はじめに
対話型AIプラットフォーム
チャットボットの概要
自然言語処理(NLP)
ボットの概念と用語
クイックスタートガイド
プラットフォームへのアクセス
ボットビルダーの操作
リリースノート
最新バージョン(英語)
以前のバージョン(英語)
廃止機能(英語)
コンセプト
設計
ストーリーボード
ダイアログタスク
ダイアログタスクとは
ダイアログビルダー
ノードタイプ
インテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
フォームノード
確認ノード
ロジックノード
ボットアクションノード
サービスノード
Webhookノード
スクリプトノード
グループノード
エージェント転送ノード
ユーザープロンプト
音声通話プロパティ
イベント ハンドラー
ナレッジグラフ
ナレッジグラフの抽出
ナレッジグラフの構築
ボットにナレッジグラフを追加
グラフの作成
ナレッジグラフの構築
既存のソースからFAQを構築
通知タスク
スモールトーク
デジタルスキル
デジタルフォーム
デジタルビュー
デジタルビューとは
パネル
ウィジェット
トレーニング
トレーニングとは
機械学習
機械学習とは
モデル検証
ファンダメンタルミーニング
ナレッジグラフ
示唆
ランキングおよび解決
NLPの詳細設定
NLPのガイドライン
インテリジェンス
インテリジェンスとは
コンテキスト
コンテキストインテント
割り込み
複数インテントの検出
エンティティの変更
デフォルトの会話
センチメント管理
トーン分析
テストとデバッグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話テスト
デプロイ
チャネル
公開
分析
ボットの分析
NLPメトリクス
会話フロー
Usage Metrics
封じ込め測定
カスタムダッシュボード
カスタムダッシュボードとは
メタタグ
カスタムダッシュボードとウィジェット
LLM and Generative AI
Introduction
LLM Integration
Kore.ai XO GPT Module
Prompts & Requests Library
Co-Pilot Features
Dynamic Conversations Features
ユニバーサルボット
ユニバーサルボットとは
ユニバーサルボットの定義
ユニバーサルボットの作成
ユニバーサルボットのトレーニング
ユニバーサルボットのカスタマイズ
他言語の有効化
ストア
プラントと使用
Overview
Usage Plans
Support Plans
Invoices
管理
ボット認証
複数言語対応ボット
個人を特定できる情報の編集
ボット変数の使用
IVRのシステム連携
一般設定
ボット管理
ハウツー
会話スキルの設計
バンキングボットを作成
バンキングボット – 資金の振り替え
バンキングボット – 残高を更新
ナレッジグラフを構築
スマートアラートの予約方法
Integrations
Actions
Actions Overview
Asana
Configure
Templates
Azure OpenAI
Configure
Templates
BambooHR
Configure
Templates
Bitly
Configure
Templates
Confluence
Configure
Templates
DHL
Configure
Templates
Freshdesk
Configure
Templates
Freshservice
Configure
Templates
Google Maps
Configure
Templates
Here
Configure
Templates
HubSpot
Configure
Templates
JIRA
Configure
Templates
Microsoft Graph
Configure
Templates
Open AI
Configure
Templates
Salesforce
Configure
Templates
ServiceNow
Configure
Templates
Stripe
Configure
Templates
Shopify
Configure
Templates
Twilio
Configure
Templates
Zendesk
Configure
Templates
Agents
Agent Transfer Overview
Custom (BotKit)
Drift
Genesys
Intercom
NiceInContact
NiceInContact(User Hub)
Salesforce
ServiceNow
Configure Tokyo and Lower versions
Configure Utah and Higher versions
Unblu
External NLU Adapters
Overview
Dialogflow Engine
Test and Debug
デジタルスキルの設計
デジタルフォームの設定方法
デジタルビューの設定方法
データテーブルのデータの追加方法
データテーブルのデータの更新方法
Add Data from Digital Forms
ボットのトレーニング
示唆の使用方法
インテントとエンティティのパターンの使用方法
コンテキスト切り替えの管理方法
ボットのデプロイ
エージェント転送の設定方法
ボット関数の使用方法
コンテンツ変数の使用方法
グローバル変数の使用方法
ボットの分析
カスタムダッシュボードの作成方法
カスタムタグを使ってフィルタリング
Data
Overview
Data Table
Table Views
App Definitions
Data as Service
Build a Travel Planning Assistant
Travel Assistant Overview
Create a Travel Virtual Assistant
Design Conversation Skills
Create an ‘Update Booking’ Task
Create a Change Flight Task
Build a Knowledge Graph
Schedule a Smart Alert
Design Digital Skills
Configure Digital Forms
Configure Digital Views
Train the Assistant
Use Traits
Use Patterns
Manage Context Switching
Deploy the Assistant
Use Bot Functions
Use Content Variables
Use Global Variables
Use Web SDK
Build a Banking Assistant
Migrate External Bots
Google Dialogflow Bot
APIs & SDKs
API Reference
API Introduction
Rate Limits
API List
koreUtil Libraries
SDK Reference
SDK Introduction
How the Web SDK Works
SDK Security
SDK Registration
Web Socket Connect and RTM
  1. ホーム
  2. Docs
  3. Virtual Assistants
  4. Builder
  5. Alert Task
  6. 除外ワードおよびフィールドメモリの管理

除外ワードおよびフィールドメモリの管理

開発者は、タスクに対するユーザー入力を解釈する際に、NLPエンジンが除外するワードを含めることができます。ボットは、ユーザー入力に素早く応答し、正しいタスク認識の確率を高めることができます。NLPエンジンには、一般的除外ワードの大量のセットがあらかじめ組み込まれています。この設定を管理するには

  1. これらの除外ワードを設定したいボットを開きます。
  2. トップメニューから構築を選択
  3. 左側ペインで、インテリジェンス-> 除外ワードとフィールドメモリをクリックします。 
メモ:このオプションは、アラート、アクション、情報のいずれかのタスクが設定されている場合のみ有効です。そのため、上記のタスクが定義されていないボットの場合、このオプションはメニューに表示されません。

各タスクのフィールドメモリ設定において、各タスクを編集して、同じボットの別の関連タスクにあらかじめ入力するために、そのタスクのデータを存続させます。例として、テーマパークのボットの場合、「乗り物の待ち時間を取得する 」タスクでは、関連タスクである「 ファストパスを予約する 」アクションタスクに[タスク]フィールドを事前に入力しておくことができます。また、タスクレベルのユーザー入力において除外するワードを設定することもできます。例として、7日間の天気予報タスクでは、すべての平日が含まれているので、月曜日火曜日などの曜日を除外したい場合があります。 タスク名をクリックすると、フィールドメモリおよびその他のフィールド設定の設定や編集ができるタスクフィールドが表示されます。[タスク]フィールドは、選択されたタスクに定義されたパラメータです。タスク向けの除外ワードを定義するには、

  • タスクをポイントして、編集アイコンをクリックします。

タスクの編集

タスクの設定を変更または追加するには、次のようにします。

  1. タスクの名前をポイントして、編集をクリックします。タスクの編集ウィンドウが表示されます。
  2. 確認メッセージをオフにする – NLP使用時にタスク実行の確認を無効にするには、はい を選択します。いいえを選択すると、タスクを実行する前にタスクを確認するよう求められます。
  3. 除外ワード – タスク名に1つ以上の除外ワードを入力します。除外するワードのリストは、ユーザーの入力を解釈する前にボットプラットフォームによって処理されます。つまり、多くのタスクに当てはまるけれど、どのタスクかを特定するのには役立たないワードをフィルタリングすることによって、ボットはユーザー入力に素早く反応し、正しいタスクを提供することができるのです。例として、ユーザーが「今日の天気予報を手に入れたい」と入力したとします。ボットプラットフォームのインタプリターは、正しいタスクをユーザーに返すために、天気予報今日という3つのワードを認識するだけでいいのです。残りのワードは除外していいのです。Kore.aiボットのインタプリターには、一般的な除外ワードがすでに定義されているので、私、あなた、欲しい、手に入れるなどの言葉を除外ワードとして定義する必要はありません。もし、たとえばあなたの会社名のように、あなたのボットが多くのあるいはすべてのタスクに同じワードを使っている場合、その会社名を除外するワードとして追加することができます。
  4. 保存 をクリックすると、設定が保存され、タスクの編集 ウィンドウが閉じます。

タスクのフィールドメモリの定義

タスクのフィールドメモリ設定を追加・編集するには、

  1. タスク名をクリックすると、関連するタスクフィールドが表示されます。次に、編集 アイコンをクリックすると、下図のようなフィールドメモリウィンドウが表示されます。フィールドメモリダイアログでは、以下のオプションを指定できます。
  2. エンティティタイプ – 認識力とパフォーマンスを高めるために、NLPインタープリターが入力として想定するデータのタイプを選択します。エンティティタイプについてはこちらをご覧ください
  3. メモリユーザー提供値 – ユーザーから提供されたデータの永続性を、指定した時間だけ有効にするか無効にするかを設定します。以下から1つ:いいえ、記憶していません – このフィールドのユーザーデータは、タスクが完了した後は存続しません。はい、この値は記憶されています – フィールドの値は、分単位で指定された時間は存続します。
  4. 保存をクリックすると、設定が保存され、フィールド メモリ ウィンドウが閉じます。

除外ワードおよびフィールドメモリの管理

開発者は、タスクに対するユーザー入力を解釈する際に、NLPエンジンが除外するワードを含めることができます。ボットは、ユーザー入力に素早く応答し、正しいタスク認識の確率を高めることができます。NLPエンジンには、一般的除外ワードの大量のセットがあらかじめ組み込まれています。この設定を管理するには

  1. これらの除外ワードを設定したいボットを開きます。
  2. トップメニューから構築を選択
  3. 左側ペインで、インテリジェンス-> 除外ワードとフィールドメモリをクリックします。 
メモ:このオプションは、アラート、アクション、情報のいずれかのタスクが設定されている場合のみ有効です。そのため、上記のタスクが定義されていないボットの場合、このオプションはメニューに表示されません。

各タスクのフィールドメモリ設定において、各タスクを編集して、同じボットの別の関連タスクにあらかじめ入力するために、そのタスクのデータを存続させます。例として、テーマパークのボットの場合、「乗り物の待ち時間を取得する 」タスクでは、関連タスクである「 ファストパスを予約する 」アクションタスクに[タスク]フィールドを事前に入力しておくことができます。また、タスクレベルのユーザー入力において除外するワードを設定することもできます。例として、7日間の天気予報タスクでは、すべての平日が含まれているので、月曜日火曜日などの曜日を除外したい場合があります。 タスク名をクリックすると、フィールドメモリおよびその他のフィールド設定の設定や編集ができるタスクフィールドが表示されます。[タスク]フィールドは、選択されたタスクに定義されたパラメータです。タスク向けの除外ワードを定義するには、

  • タスクをポイントして、編集アイコンをクリックします。

タスクの編集

タスクの設定を変更または追加するには、次のようにします。

  1. タスクの名前をポイントして、編集をクリックします。タスクの編集ウィンドウが表示されます。
  2. 確認メッセージをオフにする – NLP使用時にタスク実行の確認を無効にするには、はい を選択します。いいえを選択すると、タスクを実行する前にタスクを確認するよう求められます。
  3. 除外ワード – タスク名に1つ以上の除外ワードを入力します。除外するワードのリストは、ユーザーの入力を解釈する前にボットプラットフォームによって処理されます。つまり、多くのタスクに当てはまるけれど、どのタスクかを特定するのには役立たないワードをフィルタリングすることによって、ボットはユーザー入力に素早く反応し、正しいタスクを提供することができるのです。例として、ユーザーが「今日の天気予報を手に入れたい」と入力したとします。ボットプラットフォームのインタプリターは、正しいタスクをユーザーに返すために、天気予報今日という3つのワードを認識するだけでいいのです。残りのワードは除外していいのです。Kore.aiボットのインタプリターには、一般的な除外ワードがすでに定義されているので、私、あなた、欲しい、手に入れるなどの言葉を除外ワードとして定義する必要はありません。もし、たとえばあなたの会社名のように、あなたのボットが多くのあるいはすべてのタスクに同じワードを使っている場合、その会社名を除外するワードとして追加することができます。
  4. 保存 をクリックすると、設定が保存され、タスクの編集 ウィンドウが閉じます。

タスクのフィールドメモリの定義

タスクのフィールドメモリ設定を追加・編集するには、

  1. タスク名をクリックすると、関連するタスクフィールドが表示されます。次に、編集 アイコンをクリックすると、下図のようなフィールドメモリウィンドウが表示されます。フィールドメモリダイアログでは、以下のオプションを指定できます。
  2. エンティティタイプ – 認識力とパフォーマンスを高めるために、NLPインタープリターが入力として想定するデータのタイプを選択します。エンティティタイプについてはこちらをご覧ください
  3. メモリユーザー提供値 – ユーザーから提供されたデータの永続性を、指定した時間だけ有効にするか無効にするかを設定します。以下から1つ:いいえ、記憶していません – このフィールドのユーザーデータは、タスクが完了した後は存続しません。はい、この値は記憶されています – フィールドの値は、分単位で指定された時間は存続します。
  4. 保存をクリックすると、設定が保存され、フィールド メモリ ウィンドウが閉じます。
メニュー