チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク (英語)
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック (英語)
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者 (英語)
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Bot Building
  5. Alert Task
  6. 除外ワードおよびフィールドメモリの管理

除外ワードおよびフィールドメモリの管理

開発者は、タスクのユーザー入力を解釈する際にNLPエンジンが除外するワードを追加することができます。Botがユーザーの入力により早く応答することができ、また適切なタスクの認識率を改善します。NLPエンジンには、多数の除外ワードがあらかじめ登録されています。この設定を管理するには、 [自然言語] > [インテリジェンス] から [除外ワードおよびフィールドメモリ] タブを選択します。

注意:このオプションは、アラートタスク、アクションタスクまたは情報タスクのうちいずれか1つのタスクにのみ使用できます。これらのタスクが定義されていないBotでは、オプションはメニューに表示されません。

各タスクの [フィールドメモリ] 設定で、同じBotの別の関連タスクにそのタスクのデータを事前設定できるように各タスクを編集することができます。たとえば、テーマパークBotの「アトラクションの待ち時間を表示」タスクの場合、タスクフィールドを関連タスク「エクスプレス・パスを予約する」のアクションタスクに事前に組み込みことができます。また、タスクレベルでユーザー入力から除外するワードを設定することもできます。たとえば、「週間天気予報」タスクにはすべての曜日が対象として含まれているため、「月曜日」や「火曜日」といったワードを無視したい場合などです。

タスク名をクリックすると、フィールドメモリや他のフィールド設定を編集するためのタスクフィールドが表示されます。タスクフィールドは、選択されたタスクに定義されたパラメータです。タスクに除外ワードを定義するには、タスクにマウスポインターを置き [編集] アイコンをクリックします。

タスクの編集

タスクの設定を変更または追加するには、タスク名の上にマウスポインターを置き、 [編集] をクリックします。 [タスクを編集] ダイアログが表示されます。

  • [確認メッセージをオフにする] − [はい] を選択すると、NLPを使用してタスクを実行する際の確認をオフにします。 [いいえ] を選択すると、実行前にユーザーにタスクの確認を促します。
  • [除外ワード] − タスク名に1つ以上の除外ワードを入力します。除外ワードの一覧は、Botのプラットフォームによりユーザー入力を解釈する前に処理されます。多くのタスクに当てはまるが、どのタスクかを特定するのには役に立たないワードをあらかじめ除外しておくことで、Botはユーザーの入力に対してより早く応答でき、適切なタスクを提示することができます。たとえば、ユーザーが「今日の天気予報を知りたいのですが。」と入力したとします。適切なタスクをユーザーに返すのにBotのプラットフォームのインタプリタが必要とするのは、「天気」、「予報」、そして「今日」の3つのワードのみです。それ以外の言葉は無視されても構いません。Kore.aiのBotインタープリターには「私、あなた、〜したい、〜ほしい」など一定の除外ワードがあらかじめ登録されているため、これらを除外ワードとして定義する必要がありません。Botが会社名のような同じワードを多くの、またはすべてのタスクで使用する場合は、会社名を除外ワードに追加します。

[保存] をクリックして設定を保存し、 [タスクを編集] ダイアログを閉じます。

タスクのフィールドメモリの定義

タスクの [フィールドメモリ] 設定を追加または編集するには、 [タスク名] をクリックして関連付けられた [タスクフィールド] を表示し、 [編集]  アイコンをクリックして次の図のように [フィールドメモリ] ダイアログを表示します。
[フィールドメモリ] ダイアログでは、以下のオプションを指定することができます。

  • [エンティティタイプ] − 認識とパフォーマンスを向上させるためNLPインタープリターが入力として期待するデータタイプを選択します。
    エンティティタイプについては、こちらをご覧ください
  • [ユーザー指定の値を記憶] −ユーザーが入力したデータの一定時間の記憶をオン/オフします。
    • [いいえ、記憶しない] − このフィールドのユーザーデータはタスク完了後は記憶されません。
    • [はい、この値を記憶する] − 分単位で指定された期間記憶します。

[保存] をクリックして設定を保存し、 [フィールドメモリ] ダイアログを閉じます。

メニュー