どのように行動するかを定義するのに役立ちます。
  • Botの目的は何ですか?Botの対応が必要な、顧客の問い合わせなどのゴールは、会話の終了時点を定義します。
  • Botはどのような不満を解決してくれますか?Botの目的および範囲は、Botが何に対処すべきで、いつ人間のエージェントへの引き継ぎが行われるべきかを明確にするために設定されています。
  • Botは私たちや顧客にどのような利益をもたらしてくれるのでしょうか?Botを使用する主な利点は、時間の節約です。ユーザーは、問い合わせに対応することのできる人間のエージェントを待つことに無駄な時間を費やす必要はありません。ビジネスオーナーとして、すべての顧客のニーズに応えるにあたって、不在であることに懸念を抱く必要はありません。
  • Botにどのようなタスクを実行させたいですか?ユーザーの会話をシミュレーションすることで、Botが対応すべきタスクを特定するのに役立ちます。
  • どのチャネルでチャットBotを使用しますか?これにより、Botの表示方法がある程度決まります。チャットBotが利用できるオプションは、使用するチャネルや媒体によって制限されます。
  • 私のBotに設定すべき言語はどれですか?多言語コミュニティに対応する場合、言語サポートは必須であり、同時に辞書を作成しておくと便利です。
メニュー