チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク (英語)
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック (英語)
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者 (英語)
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. Bot Administration
  5. Bots Management
  6. Managing Namespace

Managing Namespace

(This feature was introduced in ver8.0)

Chances are you have defined tens or hundreds of (Global or Content) variables and used them in the bot definitions. These variables could have been used in defining text prompts or messages, JavaScript, transitions, and service call definitions. Loading all these variables for every single task irrespective of their usage would lead to delays in bot response times impacting the user experience.

Using Namespaces you can categorize variables and map these namespaces to various components of the bot definition. Kore.ai platform would load the variables only from the mapped namespaces while executing specific components.

Enabling

You can opt to use the Namespaces for variable categorization by accessing from the left navigation menu Settings -> Config Settings -> General Settings page. You will find the option to Enable the Variable Namespaces here. By default it is disabled.

 

Implementation

Once Variable Namespaces is enabled:

  • A Default namespace is automatically created by the platform which cannot be deleted or modified;
  • All tasks and variables, if any, are automatically associated with this default namespace;
  • You can define and manage namespaces;
  • You can add or remove the Global and Content variables to these namespaces. A variable can belong to one or more namespaces. You cannot remove the Global and Content variables from the default namespace.
  • You can map namespaces to the various components of the bot definition like:
    • Tasks which include Dialog and Actions;
    • Nodes in Dialog Task;
    • Knowledge Graph Task;
    • Small Talk Task;
    • Standard Responses; and
    • Event Handlers.
  • If you remove the namespace mapping for the components. But if you mapped components with any namespace, then the execution of these components may fail if you have included one or more variables in defining the component.

Once Variable Namespaces are mapped, the following steps are implemented by the platform during the task execution :

  • only the variables that belong to the namespace mapped to a component will be loaded;
  • if the variable that is not mapped is referenced by the component, it will flag a “variable not found” error;
  • the same logic applies to Bot functions used within the tasks.

Creation

When creating a variable (global or content), you have an option to Add Namespace. Use this option to create a namespace.

Editing

From the Variables (Global or Content) page under Settings -> Config Settings, you have the option to Manage Namespaces.

Use this option to view, edit, or delete namespaces. Deleting a namespace that is mapped to any component is restricted. You need to unmap the namespace from all associated components before deletion. As mentioned earlier, you cannot delete the default namespace.

 

Mapping

Once created, the namespace needs to be mapped to variables, tasks, and other bot components. This will ensure that only the variables that belong to the namespace mapped to a component would be loaded at the time of execution.

Variable Mapping

At the time of variable creation (global and content), you can map the namespace. By default, the variables would be assigned to the default namespace. A variable can be mapped to multiple namespaces. You can change the mapping later by editing the variable definition.

Components

All the components have a Manage Variable Namespaces action item which can be used to map the component with a particular namespace.

Tasks – (Dialog, Alert, Action, Information)

Nodes within Dialog Tasks

Knowledge Graph

Small Talk

Event Handlers

メニュー