チャットBotの概要
会話型ボット
Kore.ai のアプローチ
Kore.ai 会話型プラットフォーム
ボットの概念と用語
自然言語処理 (NLP)
ボットタイプ
ボットタスク
Kore.ai プラットフォームを使う
ボットビルダーのアクセス
Kore.ai ボットビルダーを使う
初めてのボット構築
ボット構築を始める
シンプルなボットを構築
ボットビルダー
標準ボットの構築
設計
開発 - 標準ボット
ストーリーボード
ダイアログタスク
ユーザーインテントノード
ダイアログノード
エンティティノード
サポートするエンティティタイプ
複合エンティティ
サポートする色
サポートする会社名
フォームノード
ロジックノード
メッセージノード
確認ノード
サービスノード
カスタム認証の実装
サービスノード用双方向 SSL
スクリプトノード
エージェント転送ノード
Webフックノード
ノードのグループ化
接続と遷移
ダイアログの管理
プロンプトエディタ
アラートタスク
アラートタスク
無視する単語 & フィールドメモリ
デジタルフォーム
デジタルビュー
知識グラフ
用語
構築
生成
ボットオントロジーのインポート/エクスポート
解析
知識の抽出
スモールトーク
自然言語
概要
機械学習
ML (機械学習) モデル
基本概念
NLP (自然言語処理) の設定 & ガイドライン
知識グラフのトレーニング
示唆
ランキング & リゾルバ
高度な NLP 設定
インテリジェンス
概要
コンテキスト管理
セッションおよびコンテキスト変数
コンテキストオブジェクト
ダイアログ管理
サブインテント
エンティティの変更
複数インテントの検出
センチメント分析 (英語)
トーン分析
センチメント管理
デフォルトの会話
デフォルトの標準レスポンス
チャネルの有効化
テスト & デバグ
ボットと会話
発話テスト
バッチテスト
会話の記録 & テスト
ボットの公開
ボットの分析
概要
ダッシュボード
カスタムダッシュボード
会話フロー
ボットメトリクス (英語)
アドバンスド トピック
ボット認証
言語管理
共同開発
IVR 統合
データ テーブル
ユニバーサル ボット
定義
構築
トレーニング
カスタマイズ
言語の有効化
スマート ボット
スマート ボットの定義
イベントベースのボットアクション
koreUtil ライブラリ
ボット設定
ボットの機能
ボット設定
PII 設定
エラーメッセージのカスタマイズ
セッションを管理する
ボット管理
ボットのバージョン
ボット変数
API ガイド (英語)
API 概要
API リスト
API コレクション
SDK (英語)
SDK 概要
SDK セキュリティ
SDK アプリ登録
Web 上の SDK チュートリアル
メッセージ形式とテンプレート
モバイル SDK プッシュ通知
メッセージ形式とテンプレート
ウィジット SDK チュートリアル
WebSocket 接続
BotKit SDK の利用
インストール
設定
イベント
機能
BotKit SDK チュートリアル - エージェント転送
BotKit SDK チュートリアル - フライト検索サンプルボット
外部 NLP エンジンの利用
ボット管理者
ボット管理者コンソール
ダッシュボード
ユーザー管理
御社ユーザーの管理
御社グループの管理
ロールを管理
ボット管理
エンロール
ユーザーの招待
一括招待
ユーザーのインポート
AD からユーザーを同期
セキュリティ & コンプライアンス
シングル サインオンを使う
セキュリティの設定
クラウド コネクタ
分析
請求処理
How To
シンプルなボットの構築
バンキングボットの構築
送金タスク
残高の更新タスク
知識グラフを作成
知識グラフへ抽出したFAQを入力
スマート アラートのスケジュール
エージェント転送の設定
パネルやウィジットの設定
デジタル ビューの設定
デジタル フォームの設定
データをデータテーブルに追加
データテーブルのデータを更新
フォームデータをデータテーブルに追加
コンテキストの切り替え
意図を使う
インテントやエンティティのパターン
エンティティ ルール
マルチ言語なボットの動き
カスタム ダッシュボード
ボット メトリクスをフィルターするためのカスタムタグ
グローバル変数
コンテンツ変数
ボット機能を使う
ボットリリースのライフサイクル
グループノードを利用したインテントのスコーピング
Kore-Unblu インテグレーション
  1. Home
  2. Docs
  3. Bots
  4. What's New
  5. What’s New

What’s New

This section contains release information for the Kore.ai Bots Platform v8.1 released on Feb 20th, 2021.

See Major Previous Releases

Highlights

  • Contextual NLU – New features have been introduced to simplify the designing of complex Contextual NLU experiences like follow-ups, digressions, and amending of entities. These features include – Different Intent Model configurations for Bot level and Dialog level intents; Scoping, training, and fulfillment of contextual intents, and much more.
  • End-user can be provided with an improved entity behavior through customization of prompts and error messages and much more.

NLU & NLP Features

  • Contextual NLU
    • Enhanced Group Node functionality to enable scoping, training, and control the behavior of sub-intents. These features would ensure an improved user experience with follow-ups, digressions, and amending entity values. Know more
      For an use case example, refer here.
    • Support for Multiple Intent Models within a virtual assistant to simplify the training of sub-intents without adding noise or impacting the training given for the primary intents of your bot. In this approach, all the primary intents of the bot can be a part of the Bot Level Intent Model, and each of the Dialog tasks can have its own ML Model consisting of all the sub-intents added to it. Know more.
    • Support for training sub-intents with entities using NER. Know more.
  • Bot training can be refined by configuring the following additional settings for the NL engines:
    • With the ability to customize the Ranking and Resolver Engine configurations, you can now choose the elimination rules, normalization of scoring, and thus control the winning intent selection behavior. Know more.
    • Network Type, Transformer, has been introduced to support sentence encoder. Know more.
    • Export option for the K-fold cross-validation reports has been introduced. Know more.
    • Trait support in Batch Testing has been enhanced. This includes the result of a true positive when the traits are matched over and above the expected matches. Know more.
    • Support for understanding emojis present in the user utterance. Know more.
  • Entity Behavior
    • Entity Rules can be defined to enable business rules for validating the input for an entity node. Earlier these rules had to be set using a script node, now you can define these rules from the Instance Property of the Entity Node. Know more. For more information regarding the supported entity rules, refer here.
    • Retry behavior when fetching user inputs can be customized in terms of the number of retries allowed and the bot behavior when a user exceeds the retry limit. Know more.
    • The order in which the error prompts are presented to the user in the event of a wrong entry for an entity value can be customized. Know more.
    • Default values can be set for Hidden and Optional entitiesKnow more.
    • The entities identified from user utterances can be replaced with the respective entity placeholders for better intent detection. Know more.
    • Company entity has been enhanced to include a bigger corpus, support language-specific variations, and better grouping of the companies and new entity rules. Know more.
  • Language Updates
    • Support for the Norwegian language.
    • Support for the Hindi language.

    Know more

Bot Development and Lifecycle Management Features

  • Bot Definition Management
    • In the Debug Logs, now you can view the details of the Chat History associated with the session for which the logs were added. Know more.
    • The message presented to the end-user for obtaining authorization to connect to external systems can be customized using the koreUtil.getCurrentOptions() function. Know more.
    • In Custom Dashboard, to simplify the promotion of versions between environments,  you can now create a custom widget using Custom Tags that are not yet available. Be aware that the widget would be rendered empty till the custom tag is populated. Know more.
    • Ability to set the custom message (instead of the original message) in the Chat History when the message is modified in the BotKit before sending to the user. Know more.
    • Different user conversation sessions, for example, pre-login user sessions and post-login user sessions,  from SDK Channel can be merged giving a seamless user experience. Know more.
  • New APIs have been made public to assist the bot versioning and bot promotion between environments:
    • API to modify the Thresholds and Configurations, and Advanced NLP Settings. Know more.
    • API to create, run and manage Batch Test Suites. Know more.
    • API for enabling Web/Mobile SDK, Webhook, Slack, and MS Teams channels. Know more.
  • Universal Bot functionality has been enhanced to include the following:
    • Ability to define ML Threshold per linked bot so that the NLP experience can be customized based on the training provided for each of the linked bots. Know more.
    • You can now use the SDKs to define the linked bots to be made eligible to your users when interacting with the Universal Bots. Know more.
    • In addition to the Universal Bot’s Default Dialog, you can now choose the tasks from any of the linked bots to define the behavior of the events. Know more.

Administration and Security Enhancements

  • Audit logs have been enhanced for capturing User Management changes triggered using Public APIs
  • You can choose to secure the connections with the platform by enforcing JTI Claims and/or JWE Encryption. Know more.
  • Support has been extended for Multi-region active-active deployment (For on-prem customers)
  • The ability to store multiple value sets for Environment Variables has been added. This can be used so that an appropriate variable set can be selected while promoting the bot definition to a different environment without manual intervention. (For on-prem customers). Know more.

SDK Versions

The following is the recommendation for the versions compatible with this release:

Release Details

For a full list of updates made in this release, refer here.

Deprecations

  • Kore.ai Directory Agent for AD Sync will no longer be supported and will be discontinued in the upcoming release. You can use the cloud-based connector or use Public APIs for synchronizing your users. Refer here for details on cloud connector and here for details on user management APIs.

See here for details.

メニュー